ルイジアンナ / Carol * 1973 Philips

Beat + R&R
louisianna_20120903011124.jpg

 デビュー40周年ライヴを横浜で開催した永ちゃん。凄いことやったみたいです。レディー・ガガの全裸レコーディングにときめいている場合じゃありません。某ブランドのマネージャーに誘われつつ、参戦できなかったこと後悔しきりです。そのステージの中盤で度肝を抜くサプライズがあったとのこと。それは何と、あれだけ敬遠してきたキャロル時代のメンバーとの共演! ギターの内海利勝と共に傑作“ファンキー・モンキー・ベイビー~ルイジアンナ”を披露。今朝のTVで、皮ジャンを着てビワ型ベース弾く姿をチラっと見て半泣きになりました。これはマジ見たかった。ただ残念だったのが確執が取り沙汰されるジョニー大倉の不参加。ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンとマイク・ラヴが一緒に演れた(←スマスマにも登場!)ように、時の流れが全てを洗い流してジョニー&永ちゃんのWヴォーカルをもう一度見せて欲しいもんです。最近シンプル回帰とメディアで言ってる永ちゃんなら、この時代の劇的に輝いた音も理解してるハズ。あのポール・マッカートニーだって以前キャヴァーン時代の再現でファンから絶賛を受けてます! そんなファンの夢想も、永ちゃんに届いて欲しいっという思いを込めて、キャロルとして世に出た1stアルバムをピックアップです。
 まずは記念すべきデビュー・シングル「ルイジアンナ」。この強烈R&Rで既に永ちゃん節を聴かせてくれてます。ソロになってもライヴでは演ってますが、ここでのビートルズ初期にも例えられる荒削りなアプローチがやっぱりグッときます。昔、なぜか永ちゃん命の人とバンドすることになり、最初コノ曲やることになって“やった~”と思ったもんです。そしてジョニーのスムージーな声が冴える「ヘイ・タクシー」、「やりきれない気持」とキャロル・クラシックの連打。英語っぽい日本語の乗せ方も絶妙で、ジョニー作詞・永ちゃん作曲っていうコンビも大充実です。永ちゃんが歌う「最後の恋人」なんかもキャッチーで最高です。後半のカヴァーも激強力で、Cat Mother & The All Night Newsboysの「Good Old Rock'n Roll」、チャック・ベリーの「Memphis Tennessee」に「Johnny B. Goode」、エルヴィスで有名な「One Night」、リトル・リチャードの「Tutti Frutti」に「Kansas City」とビートルズ・ハンブルグ時代を彷彿させるロックンロール攻め。じつは大半の曲がジョニーがリードってのも今更ながら驚きですが、ハーモニーをつけベースを弾く永ちゃんも素敵です!
「裕也さんと、ミッキー・カーチスが争奪戦をしたのも頷ける内容。ダイヤの原石はココにあり」
ルイジアンナ



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Boys & Girls / Alabama Shakes * 2012 ATO | Home | Gonna Ball / Stray Cats * 1981 Arista

コメント

No title

いやぁ、コレは確かに腰を抜かすくらいの超サプライズでしたね。
75年の日比谷以来?まさかまさかの競演でした。

酒好きのウッちゃん、出番まで酒を我慢できたのかな~
何しろエーちゃんのLIVEは「飲酒客入場禁止」にするくらいですから
出演者が飲むなんてご法度でしょうからね。
一度前座でご一緒させてもらった時のウッちゃんの飲み方を見てるだけに
そっちの方が心配になってしまいました。

それにしても、この話を聞いて真っ先に浮かんだのはジョニーの名前。
伝説の二人のハモりは二度と聴けないのでしょうか?
「ヘイタクシー」に「ハニーエンジェル」を聴けるなら
どこまでも飛んでいく決意です。

2012/09/04 (Tue) 18:48 | めれんげkonomi #- | URL | 編集
No title

★konomiさん
 ほんまビックリしましたわ~ 何の情報もなかったので・・ 
あまりキャロル以後の活動は知らないのですが、ウッチャンって、そないに飲むんすか!? しかしVTRで見た、ウッチャンの満面の笑みでファンキー・モンキーを弾く姿にはコッチも感動でしたヨ!
永ちゃんも、子供騙しの変なジャケのアルバム作るくらいなら、ジョニーとハニードリッパーズみたいな大人の遊びを見せて欲しいっすな!

2012/09/05 (Wed) 23:42 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

こんにちは。羅門です。 今日、紹介するのは キャロル の『ルイジアンナ』です。 「ルイジアンナ」は1972年にリリースされた彼らのデビューシングルです。 個人的にはキャロルは1970年代以降の日本のロックの基盤を作ったバンドのひとつではないかと思うのですが、例えばはっぴえんど等に比べて日本の音楽ジャーナリズムのなかでは語られることは圧倒的に少ないですね。 今では動画サ...

2014.02.11 (Tue) 00:38 | シングルレコードジャンキー
このページのトップへ