The Best Of Black Sabbath / Black Sabbath * 2005 Sanctuary

Hard Rock
black sabb



 たまに夜更かしして聞くのが楽しみだったタモリのオールナイト・ニッポン。「いいとも」とかやる前でキワもんっぽいとこもありましたが、“雨上がりの夜空に”の頃のRCのブレイク前ライヴとかもやってたナイスなプログラムでした。オフコースのことなんかもボロカスに言ってて毒ありました。ある時、ビター・スウィート・サンバの後、オープニングに流した曲で強烈に頭に染みついたのがブラック・サバスの「Paranoid」。ドローン、ドローン、ドローン、パラララ、パラララってイントロから初めて聴く音でした。なんか水族館で深海魚を凝視するような変な気持ち良さ。以前、バンドでベースやってた友達に借りたCDもどっかいったので、改めてベストを借りてみました。ん~やっぱダークで不気味やけど、なんか気持ちエエ。やっぱヘビメタはこれくらい突き抜けた倒錯感が無いとあきません!
 で、このベスト。ド頭からホラー映画みたいな「Black Sabbath」で突き抜けた気持ち悪さを提示。安定感無視のブッとい♭5th音で煽る恐怖感。なかなかの快感です。写真を見てもメンバー皆、ホンマに黒魔術でもやっとるんちゃうか?というような怪しさです。粘着力抜群のギター・サウンドに、わりとグルーヴィなベース、独特のオジー・オズボーンの悪魔的ヴォーカルが三位一体となって繰り出す重いグラヴィティは唯一無二やと感じます。そしてロード・ウォリアーズの入場曲だった有名曲「Iron Man」も最高。ブルーザー・ブロディの“移民の歌”といい凶悪レスラーにはヘヴィなサウンドがビシャリとはまります。海底から怪獣が出現するような「Children Of The Grave」を始め、「War Pigs」、「Snowblind」、「Sabbath Bloody Sabbath」、「Symptom Of The Universe」などヘヴィ・ロックとかグランジの基礎が全て詰まってる感じ。とにかく全編、徹底した気色悪さのオンパレード。かと思えばコンガをバックに「Planet Caravan」みたいな静寂の恐怖みたいな曲もあり。ヘヴィ・メタルによくある、途中で“やかましわいっ”となる感覚がなぜか起こらない不思議なバンド。これも優秀なエンターテインメント。
「まぁ3ピースには思えんヘヴィな音。ずっと聴いてると目がイってる人になれます!」

Paranoid



テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

Welcome to The Rock’n Roll Show / Hound Dog * 1980 CBS Sony | Home | Live At The Carnegie Hall / Stevie Ray Vaughan & Double Trouble * 1997 Epic

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ