Meaty Beaty Big and Bouncy / The Who * 1971 Polydor

60's UK Beat
meaty_beaty_big_and_bouncy.jpg

 たまに無性に聴きたくなるザ・フー。予定調和と対極にある異物感バリバリの演奏。これこそロックのスリル!コーラスとかもバシッと決めれるのに、ブリブリのベースが突如入ってきたり、ココでこのフィルイン?っていう爆裂ドラム。これはかなり快感です。(←大音量で効果倍増) 特に鋭角的な60'sのヒット曲はR&Bの影響も顕著で何かしら魅力的です。インパクト抜群で他を探してもコノ感覚は味わえません。ジェイムス・ブラウンに憧れつつも我を押し出さずクールに歌うロジャー・ダルトリー、パワーコードと綺麗な和音を巧みに使い分けるピート・タウンジェント、やたら音数が多い歪んだベースが痛快なジョン・エントウィッスル、予測不能かつ奇想天外なドラミングで聴く者を虜にするキース・ムーンとそれぞれが最高の役者揃い。大作主義っぽくなる時期は正直あんまり知りませんが、アルバムでいうと不朽の傑作“My Generation”や、“A Quick One”なんかは最高。でもシングル主体の60年代は、アルバム曲以外でもアホほどカッコええ曲があります。そこで重宝したのがこのシングル・ベスト。今では色んなベストがあって、どれでも本作収録曲は聴けそうなもんですがレコード時代は本作がマストでした。
 65年のデビューシングル「I Can't Explain」からですが、やはり魅力はモータウンなんかにも通じるポップなR&Bの香りと、ワイルドな演奏の融合。特に2ndシングル「Anyway, Anyhow, Anywhere」なんか何度聴いてもブッ飛びます。途中からフィードバックやら何やで無茶苦茶になる展開かと思いきや、ちゃんとポップなAメロに戻るっていう破天荒な構成。そしてピストルズも演っててそこで最初知った激カッコええ66年ヒット「Substitute」も傑作。ピートの華麗に決まるリフにフォートップス系のモータウン・リズムをパンク化したようなリズム隊が覆いかかる凄まじき曲。また歌メロ自体はスプリームスみたいなキャッチーさなのに、例によってジョン&キースの凶暴なリズム隊が暴れる「Pictures Of Lily」とマジ最高です。同じようなノリの「I'm A Boy」あたりもグレイトです。パーカッシヴなアレンジが映える「Magic Bus」、イギリス的な「Happy Jack」、ポップ&ハードな名曲「I Can See For Miles」なんかも聴きモノ。勿論モッズ・アンセム「The Kids Are Alright」に「My Generation」もビシッと収録。
「長髪になる前のフーはやっぱ格別。最強のフー・ベスト盤といえばいまだにコレですわ。」

Substitute


Pictures Of Lily


Anyway, Anyhow, Anywhere





テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

Them featuring Van Morrison / Them * 1985 London | Home | HELP! / The Beatles * 1965 Parlophne

コメント

このアルバムは知りませんでした(゚◇゚)

でも、フーにしてもストーンズにしてもシングル聴かないことには始まらないですよねえ(^^;)

ロジャーがちゃんと評価されてて嬉しいです(≧▽≦)

フー、久しぶりに聴きたくなりました(^_^)ノ

2012/08/01 (Wed) 14:02 | 波野井露楠 #- | URL | 編集
No title

ezeeさん、毎度です!すっかりブリティッシュに染まってますね。
Whoは大好物です。僕の持っているベスト盤はこれではないのですが、このジャケットは最高ですね!
ジャケットのためだけにLPレコードがほしくなります(笑)。

2012/08/01 (Wed) 22:35 | goldenblue #- | URL | 編集
No title

★波野井露楠さん
 毎度です。ビートルズもそうですが昔って結構シングル曲、アルバムに入れないんっすよね。これもSubstituteが聴きたくてLPで大昔買いました。 
フーのシングルもロジャーの硬派バリバリのVoが光ります!パンキッシュでカッコええ~

2012/08/01 (Wed) 23:51 | ezee イージー #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
 ロンドン五輪ばっかTVで見ちゃって、すっかり気分はブリティッシュですわ。マイ・ジェネレーションのジャケもカッコいいですがコレもええ感じっす。
LPやったので曲は少ないですが、ええ選曲でした!

2012/08/01 (Wed) 23:57 | ezee イージー #- | URL | 編集
The Who

The Whoに関しては、私めもかなりイレ込んだリスナーであるつもりです。
60年代~70年代という時代背景を考えても、売るための似非モッズに始まり慌てて手を着けたサイケ、難解極まるロック・オペラ、シーケンサーに乗せたブリティッシュ・トラッド形ハード・ロックと目まぐるしくその売りを変えていった変幻自在のバンドでした。
残った二人がロンドン五輪の閉会式で元気だったのもよかった。

2012/08/21 (Tue) 00:38 | Hiropon #o1/wyuAE | URL | 編集
No title

★Hiroponさん
 稀に見る個性的なプレイヤーが集まったバンドですね。打ち込み音楽には出せない魅力です。特に初期のヒット曲はキャッチーで好きです。でも実は最初はIt's Hard・・ 聴き始めようと思ったら解散でした。五輪でMy Generationとはビックリしました!

2012/08/21 (Tue) 01:37 | ezee イージー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ