The Beach Boys Today! / The Beach Boys * 1965 Capitol

Golden Pops
beach boys today



 ん~何とも嬉しいニュースが飛び込んできました。すっかり仲違いし別行動となっていた、マイク・ラブのビーチ・ボーイズ(←反町隆史ちゃいまっせ)と、バンドの頭脳だったブライアン・ウィルソンの合体。2012年は50周年ってことで、ワールド・ツアーに何とNewアルバムも制作するそう。これは楽しみです。気まぐれブライアンのことですから、これから白紙ってことも充分に考えられますが是非実現してほしいものです。ウィルソン兄弟も既に、ドラムのデニス、ギターのカールは故人ですが、ブライアン、マイク両巨頭に加え、アル・ジャーディーンにブルース・ジョンストンはバシッと健在。老齢化社会に元気なジジイの存在は不可欠。ええ話題です。
 初期のアルバムはどれもヒット曲が多く楽しいですが、ブライアンが健康を害しライブを離脱し始めた頃の本作。心酔していたフィル・スペクター風の音にも磨きがかかり、ポップなメロディに重厚なコーラスも絶好調です。メチャ完成度高し。いきなりボビー・フリーマン「Do You Wanna Dance?」でアホみたいに明るい曲で最高のスタート。スペクター風のアレンジもカッコいいです。ブライアンのポップ・センス炸裂「Good to My Baby」や、ハープシコードも効果的な「When I Grow Up」など快感サウンド連発でたまりまへん。でも個人的ハイライトはその昔、須磨の海でしょっちゅう聴いた傑作ポップ「Help Me, Ronda」初出バージョン。ぶっきらぼう気味のヴォーカルのアル・ジャーディーンも素晴らしく、この1曲でこの人が好きになっちゃいました。前半は基本これらのアップテンポでかためられていて楽しいロックンロール「Dance, Dance, Dance」で占め。一方、後半(B面)はスロウ充実で、評価の高い「Please Let Me Wonder」からスタートですが、劇的に素晴らしいのは次に登場するカヴァー曲。それがドゥーワップ・グループThe Studentsが演ってて、The Ronettesも録音した甘酸っぱいスロウ「I'm So Young」。ブライアンの名作“Don't Worry Baby”にも負けない歌唱が聴けシビれまくり。現行CDに入ってるコノ曲のフルート入り「Alternate Take」もカッコよくて最高です。他も、ペット・サウンズにも通じる凝った作りの「She Knows Me Too Well」や、デニスが切なく歌う「In The Back Of My Mind」と聴きどころありすぎ。
「再結成で注目はブライアンですが、肝はマイク・ラブの存在。看板を守り続けたお気軽男に幸あれ!」

Do You Wanna Dance?


Help Me, Ronda




テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

If I Were Your Woman / Gladys Knight & The Pips * 1971 Motown | Home | サンボマスターは君に語りかける / サンボマスター * 2005 Sony

コメント

いよいよ再結成ですか!?
ブライアンは 長いこと 引きこもって ようやくライブ活動できるようになったのをTVで見たことがありました。
彼らは ビートルズと同じ時期に活動していただけに 再結成は興味深いですね♪
ストーンズだけでなく ジジイバンドに目が離せなくなりました!

2012/01/17 (Tue) 21:41 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
もともとマイク・ラブが一人で看板背負ってた状態だった近年ですが、旧メンバーがみな再集合したようです。ストーンズよりヘロヘロですが、ハーモニーの美しさは健在みたいっすヨ!

2012/01/18 (Wed) 19:17 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ