FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.11
01
Category : Man's World
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
funny.jpg

“あぁ、ほんまに逝ってもうたんや”、桑名のマサ兄ぃが御堂筋を駆け抜け天国へ。地元、関西だけでなくロック界の兄貴分として圧倒的な存在感を誇っていた桑名正博。夏に倒れられて3ヶ月、周囲の応援に支えられひょっとしたら・・と思ってましたが力尽きジョー山中やジョニー吉長、安岡力也らの仲間のところへ。以前ライヴに出していただいた時、楽屋で「桑名さんの、スウィートホーム大阪。なかなか無いんで探して買ったんですよぉ」とお声掛けすると、「ほんまぁ、売ってへんのんかぁ」、「まぁ自分らも、蕎麦食べや」と気さくに会話させていただいたのが20数年前。緊張感をほぐしてくれた気さくな優しさは忘れません。ここ最近の寂しいニュースが多い中、またもや追悼の記事となったのは遺憾ですが、ここは昔レコードで買ったデビュー作で桑名さんを偲びます。
 73年のデビュー作。泥臭いサウンドとちょっとユーモアも含んだ、日本のフェイセズといっていいくらい当時としては粋なサウンドです。“夜の海”や“月のあかり”といったスロウもシビれますが、真骨頂であるR&Rはやはり絶品。豪快な「魔法の気体」から、間髪いれずにファンキーなロック「退屈はあぶくになって」と流れるオープニングが実にカッコいい流れ。他にも「僕もそのうち」や「無意味な世界」なんかの荒々しいロックンロールや、スワンプ・ロックの香りプンプンの「午後一時ちょっとすぎ」に「冷たい女に捧げる」と熱い桑名節がすでにガンガン聴けます。ボートラで収められた、裕也さん主催のロックンロール・カーニバルからのライヴ録音「彼女は待っている~ロックンロール・メドレー」は圧巻で、日本人離れした桑名さんの歌が冴えまくり。そして関西弁ロックの金字塔「スウィートホーム大阪」。ドライヴするギターに、最高のソウルフルなヴォーカルで迫るブギーR&Rは絶品。関西ルーツの人でないとこなせない“おっさん、ここが通天閣だっせ、まあ一杯やりまひょや”といったフレーズは何度聴いてもシビれます。もんたよしのり氏のライヴに飛び入りしオーラスでコノ曲を歌って大盛上がりだったチキンジョージの夜を思い出します。そして“大阪もこれが見収めや、わいはもう帰りまへん”という歌詞が本当に旅立った今、染みてきます。
「バラードもロックンロールも見事に自分色に染めて歌いあげたカッコええ兄貴。熱い歌をありがとう。」

スウィ-ト・ホ-ム大阪


loving you~ol'55


Comment

非公開コメント

No title

ezeeさん、こんばんは。
関西ではゆうべ深夜、毎日放送で桑名さんの追悼番組をやっていたんですよ。
97年に放送された25周年記念の番組を主にしたものでしたが、夢中で見てしまいました。
正直、スイートホームとセクシャルと月の明かりしか知らないのですが、ほんま気さくで懐の深いおもろいおっさんやったんやな、と。
アン・ルイスとの離婚の話でも、普通は嫌がるやろうに「ようわからへんけど、勝手にでていきよってん。向こうから寄ってきてむ、ほんまようわからん(笑)。」とか、大阪に戻ってきた理由を「下駄ばきの音楽がやりたかってん。ふらっと出掛けて演る、みたいな。」とか、名言連発。
ギター一本で演った“雨を見たかい”や元ファニカンのギターの人とも“オハイオ”も劇渋でした。
関西人の誇りです。
合掌。

No title

今回はさすがに泣けた。 あらためてその存在感の大きさを感じます。夢の乱入者の時のOneOfTheseNights、YourSong、天使たちへなんかをもう一回聴きたい。。 しばらく見てないけどNewYearRockFesも寂しくなるねえ。。。

No title

★goldenblueさん
 まいどです。その番組、当時かぶりつきで見ました! しゃべりも最高でしたし、“オハイオ”や“夜の海”、ファニカンの曲を楽しく演ってたのを思い出します。最近、こういう豪快でセンスあるミュージシャンがどんどん減ってる気がします。本当に寂しい限りです。

こんばんは~ezeeさん
永遠のやんちゃ坊主が旅立ちましたね。
気さくな面影とロックに殉じた最期に涙しますね。
私のブログは日曜日まで メンテナンスなのでレスは月曜日まで出来ません(>_<)
「月のあかり」というマサ兄が名づけた焼酎もあるんですって!

No title

★哀愁の春日野道さん
 いやマジで寂しいねぇ。夢の乱入者は、よお覚えてるで。衝撃的に素晴らしい回やったな~ ホストの渡辺香津美、関係無しにやっとったな。
関西ミュージシャンの光り輝く星がひとつ消えました。

No title

★まりさん
 「月のあかり」はいっかい呑まなあかんと思ってます。しかし歌もキャラも愛されていた人だっただけに、まこと残念。。
この街、出てゆくだけだよ~とサラリと言って逝ったのかもしれませんね。あっちでワイワイやってほしいです。

No title

ホンマに逝ってしもたなぁ。
初めて知ったのはやっぱり「セクシャルバイオレット」の時で
昔は西のファニカン、東のキャロルと言われてたってのを聞いて
完全に後追いでこのアルバムを探したけど無くて。
FMで流れてた「スィートホーム大阪」をカセットに録って
そればかり聞いてました。結局20歳超えてから入手したけどね、中古屋で。

あ~、月の明かり聞くと、やっぱり泣けるわ。
本当におつかれさまでした。

No title

正直ずっと追い続けて来た訳ではないんですが、自分が音楽を聴いてきた中で、少しでもワクワクを与えてくれた人の死はやっぱり堪えますね・・・。
内田裕也も、自分より若い仲間がどんどん先に逝っちゃって寂しいでしょうな。

No title

★konomiさん
 もうワイルドな歌い方に惚れこんでまして、私も後追いながらレコードで色々買ってましたヨ。関西の音楽シーンは東京と比べて小さいですが、桑名さんやキー坊がおるって誇りに思ってたもんです。マジで寂しいですわ。

これからも「月のあかり」は永遠のスタンダードとして生き続けます!

No title

★ひろぽんさん
 どんな歌を歌っても、何かしら惹きつける声の持ち主でした。くどい歌い方はコテコテ好きの関西マインドにもピシャリはまってたと思います。そして何より上手かった!
裕也さんの廻りが寂しくなる一方で、悲しいです・・