Under the Boardwalk / The Drifters * 1964 Atlantic

Atlantic, Stax
p3734_L.jpg



 いつものことながら、こう暑い日々が続くとグダグダになってしまいます。こういう時は睡眠が一番だというのに、ついつい見てしまうオリンピックの中継。まぁ今年は仕方が無いっと勝手な解釈で、うつろな目で朦朧と日中を過ごしてますが、夏休みまでは何とか頑張らねばっとケツに鞭打ってます。そんな時、オフタイムにアルコールでも注入してアホみたいな顔して聴くのに最適なのが、涼感ある耳触りの良い音楽。洗練されたポップな音をドゥーワップ&ラテン・テイストで届けてくれたドリフターズのヒット曲なんかは、胃にも優しいサッパリ仕様です。
 さてドリフターズの64年本作。夏にお薦めってことで、ありきたりですが名曲“渚のボードウォーク”こと「Under The Boardwalk」が収められてます。遊歩道の下で女の子と人目を避けてイチャイチャするってな他愛もない歌詞が何とも最高です。ストーンズや憂歌団のカヴァーもイイですが、本家によるスマートなパフォーマンスも格別。60年代を代表するヒット・メイカー、バート・バーンズによる名作で、ジョニー・ムーアによる伸びのあるヴォーカルにアイスクリームのようなストリングス・アレンジ、可愛いベース・ラインとポップス・クラシックと呼ばれるに相応しい名演です。バート・バーンズが手掛けた「One Way Love」や「Vaya Con Dios」や、あのリーバー&ストーラーが手掛けた「I Feel Good All Over」や「Rat Race」といったルディ・ルイスのVo曲も聴きやすいR&Bでゴキゲンです。全編、ドゥーワップの流れにある都会的でポップな音が楽しめますが、ヒット曲「Up On The Roof」や「On Broadway」は実にスタイリッシュ。前者はジェリー・ゴフィン&キャロル・キングの代表作。残念ながらルディは64年に事故で他界したようですが、前任のベン・E・キングに似たストロング・ヴォイスは非常にカッコよろしい。後者はフィル・スペクター関連曲で有名なバリー・マン&シンシア・ウェイルの作品で、この夫婦は本作の「I'll Take You Home」も提供。こっちはジョニー・ムーアが歌ってます。他も、珍しくアーシーに迫る「If You Don't Come Back」や「Didn't It」等も、なかなかの聴きもの。
「一流のコンポーザーが手掛けた音は聴きやすさ抜群。R&B界のそーめんです!」

Under the Boardwalk


Up On The Roof


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Da Doo Ron Ron: the Very Best of the Crystals * 2011 Sony (Philles) | Home | Them featuring Van Morrison / Them * 1985 London

コメント

No title

ezeeさん、毎度です!
よろしいなぁー、夏のドリフターズ。
♪アンダザボーウォー~なんてハナウタ歌いながらのんびりしたいもんです。
とりあえずはあと一週間、、、暑さ堪えて働きます。。。

2012/08/06 (Mon) 08:40 | goldenblue #- | URL | 編集
No title

R&B界のそーめん!
なるほど(笑)。
言い得てますねえ(^^)。

ベン・E・キングの後のこちらも
いいですよねえ(^^)/♪

2012/08/06 (Mon) 11:31 | 波野井露楠 #- | URL | 編集

さわやか系のR&Bも いいなあ~♪「渚のボードウォーク」は まさに 夏うた中の夏うた。
浜辺の美女に 男性は 魔法にかけられるのね♪

2012/08/06 (Mon) 21:03 | まり #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
 まいど、まいど。クソ暑い夏いかがお過ごしでしょうか。
ホント、ドリフターズでも聴きながら思い切り仕事場で昼寝したいです!

2012/08/07 (Tue) 23:47 | ezee #- | URL | 編集
No title

★波野井露楠さん
 いやマジで食欲も無くなる暑さの毎日・・
ツルッとええ音楽と、日本の五輪活躍が毎日のエネルギーです!

2012/08/07 (Tue) 23:51 | ezee #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 いいっすね~ 浜辺の美女に魔法かけられた~い
日陰でイチャイチャしながら夏歌でも聴いてたいっすわ・・!

2012/08/07 (Tue) 23:54 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ