Jennifer Hudson / Jennifer Hudson * 2008 Arista

00's Female R&B
Hudsoncover.jpg



  昔から口パクやらエア・ギターやらは存在してて騙しきったミリ・ヴァニリなんかグラミーまで獲っちゃってましたが、ビヨンセもオバマ2期目の就任式の口パクで叩かれちゃいました。超寒い中の式典での配慮だったので、これは可哀そう。美人をいじめるな! 日本でも半分お笑いで金爆がブレイクですが、最高なのがハズさない女芸人、渡辺直美のジェニファー嬢の口パク芸。この人のおかげでディープ・ソウルも茶の間に浸透です!そんな事で、ド迫力の歌唱を誇る現代のレディ・ソウル、ジェニファー・ハドソン。ドリームガールズ直後のおデブちゃんだった頃の1stアルバムもすこぶる良い内容でした。
 大型新人登場って感じで、音作りのエキスパートが集結したデビュー・アルバム。シングル曲、ニーヨ & スターゲイト制作の「Spotlight」でスタート。シンプルなビートの中で歌唱力抜群のジェニファーが早速味わえます。この歌唱力を活かすのに、オーソドックス一本でいくのかと思いきや、嬉しい誤算だったのがLudacris参加のティンバランド曲「Pocketbook」。ヒューマン・ビート・ボックスを模した鋭角ビートにカッコよく乗っかってます。オールド・ソウルのエッセンスを持ちこんだミッシー・エリオット制作「I'm His Only Woman」では、ジェニファー同様アメリカン・アイドル出身のFantasiaと熱いヴォーカル・バトルも披露です。旬のブルー・アイド・ソウル・シンガーRobin Thicke手掛ける美メロ「Giving Myself」、ロボ声でお馴染みT-Painとの「What's Wrong」なんかのスロウでは若き日のアレサさえ彷彿させます。アトランタの要人Polow da Don制作の「My Heart」もクールな中に哀愁を盛り込む良い仕事。他にもTankやThe Underdogsも制作陣として絡んでます。映画ドリームガールズの名シーンで、渡辺直美の持ちネタでもある「And I Am Telling You I'm Not Going」はやっぱり凄まじい熱唱。Warryn Campbellの激ゴスペル「Jesus Promised Me a Home Over There」なんかも実力フルに発揮です。さらにボートラでは才人Salaam Remiによるモータウン・テイストの優秀曲「All Dressed in Love」、オールド・スタイル爆裂の「Stand Up」も収録。濃ゆさ満開です。
「オールド・ソウルの名曲も確実に歌いこなせる逸材。末永くご活躍お願いします!」

All dressed in Love & Spotlight


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

janet. / Janet Jackson * 1993 Virgin | Home | Such A Funky Thang! / 久保田利伸 * 1988 Sony

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ