FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Elvis - The King Of Rock'n' Roll The Complete 50's Masters / Elvis Presley * 1992 RCA

elvis50box.jpg



メンフィスのサンスタジオの自費録音にやってきた少年エルビスは吹き込み待ちの間オフィスマネージャーの質問にこう答えたそうです。「どんな歌を歌うの?」「僕はどんな歌でも歌えます」「誰に似た歌いかたをするの?」「僕は誰にも似ていません」・・18歳にしてこの自分に対する理解と自信!この後やりとりが全然嘘やないことが世界中で証明されるわけです。事実POPチャート、R&Bチャート、カントリーチャートと何処でも顔を出す盛況っぷりのエルヴィスですがサン~RCA~陸軍入隊までの黄金の50年代を綴ったこの5枚組は題の通り正にKing Of R&R な内容です。
 ほぼ時系列に並べられた曲群の前半からいきなりハイライトといえるサンスタジオ録音で名手スコッティー・ムーアのギター、ビル・ブラックのスラッピングベースもエルヴィスの変幻自在の歌と三位一体となって迫りまくりです。「That's All Right」、「Blue Moon Of Kentucky」、「Baby, Let's Play House」、「Mystery Train」等壮絶な歴史的名演目白押しでカントリーやR&Bのカヴァー中心ながら完全にオリジナル仕様に仕立て上げています。今のちょっとしたヘビメタなんかコールド負けするくらいの過激さがココにはあり、誰も太刀打ちできないほどのカッコよさで“これぞロックンロール”って感じです。
 ドラムにD.J.フォンタナも加わった無敵の孫悟空一行状態になったメジャーRCA契約後の録音も誰も止められない快進撃でグレイトトラック連発です。N.Y.やハリウッドの整った設備での録音が主体となり、より都会的な魅力も加わり素晴らしいバラードも量産体制となり「I Want You,I Need You,I Love You」、「Any Way You Want Me」などはエルビス唱法(サビの歌いかたを聴け!)の全てが詰まっているといって過言ではない大傑作スローで、黒っぽくもオリジナルな素晴らしい歌声が聴けます。教会もルーツに持つエルビスはジョーダネアズ(専属コーラスカルテット)を率いて激グレイト曲「Peace In The Valley」等のゴスペル曲も多数録音。また名コンポーザーのリーバー&ストラーによる作品もしっかり収録で「Love Me」、「Don't」、「King Creole」等の鳥肌モンの名曲を惜しみなく収録です。しかもDisc5は初期ライブやアウトテイクを集めたレアテイク集ときたら、もうたまりません。「好きにならずにいられない」なんかホンマのエルビスやない!と言っちゃいます。
「1950年代,  太る前のエルビスを聴け!」

Baby, Let's Play House


Blue Moon of Kentucky


Comments 6

violin66

はじめまして!

はじめまして。
トラックバックありがとうございます。
こんなCDが出ているんですね。

知らなかったです!

私もいろいろとElvisについて書こうと思うのですが、思うことがいろいろ思うことがありすぎてなかなか書けません。

そんな私の分もElvisについて綴っていただければと思います。

またちょくちょく遊びに来ますね★★

2005-12-27 (Tue) 10:09 | EDIT | REPLY |   

plg_green

50-60年代ロックファンです

こんにちは!私のしょうもない記事にTBしてくださってありがとうございます。

いやー、エルビスへの熱い思いがひしひし伝わってきました。ゴスペルいいですよね!
私もロックについて、熱く語ってみたいのですが、なかなか上手い言葉が見つかりません。

また楽しい語りを聞かせてくださいね。では。

2005-12-27 (Tue) 19:49 | EDIT | REPLY |   

yowie

はじめまして

トラックバックありがとうございます。
格好いいですね~初期ELVIS。まぁ僕はいつの時代の彼も好きなんですけどね。
ELVIS好きなわりにブログでなかなか触れてません。いずれは彼への想いを熱く綴ってみようとは思ってはいるんですが。
ではでは、ちょくちょくここを覗かせてもらいますね。また。

2005-12-28 (Wed) 02:54 | EDIT | REPLY |   

TBありがとうございました\(o⌒∇⌒o)/
ElvisはすごくかっこよくてR&Rの神様だなぁ、と聴くたびに思ってしまいます。
50~60年代R&Rには学ぶものが多いです。

2005-12-30 (Fri) 11:01 | EDIT | REPLY |   

POPOSUKE

ezeeさん こんばんは

かなり前の記事で申し訳ないのですが、コメントさせて頂きます。

私は60年代後半頃のエルヴィスが好きなのですが、ギラギラした若き日のエルヴィスも最高ですね!
あの若さで様々なルーツ・ミュージックを自分なりに消化してしまうのが凄いです。
でも、幼い時からそれらの音楽に慣れ親しんでいた彼にとっては、それらを融合させ消化することは極めて自然なことだったんでしょうね。
それに、最初から歌が上手いのも驚異的なことです。

ついでに、太った後のエルヴィスもそれほど悪くはありませんよ♪
とは言っても、見た目はかなり重要ですが・・・(笑)

また、ご厚意に甘えて、私のブログからこちらへリンクをさせて頂きました。
改めて宜しくお願い致します!

2008-06-09 (Mon) 23:37 | EDIT | REPLY |   

ezee

★POPOSUKEさん
 どーっもっ Thanksです!
すんません、60年代に否定的で・・
TVショーや、サスピシャス・マインドなどメチャかっこいいんですけど、スタジオ録音は50年代ばっかり聴いてしまいます。スコッティー・ムーアの稲妻ギターも惚れぼれします~
もうちょっと心を大きくして聴いてみます~!

2008-06-10 (Tue) 01:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  今夜はひとりかい(AreYouLonesomeTonight?)」:エルヴィス・プレ...
  • 「エルヴィス・イン・コンサート'77」:エルヴィス・プレスリー:1977年プレスリーは、ゴスペルとライヴ盤をよく聴いていました。ライヴでは、「ツァラトゥストラはかく語りき」のメロディにのって颯爽と登場する姿に、カッコいいなあと感動していました。やはりエルヴィ...
  • 2005.12.27 (Tue) 22:36 | ♪♪まいんど・げーむす♪♪
この記事へのトラックバック
  •  ELVIS PRESLEY "ELVIS TV SPECIAL"
  • 今日は以前購入していたELVISのラスベガス・ライヴの記録映画、『THAT\'S THE WAY IT IS』のDVDを観ました。 このDVDは、ライヴ・シーンやリハーサル・シーンの映像を増やしたスペシャル・エディション版でしたが、あまりのカッコ良さに4回も繰り返して観てしまいまし...
  • 2008.06.09 (Mon) 23:01 | HAVING A WILD WEEKEND