Some Girls (Deluxe Edition) / The Rolling Stones * 2011 Polydor

Rolling Stones
Some DX

  いやいや、しかし何なんでしょう。このストーンズ関連リリース・ラッシュ。もっと小出しにしてもらわないと、噛みしめきれんくらいです。ストーンズとしては過去の音源の発掘中心の近年ですが、なんと“Some Girls”のDX盤ってのは興奮でした。“Get Yer Ya-Ya's Out”に“ Exile On Main Street”と来てコレですから。追加曲分だけダウンロードしようかと思ったりしましたが、個人的には一番好きな編成の時期ですので、黙ってCDで購入です。そして光り輝く本編オリジナルの10曲の選択は素晴らしかったと再確認です。なぜ当時、この2枚目の曲が外されたのかは、商売上もストーンズの歴史においても正解だったことが分かります。それくらい斬新で研ぎ澄まされた構成があったからこそ、時代と共鳴しバンドのパワーも倍増したと確信。とはいえ、今回のボツになっていた12曲の蔵出し。手直しもあれども、ファンには貴重なクリスマス・プレゼントとなりました。
 1枚目は前に記したので、未発表だった2枚目にフォーカス。この頃、N.Y.のド真ん中にいたとは思えないルーツ・ミュージック集でした。50's調のR&R「Claudine」はミック&ウッディのアコギも光ります。先に出たテキサス・ライヴでの“Let It Rock”にも通じる勢いのフレディ・キャノン「Tallahassee Lassie」も聴きどころ。一方、本編では全く排除されたブルース色。「So Young」は90年代に発表されたシングル“Love Is Strong”のカップリング曲のアップデイト版で、手癖感のあるアップテンポなブルース。「When You're Gone」や「Keep Up Blues」も完全シカゴ・ブルース調。ピアノで唄う「Petrol Blues」はメイン・ストリートの頃っぽい感じで、こんなの演ってたんや~って感じです。またカントリー系では、ウッディのスティール・ギターが大活躍の「Do You Think I Really Care?」は他の正規盤のどっかに入ってても良かったと思える出来で、70年代から得意にしていたタイプです。ハンク・ウィリアムスのカヴァー「You Win Again」や、キース入魂のドニー・フリッツ「We Had It All」もお遊びカヴァー以上の出来。またテックス・メックス風の「Don't Be A Stranger」ではバンドの陽気な雰囲気も伝わります。で、個人的にガッツ・ポーズが出たのは「No Spare Parts」。カントリー・ソウル的逸品で、ジョー・テックスとかジョー・サイモンなんかが歌っても様になりそうな高品質トラック。でも本編にはキラー曲“Beast Of Burden”があったから霞んでたかも。そして最もストーンズらしい王道R&R「I Love You Too Much」は絶妙の安定感でコレも2枚目のハイライト。ウッディ&キースも最高の絡みです。てな事で、Disc 1と2の聴く頻度が逆転ってことは無さそうですが、流石ストーンズ!ってのを示したアウトテイク集でした。ザ・バンドも解散して、シックやクラッシュが出てきた70年代後半。コノ取捨選択は正解やったかも。
「次はコレまたアウトテイク満載のエモーショナル・レスキューか!? いやいや、新作っすな!」

No Spare Parts


I Love You Too Much


テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

COVERS / RCサクセション * 1988 Kitty | Home | Angel / Ohio Players * 1977 Mercury

コメント

ezeeさん、今晩は♪
自ブログでも書きましたが、やっぱり
ストーンズファンなら黙って買えですよね(笑)
そう、ブルースをあえて外した事が
良くわかりますよね♪そして、そのブルースが…たまりませーん(笑)
リアルタイムだけに、思い入れタップリです(^_-)-☆

2011/12/25 (Sun) 20:35 | リュウ #EKsGaSlY | URL | 編集
No title

こんばんは。
Disc2、強力でした。
本編と結構雰囲気が違うんですよね。僕は、Disc2はEmotionalや刺青っぽい感じがしました。それだけ、本編が厳選された入魂の一作だったんですね。

2011/12/25 (Sun) 22:56 | Substitute #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 ロニーの活躍が光ってますよね。バンドのムードメーカーにもなったみたいだし
私はリアルタイムは次作からなんですが、こっからでも充分ファンになってたと思います!

2011/12/26 (Mon) 01:31 | ezee #- | URL | 編集
No title

★Substituteさん
いやホント、雰囲気違いますね。サム・ガールズの中では異質かもしれませんが、70年代のアプローチからいうと自然ですもんね。他のアルバムやったら、入ってたような曲が結構ありました!

2011/12/26 (Mon) 01:44 | ezee #- | URL | 編集

未聴ですが(すいません) ココントコロのリリースラッシュ 呼んでるような気がしたんです 有馬のストーンズ馬券 エイシン・フラッシュ→ジャガー・メイル(ワイド)当たりませんでした(笑) でもストーンズのカントリーフレーバー 好き♪

2011/12/26 (Mon) 19:31 | アズ #- | URL | 編集
No title

★アズさん
 ありゃハズれちゃいましたか。ここ数年、有馬は買ってませんがブエナビスタもダメでしたね~
その昔、トーカイテイオーには泣きました(←古い)

2011/12/29 (Thu) 00:16 | ezee #- | URL | 編集
No title

ezeeさん、こんにちは!
遅れたコメントすみません。
ボーナス盤、5日間毎日聴いてみました。
はじめぐっと来たのはブルースとR&R
だったけど他の曲もじわじわ好きになりました。
そこがストーンズの面白いところ。
個人的には2曲目のSO YOUNGが大好き!
ヴォーカルは単調なメロディーでそんなでもないけど、
ピアノが抜群にかっこいいんです。
これは絶対コピーしなくちゃ!
それにしてもいつも的確な記事には感心してしまいます。
できたらトラックバックお願いします。
(お願いするものかどうかまだ良くわかっていませんが…)

では良いお年を!
(もう1回更新あるかな?)

2011/12/29 (Thu) 12:16 | megumick #NhQ9P0E2 | URL | 編集
No title

★megumickさん
 どーもっ! もっとボーナスは尖がった実験的な音かと思ってましたが、ルーツに準拠した安心の音でしたね~ ピアノ・コピーもぜひ頑張ってください!
では、よいお年を~

2011/12/30 (Fri) 01:18 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ