That's Why God Made The Radio / The Beach Boys * 2012 Capitol

Golden Pops
beach2012.jpg



 今年、奇跡の復活を果たしたビーチ・ボーイズ! なんとメンバー間で裁判までしてたのに、ブライアン・ウィルソンとマイク・ラヴ、アル・ジャーディンと現存する主要メンバー揃い踏み。なんとも嬉しいニュースやないですか。来日公演は日程の都合で涙を呑みましたが、新作は年寄りの余興という予測に反して非常に気合の入ったもの。これも嬉しい誤算でした。(←失礼なことですんません) 高尚なブライアンのソロ作はアホな私には馴染みませんでしたが、俺様マイク・ラヴがそこに加わると何とも庶民的馴染みやすさが加わります。やっぱこの顔ぶれです。なかなかの現役感を見せた新作は、御年70才にして新たなる1ページを書き加えてくれました。ウチの会社もセプティエーヌ(70代女子)はアクティヴな注目世代として捉えてますが、このボーイズ達も我々がまだまだガキやと思わせる充実ぶりです。
 ビックリさせてくれたのは、昔と変わらない黄金のハーモニー。ニュー・シングル「That's Why God Made The Radio」からバシッと決めてます。ブライアンの声も、このメンバーで聴くと化学反応からかイキイキと聴こえてきます。長年、音楽を盛り上げてきたラジオを讃えた内容もグッド。60年代はAMラジオやったみたいですが、我々がティーンの80年代もFMラジオ全盛でした。親に買ってもらったラジカセで、よくエアチェックして聴いたモンです。最初はストーンズもニューウェーヴもそっから教えてもらいました。カセットもワカメ状態になるくらい何回も重ねて録って、録音ボタンも変色したくらい。なのにウチの息子などI-pod touchでユーチューブ鑑賞。ふざけんな~っ!といっても時代は変わってるのでした。ネット恩恵もあるけど、音楽や情報にしても味噌も糞も氾濫しすぎてる今が“本当にコレでええんかいな?”とも思っちゃいます。まぁセンスの良い音をセレクトして流して耳を肥やしてくれたラジオ局には感謝です。横道にそれましたが中身は他も、ブライアンのクリエイターのセンスが光る曲が多く「Isn't It Time」なんかブライアン、マイク、アル、ブルース各々がリードを取るまさかの光景。3つのバンドに分裂してた10年前からは信じられない場面です。「The Private Life Of Bill And Sue」や「Shelter」あたりの口ずさみたくなるようなポップな曲も実に素晴らしい。マイクのソロでトロピカルな「Daybreak Over The Ocean」もココモ調でニンマリです。
「しかしホント、曲の充実ぶりに驚き。立派なリユニオンで看板に磨きをかけました!」

That's Why God Made The Radio




テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Rainbow / Mariah Carey * 1999 Columbia | Home | Da Doo Ron Ron: the Very Best of the Crystals * 2011 Sony (Philles)

コメント

こんばんは!

とうとう明日です!
ブライアン師匠の元気な姿、観てきます!
「素敵じゃないか」で大興奮の予感(笑)。

2012/08/15 (Wed) 23:19 | ryo #S6C925lM | URL | 編集
No title

★ryoさん
 ん~ マジでうらやましい!見たかった~
往年の美メロにハーモニー、TV中継でもやってくれないですかね~

2012/08/16 (Thu) 23:08 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ