Stray Cats / Stray Cats *1981 Arista

Rock'n Roll + Rocabilly
20051215003358.jpg

  野球で言うと完全試合、完璧とはコレを指します。もう曲、音、センス、テクニック、ビジュアル全てに於いて完璧でけなす部分が無い稀なアルバムです。50'sテイストとかロカビリーを古臭くなく猿真似だけでなく、ニュー・ウェーヴ通過後の新しい形で昇華させ、全てのロックンローラーを魅了したのがStray Catsなんです!グレッチのギターやウッドベース、リーゼント、ハミルトンウォッチ(Elvisも愛用)を決めても技術・品質がついてこないとタダのダサ古い奴になってしまうところですが、他のイミテーションバンドとは桁違いに格好よくモノにしてしまってます。当時、銀蝿からコッチに鞍替えして鼻高々に“Cream Soda”へズボンや財布を買いに行きました。
 その記念すべき1stアルバム。本当にルックスだけでなく音楽も無茶ハイレベルで初っ端の「Runaway Boys」から身震いするカッコよさです。正にネオロカビリーの傑作でスラッピンベースも決まりまくりです。全曲必聴ですが、バイブル的ナンバーでR&Rギターかくあるべきな「Rock This Town」、Jazzyな音使いがたまらん「Stray Cat Strut」は当然の如くヒットした大名曲。ブライアンが敬愛して止まないオリジナルロカビリーの神様エディ・コクランのクラシック「Jeanie,Jeanie,Jeanie」、そしてジーン・ヴィンセントの「Double Talking Baby」とカバーも極上。他にも「Fishnet Stockings」、「Rumble In Brighton」等、ブライアンのセンス溢れるギター炸裂で外せない重要曲だらけです。リッキー・ネルソンの「My One Desire」なんかもセンス良すぎ。締めも、Roy MontrellのR&Bクラシック“That Mellow Saxophone”のカヴァー「Wild Saxophone」というクールさ。全体的にショート・ディレイの効いた、デイブ・エドモンズのサウンドプロデュースもバッチリすぎて芸術の域。とりあえず大音量で聴くことを強くお薦めします!
「仕事で時計も扱う今。なんやいうたらハミルトン特集ばっかやってしまいます。」

Rock This Town


Stray Cat Strut




テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Elvis - The King Of Rock'n' Roll The Complete 50's Masters / Elvis Presley * 1992 RCA | Home | The Anthology / Chuck Berry * 2000 Chess

コメント

トラックバックしていただいてありがとうございます。

始めまして、ブライアン記事でトラックバックしていただいた「弟はギター弾き」とゆうブログをやっています、祐介と申します。

僕自身もバンド活動をしていて、古き良き時代の音を目指してやっています。
よかったら、HPにも遊びに来てください。

http://www.rideonbaby.ne.jp

2005/12/15 (Thu) 18:04 | ゆうすけ #- | URL | 編集
すいません。。。

HPのアドレスが間違ってました。
よろしければこちらからいらしてください。
何度もすみませんでした。

http://www.rideonbaby.jp/

2005/12/15 (Thu) 18:07 | ゆうすけ #- | URL | 編集

トラックバックありがとうございます☆
あたしもストレイキャッツ大好きです!!
すべてにおいて最高としか言えません!!
また来ます!

2005/12/15 (Thu) 20:02 | かんち #- | URL | 編集

ども、はじめまして!
トラックバックTHANXです!
Stray Catsは最高ですよね!この前のロンナイでもRock This Townをスピンしてて、スゲー盛り上がりました!彼らの音聴くと勝手に体がツイストしてます(笑)

2005/12/15 (Thu) 22:13 | 弁児 #2x9uIJdM | URL | 編集

あー、これこれ!もーたまらないっす。捨て曲なしですよ。ビジュアルもテクニックも曲もカバーのセンスも全てサイコー。ミラクル!!

2005/12/15 (Thu) 22:41 | bushclover #- | URL | 編集

★ゆうすけさん
 京都発っすね。同郷として応援しまっせ!
★かんちさん 
 おおきにです。
 今でも最高にエキサイトして聴けるってのは本物の証! またヨロシクッす
★弁児さん
 ロンナイってロンドンブーツではなく
 大貫憲章氏のアレですね
 その昔聞いたことあったけど
 まだ、やってはったんすね~凄い!
★Bushcloverさん
 たまりまへんな
 正直、全部好きですね。ストレイキャッツ関係は。ブライアン格好良すぎなんすね~!
またヨロシクっす!

2005/12/16 (Fri) 01:36 | ezee #- | URL | 編集

そーです!今年で25周年ですからね、大貫さんは凄いです!10日にロンナイの名古屋営業があったんですよ!最高っすねロンナイもストレイ・キャッツも♪大貫さんもストレイ・キャッツはマストだそーです!

2005/12/17 (Sat) 00:29 | 弁児 #2x9uIJdM | URL | 編集

こんにちは。
コレ聴くとアガりますよね!
ガキの頃はガンガン聴いてました。
初めて聴いたのは確か…ベストヒットUSAだったかな(笑)
若いって良いなあ....(遠い目)

2005/12/27 (Tue) 17:56 | Luxx #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1980年代初頭のロンドン・ニューウェーブ・シーンに彗星のごとく現れた3人組はその後のロックシーンに決して少なくない影響を及ぼしました。完璧なロカビリー・スタイル、それはグレッチ6120であり、スタンディング・ドラムであり、ウッドベースであり、なにより特筆すべき

2006.01.01 (Sun) 21:30 | R a d i o  C A N A R Y

 1980年初頭ロカビリーのかっこよさを再認識させたA級戦犯としての筆頭格と言えば何と言ってもストレイ・キャッツに限る。ネオ・ロカビリーと言う新たなジャンルを創り上げてしまった素晴らしい功績を残したこのバン

2006.09.09 (Sat) 09:45 | ロック好きの行き着く先は…
このページのトップへ