Mr.Children 1996-2000 / Mr.Children * 2001 Toys Factory

J's Mainstream
mrc.jpg illbb.jpg

 職場、茅場町の桜並木路も満開。オッサンばっかで闊歩しながら“きれい!”連呼です。(←傍から見れば、うっとうしい) つい♪負けないように笑って咲く花になろう♪とミスチルなど口ずさんじゃいます。このミスチルもすでにベテランの域ですが、自分にとって、ほぼ最強の時期といえば間違い無くコレ。美しいメロディが魅力の桜井氏のコンポーズで安定的ヒットメイカーですが、最も不安定を感じるコノ時期は、逆に訴えかけるモノが多い曲が集中。神がかり的な傑作を量産してた時期の本作はマストです。最初の頃の普通のJ-Popファンが好物のような親しみやすい曲も朝めし前に作れるんでしょうが、この90年代後半の頃の開き直ったようなやたら人間臭い展開は、一気に野郎どもの支持も急上昇でした。きれい事ばっかちゃいまっせと歌った桜井氏の潔さや、ちょっと尖がったアプローチもあったりで実にエエ感じです。
 まず登場なのが96年の「名もなき詩」。ライヴ映像とか見ても観客大合唱の人気曲で、従来通りのキャッチーなメロディ・ラインも活かした中で、サウンドもワイルドになり爆裂ヒット。ノータリンって言葉が放送コードに引っかかったりした事も話題でした。ニール・ヤングも彷彿させる「花─Memento-Mori─」は哲学的な歌詞も心に残る逸品で、重たいサウンドながら感動的なサビも印象的です。この後、暫くして活動休止となりますが、その直前発表されたド級傑作曲が「Everything (It's you)」。メインストリーム・ロックの良心やと唸らされた1曲です。桜井氏の、苦悩を絶妙に表現したヴォーカルやバンド・アレンジも申し分なし。心にビシビシ響く歌詞の乗せ方も絶品で素晴らしいとしか言いようのない曲です。そして休止中のややマニアックな「ニシエヒガシエ」を経て出されたのが感動大作「終わりなき旅」。こちらもバンド史上の最高傑作と言って差し支えない名曲中の名曲。自分の人生を鼓舞してくれる歌詞が、桜井氏の熱い歌唱、ヘヴィなアレンジと共に凄まじい説得力で入ってきます。当時、自分もバンドで演ってて“何てエエ曲なんや”といつも思ってました。とにかく窮地に陥った時に幾度となく助けられた名曲で、こういう曲があるからロックからも目が離せません。続いて出され完全復活を印象付けた「光の射す方へ」は何と言ってもカッコええサビがたまらんですが、毒づいた歌詞も痛快でした。惜しむらくは、次に出た傑作シングル「I'll Be」が何故か未収録やったこと。やっぱ鈴木氏のタムが効いたシングル版が最高で、アルバム版ではテンポも落とされたリアレンジで少々残念です。終盤は本来のミスチル路線的な優しい「口笛」に続いて出された「Not Found」が聴きモノ。コチラも最近は聴けない絶叫系で、鬼気迫る桜井氏の歌声が冴えわたる名曲。
「エレカシ、サンボと並んで日本ロックの良心といえる存在。これからも目が離せません!」

終わりなき旅


I'll Be


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Black X'mas / ARB * 1991 Victor | Home | L.A. Friday / The Rolling Stones * 2012 Stones Archive

コメント

No title

終わりなき旅は衝撃的にイイ曲やねえ。くさすぎるくらいにシンプルでわかりやすい歌詞で、特に後半に転調していくところがクライマックスで何回聴いても鳥肌です。ファンの皆がそれぞれ歌詞のどこかを切り出して日々の励みにしてるって感じでしょうね。

2012/04/10 (Tue) 22:40 | 新神戸山脈 #pGdjjsNE | URL | 編集

お早うございます♪
ご承知?のようにあまり詳しくありません(笑)
ですが、アルバム深海と、光の射す方へ…はROCKだと思ってます♪
隠し切れないROCKの衝動みたいな感じがたまりません(笑)

2012/04/11 (Wed) 08:08 | リュウ #EKsGaSlY | URL | 編集
No title

★新神戸山脈さん
 小奇麗なJ-Popバンドやと思ってたら奥深さが違ったね~。終わりなき旅はホンマ震えますな!言ってるトコ、よく分かる!

2012/04/11 (Wed) 13:40 | ezee #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 いや私も、そんなにガッッツリ聴いてませんが、ちょっとルーツ音楽っぽいこの辺は好きです!最近もギフトなんかもくさいけどシビれましたヨ。泥臭くはないけどロックな人等っすね~

2012/04/11 (Wed) 13:45 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ