Planet Waves / Bob Dylan * 1974 Asylum

Roots Rock
planet.jpg



 人間、知らん間に年は食っていくもんで、それにつれ昔はこれっぽっちも思わんかったような感情もでてくるって話。本屋で立ち読みした雑誌に感化され、家に帰って珍しくボブ・ディランなど聴いていると、説得力ある歌声と心に響く歌詞にずっと聴き惚れてしまいました。それはディランが息子の為に書いたという屈指の傑作「Forever Young」。“君が星へ届くハシゴをかけられますように、その1段1段をしっかり歩んでいきますように、いつまでも、素敵な君でありますように”と唄われると、つい子供の事を思ってほろっとしてしまいます。子供だけでなく全ての人間愛にも通じる深く美しい歌詞に、何度聴いても共感。いつも“なんで、こんなこともできひんねん!”とか口うるさく言っちゃいますが、何とか頑張って欲しいと思うもの。たまに会って、いろいろともがいてる姿を見ると、余計そう思います。自分が年を重ねて経験したようなことを、これから子供達も立ち向かうのかと思うと心配にもなります。これほどまでに人に清く成長して欲しいという感情は昔、あまり無かったもんです。思いやりも年輪と共に深くなるのかと、ふと思ったりです。
 さてディラン74年の本作。蜜月だったザ・バンドと共にレコーディングしたアルバムで、ディランが小難しいオッサンやと敬遠してた私も聴きやすかった好作です。中でもスロウ・ナンバーがお気に入りですが、やはりハイライトは「Forever Young」。ロビー・ロバートソンやガース・ハドソンも絶妙すぎる演奏です。映画“ラスト・ワルツ”でも終盤に劇的な緊張感の中で歌われ、何回も繰り返し見た名場面でした。テンポを早めたカントリー調の2テイク収録ですが、断然バラード版がシビれます。そしてこれに負けず劣らず素晴らしいのが感動的ラヴ・ソング「Hazel」や、ロビーの個性的なギターも存在感抜群の「Going Going Gone」。まさにディラン・ソウルここにありって感じで、レヴォン・ヘルムの歌を大事にしたドラムも最高です。また「On A Night Like This」や「Something There Is About You」、「Never Say Goodbye」のように力強い歌声にアーシーなサウンドとの相性もバッチリでザ・バンド・ファンも必携です。
「ディランのメッセージと南部調サウンドが見事融合した好盤。ほっこりします。」

Forever Yung - Bob Dylan & The Band


Hazel - Bob Dylan & The Band


テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

Pink Cloud / Pink Cloud * 1983 Vap | Home | Hall Of Fame / Various Artists * 2012 Fame (Kent)

コメント

No title

ezeeさん、こんばんは。
なんとなくわかります、その心境。
むかつくような奴でも、昔ほど大嫌いにならなくなったり、あぁこの人もがんばってるんやなと思ったりすることが増えてきたいうか、自分の中にそういう情みたいなものを発見してびっくりしたりすることがあります。

ディランは何度かチャレンジしてはなかなかピンとこないままなのですが、この盤はかなり好きです。

2012/09/19 (Wed) 23:56 | goldenblue #- | URL | 編集

この歌は 息子さんへの メッセージなんですよね。
まあ 心情は そーなんやけど ディランは 存在そのものが セクシー。
これだけ ドラマティックに生きてる人も いないね♪

2012/09/20 (Thu) 19:57 | まり #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
 自分で経験せんと分からんことが、世の中多いですからね~ 偉そうにいきがってたりしてる奴も知らんとこで苦労してたりしますもんね。
年食うと色んなことが見えますな~(←遅い)

2012/09/20 (Thu) 23:46 | ezee #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 ディランって哲学者みたいなとこありますよね。
あんまり笑わんと、独特の節で歌うトコなどほんまセクシーですな。
この息子へ向けた人間愛の歌は凄すぎます!

2012/09/20 (Thu) 23:49 | ezee #- | URL | 編集
No title

ええなあForeverYoung。切ないねえ。N村も元気に弾き語りしてるかなあ。腐ったメロン食って腹こわしてなかったらいいけど。

2012/09/22 (Sat) 23:14 | 哀愁の春日野道 #pGdjjsNE | URL | 編集
No title

ezeeさん、毎度です♪
Dylanか・・・汗
自分は過渡期からベースメントまでがお気に入りなんですよ♪って言うか、ベースメントの楽しい感じで、この人が少し見方変わりました♪
少し追いかけてみます!

2012/09/23 (Sun) 13:51 | リュウ #- | URL | 編集

自分なんか
ディランのデの字もわかってませんが
それでも聴くと思わずしんみりさせられます。

奥が深いですよね。

今日は、ほっこりさせてもらいました。
ありがとうございました(^^)!

2012/09/23 (Sun) 17:15 | 波野井露楠 #- | URL | 編集
No title

★哀愁の春日野道さん
 泣ける曲やねぇ。
以前、N村とForever Youngやったな~ うまいこといかんかったけど。でも、これを感動的に歌えるのは奴しかおらん!と今も思てる。もっとカラフルな羊羹、食うてもらわんとあかんな。

2012/09/23 (Sun) 22:39 | ezee #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 ディランって色んな顔があるから、ほんま正直ようわからんですわ。ザ・バンドとの共演もいいですが、ローリング・サンダー・レヴューとかデッドとのライヴ系なんかは文句無しに好きです~

2012/09/23 (Sun) 22:43 | ezee #- | URL | 編集
No title

★波野井露楠さん
 ディラン節っていうか、独特の歌いまわしは惹かれますね~ 
歌詞とかチョコチョコ見てると、かなり哲学的ですが私にはワケわからんのも多いです。でも音から入りますから、私もディランのデの字も分かってないクチですわ~!

2012/09/23 (Sun) 22:48 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ