FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2012.03
27
Category : Man's World
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
go husa

  90年代前半、市場を席巻してたビーイング一派。B'zをはじめT-BLANにDeenやらWandsやら・・よう似た音ばっか金太郎飴みたいに出しやがって、こらぁ長持ちせんぞっと斜に構えて眺めてました。(といいつつカラオケでは結構、歌ってましたが・・) しかし認めざるをえないグッジョブもあったのも事実。名企画盤“Royal Straight Soul”や、一連の房之助氏のライヴ盤など、職人的アーティストにもスポットを当てしっかりと評価を高めたのは功績。本作録音場所も、私の地元京都にあるアーシーなライヴハウス磔磔のような小屋じゃなく、今は亡き六本木ピットインで録られてるってのもミソ。アーバンな感覚で演奏される、モダン・ブルースには持ってこいでした。これまで憂歌団を聴くようなファン層くらいしか耳にしなかったブレイクダウン時代の房之助を女子大生までもを購買層とした手法は流石でございました。
 さてこのライヴ。何と1曲目からオーティス・ラッシュの「I Can't Quit You Babe」とズッシリしたへヴィー・ブルース。ええ根性してます。続く「Too Many Cooks」はジェシー・フォーチュンって人のカヴァーで、これが強烈にカッコええ曲。盟友・小島良喜もカッコええピアノを奏でます。フレディ・キングの「Same Old Blues」まで演ってる冒頭ブルース3連発で、ルーツ愛を見事に表現。しかし日本人離れした歌唱に度肝を抜かされます。中盤は歌心溢れる渋い名曲系カヴァーの連打で、ライチャス・ブラザーズ「You've Lost That Lovin' Feelin'」、ウィーク・エンダーで御馴染(←古い)BS&Tの「Spinning Wheel」とタイトで安定した演奏と共に熱い歌を聴かせます。中盤に登場する、房之助による英詩オリジナルでのファンキー・ブルースな「Mama Mama」、「Go Back To The Basic Thing」、AORの香りもする「Pick Yourself Up」も総じてカッコ良し。そして終盤も有名曲カヴァー連打です。ミラクルズ「You Really Got A Hold On Me」、ジョニー・テイラー「Part Time Love」、B.B.キング「Rock Me Baby」などアーバン・ブルース風に仕上げてますが、ゲストの今は亡き塩次伸二氏のギターも聴きモノです。最後はブルー・アイド・ソウルの傑作「Everytime You Go Away」で感動的な締め。
「愛すべきグレイト・シャウター房之助。踊るポンポコリンだけと、ちゃいまっせ!」

Pick Yourself Up




Comment

非公開コメント

ezeeさん、お早うございます♪
このアルバムがまさに出会いの一枚なんです!
完全やられましたねー♪
選曲もナイス、そして遡りブレイクダウンへ♪
これも保存盤間違いなしです(笑)

おごる平家久しからずのB-ing

房之助は 今のところ日本一歌うまいんと ちゃうかな?
一般の人は 踊るポンポコリンしか知らんけど この人の黒いフィーリングは 唯一無二やね♪
亡き塩次伸二氏のギターも なつかしおす(^^)

No title

この人の歌うRainyNightInGeorgiaが大好きでしたねえ。シビレました。

No title

★リュウさん
 うまいこと馴染やすいカヴァーも入っていて良い選曲でしたね~。ビーイング時代のライヴはどれもカッコいいっすな。BBクイーンズとギャップも良かった!

No title

★まりさん
 いやホント、骨格から日本人ちゃいますよね。凄い声圧でほんまシビれる声。ビーイングの良心でした!

No title

★哀愁の春日野道さん
 そうそう、RainyNightInGeorgia! マジであれは良かった。この人のおかげでコノ曲、好きになったわ!