Black X'mas / ARB * 1991 Victor

Beat + R&R
xmas.jpg


 
  先日、“心優しき無頼漢”安岡力也氏がお亡くなりに。男臭い任侠的ロックが死滅状態の昨今、去年のジョー山中、原田芳雄に続いて裕也さん一派の懐刀の他界は寂しい限り。TVでは音楽ファンには無縁のマフィア的キャラでバラエティのイメージの人かもしれませんが、実は自分がやってたバンドの浅草ニューイヤーロックフェス出演時にバンド紹介のMCをしてくれたのが力也さん。会場に力也さんの脅しに近い声が響き渡って我がバンドも気合が入ったのを思い出します。飛び蹴りキックのエンディングポーズやエルヴィスのカヴァーなど力也さんのロッカーとしての姿が唯一確認できるイベントだったニューイヤーロックフェスでの歌手復帰を楽しみにしてたのに。真に残念です。ここは力也さんの歌声でも聴いて偲びたいトコですが、シャレで出した「ホタテのロックンロール」くらいしか音源が無いので、同じく浅草ニューイヤーの常連で仲間でもあった石橋凌のARB“魂こがして”で追悼です。
 さてARBの最も熱かった時期を集めた落葉拾い的なコノ編集盤。オリジナル・アルバム同様の必携盤といっていいセレクト集です。特に田中一郎~斉藤光浩の時代はどれを取っても名盤ばっかですが、名曲「魂こがして」をスタジオ版2テイク収録した本作はマジで激熱盤でした。特にレコード時代は貴重だった田中一郎との'79年版、、斉藤光浩と新たに録った'86年版はどちらも必聴。男心の琴線をジャンジャン鳴らしてくれます。G田中一郎時代は、スタジオ版「Tokyo City は風だらけ」、シングル曲「R&R AIR MAIL」、「Dance music ~ハリケーンバンド」、「シェリーは昼間は死んでる」と聴きたくても聴けなかった凌&一郎の武骨なナイス・コンビネーションが楽しめます。またバリエーションが広がったG光浩時代のクール極まりない「Deep Inside」や「Blue Color Dancer」、「Big Romance」あたりもカッコええARBの一面。音はブートレグ並ながら激熱ライヴの「One Way Trip」など超グレイトで聴きモノ。晩年、病魔と戦い続けていた病床の力也さんにも重る、タフな男を唄った「God Bless The Ring」もイイ曲です。そして、シングル・テイクの松田優作主演映画のテーマ曲「AFTER '45」なんかが聴けるのがARBファンにも嬉しいとこでした。こうして凌さんの男気溢れる歌声を聴いて力也さんを偲ぶと、名バラード“さらば相棒”まで聴きたくなります。陣内孝則に電気ブランを一気飲みさせてた力也さんは怖くも良い兄貴って感じでした。おっかないけど熱い魂を持ったロッカーがまた一人去っていくのは本当に残念です。
「熱き男達の賛歌がここに。シャレのわかる荒くれ者だった“心優しき無頼漢”に合掌」

魂こがして



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Fight Or Flight / The Mods * 1981 Epic | Home | Mr.Children 1996-2000 / Mr.Children * 2001 Toys Factory

コメント

No title

このアルバム、数年前にレンタルで見つけました。
幻の「Black X'mas」「ダンスミュージック」「R&R Air Mail」「シェリー」がレンタル出来るなんてイイ時代になったなぁと驚嘆したものです。もちろんどれも名曲。無事に脳内HDからPCのHDに移し変えました。

力也さん、逝っちゃいましたねぇ。
僕も偶然一度だけお会いした事がありますが、
存在感に圧倒されながらも、優しさに感動した覚えがあります。

RIP

2012/04/12 (Thu) 08:36 | めれんげkonomi #- | URL | 編集
No title

★konomiさん
 これは新鮮でしたね~ ファン心理をしっかり読みこんだ憎い選曲。えがった~
以前、安岡力也、宇崎竜童、凌、ジョー山中、内田裕也でブルー・スウェード・シューズをステージでカヴァーしてたんですが超カッコよかった。こんな共演も、もう見れないっすな。悲しい・・

2012/04/13 (Fri) 01:09 | ezee イージー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ