Let's Get It On / Marvin Gaye * 1973 Motown

Motown
lets-get-it-on.jpg 51p3PBNdetL.jpg

 飲み屋でマーヴィン・ゲイ・セッション。歌って弾いてゴキゲンさんになり、家でもしつこくマーヴィンさま愛聴です。70年代ソウルの最高峰的な1枚で、71年の名作「What's Going On」が社会的なテーマだったのに対し、こっちはセックスがテーマ。ピュアすぎる性格から私生活は波乱万丈となり、薬物依存やら女性問題とか色々あったようですが、苦悩の中で劇的に素晴らしい音楽も創り上げてます。スティーヴィー、ダイアナと並んで、L.A.にモータウンが移転してからも成功を収めたアーティストの代表格です。
 そんな事で本作。マーヴィンのキャリアで絶対外せない名曲「Let's Get It On」で幕開け。ピュアにセックスの尊さを歌っている官能ソウル大傑作で、シングル・ノートのワウ・ギターとシンプルなコード進行に乗ってマーヴィンの愛の世界が炸裂です。リズムも強靭でポール・ハンフリーのセンスの塊みたいなドラム(←2曲目「Please Stay」も凄い!)も必聴。“神の域”って思った80年代の“セクシャル・ヒーリング”と同様に理想的なメロウ・ソウルが堪能できます。冒頭からの4曲と、決して家族団らんの場で流せない喘ぎ声も入った官能ソウル小品「You Sure Love To Ball」はL.A.セッションでジョー・サンプルやデヴィッド・T・ウォーカーも参加でグルーヴも絶妙。あと本作が人気なのはジェイムス・ジェマーソン(b)などとのデトロイト録音のキラー・トラックが2曲あり、これが途轍もなく素晴らしい。その1曲が「Come Get To This」で、シャッフルのリズムに乗ったブ厚い多重録音コーラスの心地良さは特筆モノです。そして後のライヴ盤でさらに劇的な歌唱を見せた純愛スロウ「Distant Lover」も秀逸で、本作のハイライト。とにかく本能的にパフォーマンスしたとしか思えない泣きのシャウト、ファルセットと絶品のソウル・フィーリングを全編で味わえます。
 実際は8曲で終わりですが、2001年に出た29曲プラスされたデラックス版はファン垂涎の仕様。デモやら関連曲主体で、本編の別テイクも。特にタイトル曲は本編の素晴らしさが浮き彫りになる興味深いモノで、OKテイクは当時、恋に落ちた2番目の妻ジャンの目前で録られたモノだそう。やっぱ惚れた女の力は凄く渾身のシャウトが聴けます。この時期の録音で、ハービー・ハンコックも参加の「My Love Is Growing」や、死後に陽の目を見たスモーキーとの共作「Symphony」、シングル曲「You're The Man」などの別テイクも登場。さらにThe Miraclesによる「I Love You Secretly」(←「You Sure love To Ball」の原曲)、本編最後の美しいスロウ「Just To Keep You Satisified」の元々歌うハズだったThe Originalsでのグレイトな録音。テンプスに入ったリチャード・ストリートのThe Moniters版まで収録。さらに10年前のベストで初お目見えしたドナルド・バード絡みの名演「Where Are We Going?」の別版、未発表だったメッセージ・ソング「The World Is Rated X」、ウィリー・ハッチと組んだジャクソン5のような「You Are That Special One」等の4曲に加え、「Come Get To This」の74年オークランド・ライヴと、単なる寄せ集めでは済ませられないクオリティです。好きモノはデラックス仕様でどうぞ!
「とにかく本作を長年、愛した人は必携のブツ。マーヴィンの絶頂期を見事パッケージ!」

Lets Get It On


Come Get To This


テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

R&B Divas / Faith Evans * 2012 E one | Home | Live At The Roxy / Bob Marley & The Wailers * 2003 Island

コメント

No title

やっぱりこれぞソウルって感じ。イントロのワウのかかったギターが聞こえた瞬間いろんなものが駆け巡るなあ。青春ですな。
ところでスタジオで女性が見てると演奏も歌もノリノリになるのは間違いないね。

2012/12/10 (Mon) 23:14 | 新神戸山脈 #pGdjjsNE | URL | 編集
No title

★新神戸山脈さん
 いやほんま、あのイントロ!ジャッキー佐藤なみに青春駆け巡りよんな~  
しかし俺らのバンドも、女性見学者がいるといないでの出来不出来が激しすぎたな。

2012/12/11 (Tue) 00:34 | ezee #- | URL | 編集
No title

わぁ~久々に聴いたけどエエなぁ。

ソウルの求道者みたいなマーヴィンもいいけど、
女性ファンをメロメロにしたマッチョさも彼本来の魅力やと思います。

今の時期に合うよね、こういう音は。
でもこんなの聴いて飲みに行ったら何かと問題起こしそうなので、
なるべく平和なムードの我が家で聴く事にします。

2012/12/11 (Tue) 23:20 | めれんげkonomi #- | URL | 編集
No title

★konomiさん
 下世話なエロじゃなく、ゴスペルのようにセクシーなテーマを体現してるのが偉いですわ。
何にせよ音楽的に気持ちエエのが◎です。車と一緒で飲むなら御自宅で!

2012/12/13 (Thu) 01:02 | ezee #- | URL | 編集

マービンは 30才越えてから 聞いたので このラフな グルーヴ感に 虜になりましたね。
サザンソウルにない洗練された大人なソウルも ええもんですな♪

2012/12/18 (Tue) 20:31 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 まいど! サザン・ソウルの直球系もエエですが、70年代もよろしおま。音に△7thや9、6th系が入るとアダルト度が増しよるんですわ~

2012/12/19 (Wed) 23:50 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ