Love Parade / Love Tambourines * 2004 CRUE-L

Cool Groove
Cherish-Our-Love-150x150.jpg



 “この人、ほんまに日本人か?”っていうようなメジャー級ヴォーカリストに稀に遭遇することがありますが、その中でも最高峰クラスに位置するのがELI(ex.Ellie)嬢。90年代にFM802でパワープレイされてたラヴ・タンバリンズ“Midnight Parade”。流れてきたエリ嬢の歌声を聴いた時、マジで黒人の声やとしか思えませんでした。すぐにファンになっちゃうくらい魅了される声で、渋谷系だとかヘチマとかを超越した次元での本格派ヴォーカリストやと確信。インディーズだったので、音楽ファンの中では大ブレイクの注目歌姫だったにもかかわらず、一般的な認知度が低かったのが残念の極みです。バンド内の確執もあったりでアルバム1枚であっさり解散し、その後のソロではちょっと方向が変わって個人的には嗜好が違うようになっちゃいましたが、今でもマイペースで活動しているのは嬉しいところ。本人の思うところではないかもしれませんが、本気でマネージメントされてメジャーがバックアップしたら今の10倍は評価される人やと真剣に思います。例えばジョン・レジェンドのようにThe Rootsと組んでアルバムでも作ったり、大編成ビッグ・バンドと組んだりしたら鳥肌モンやのになぁと夢想しちゃいます。
 そんな事でエリ嬢の評価を揺るぎないモノとした2枚のシングルを収めた編集アルバム。失礼ながら唯一のオリジナル・アルバムよりお薦めです。まずは93年の1stヒット「Cherish Our Love」。ジャズ・ファンクやらニュー・ソウル系の音を90年代風のフィルターを通した音で、コンガやオルガン、ストリングス系の音を使ったアレンジも秀逸ですが何といっても目立つのはエリ嬢のヴォーカル。後半のフェイク部分など単にソウルフルって言葉では片づけられないツボを押さえた歌唱。スタカンっぽいですが黒さはこちらの方が数段上です。そしてブレイクしまくった「Midnight Parade」。レニー・クラヴィッツが演るようなアーシーなミディアム・ファンクで、イントロでのラップっぽい語りから稲妻が走るカッコええ曲です。独学で学んだという英語の発音も完璧で、最初聴いたら洋楽にしか聴こえないくらいの本物オーラ充満。また「Spend The Day Without You」も心地良くスウィングする秀作でスルーできません。他は、フォーキーな「Baby Why」、ボッサ風のジャクソン5カヴァー「Never Can Say Goodbye」や、チルアウト系の「Love Space」、キャロル・キング彷彿の「Secret Summer」、レゲエ調だった「Love Is Life To Women」の弾き語りヴァージョンなど、ゆったり聴ける曲が中心。それぞれ、平均点以上なのですが先の圧倒的2曲には敵いません。
「まさに10年に一人の逸材、エリ嬢。今後の再ブレイク、期待してます!」

Midnight Parade


Spend The Day Without You




テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

ABC / The Jackson 5 * 1970 Motown | Home | Go Back To De Basic Thing / 近藤房之助 * 1990 BMG

コメント

No title

まさかezeeさんから、ラブ・タンバリンズが出るとは!
さすがです♪

実は隠れファンです♪
この方達、黒さとスィング・アウト・シスターのエッセンス感じるので、かなりお気に入りです!

ビックリしました(笑)

2012/03/30 (Fri) 12:03 | リュウ #- | URL | 編集
No title

今聴いても全然カッコイイっすね。

エリちゃんの声はもちろん、改めて音のセンスに脱帽です。

久々に聴きなおしてみよーっと。

2012/03/31 (Sat) 08:33 | めれんげkonomi #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 あらっ、意外でした? 
 結構、好きっやったんすよ。 関西のFMでも、よくオンエアされてましたからね~
スイング・アウト・シスターもカジってまっせ~

2012/04/01 (Sun) 00:23 | ezee イージー #- | URL | 編集
No title

★konomiさん
 しかしエリちゃんの声はシビれまんな。
仰せの通り、今でも充分かっこええです! ソロでもブレイクして欲しいですわ~

2012/04/01 (Sun) 00:26 | ezee イージー #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ