Innervisions / Stevie Wonder * 1973 Motown

Motown
inner.jpg



 プロ・ミュージシャンやアーティストが同世代で身近にこんな人がいたら、やる気が無くなるんやないかって思うくらい凄腕の人。それくらい高い完成度を誇り、完璧で影響力の高い作品を次々に送り込んでいた時代の70年代のスティーヴィーですが、グラミー賞まで取った名誉なアルバムでソウル・ファンのみならず万人に愛される名盤と言われるのがコチラ。あの“トーキング・ブック”から1年も経たんうちに出たというのは驚愕です。管理体制のきつかったモータウンもL.A.に移転し、制作面での自由もすっかりアーティスト側に移ったこの時期。天才ミュージシャンとして面目躍如といえる頃で、脂のりまくりです。
 まず誰もが知ってる超有名曲はシングル・ヒットの3曲。ファンキーなクラヴィネットが引っ張る「Higer Ground」は、スティーヴィー自身が叩くドラムもグルーヴィーな佳作。よく聴くと結構ブルースっぽくもあります。黒人社会の問題を力強く歌った「Living For The City」と、インコグニートにもカヴァーされたりで何度も脚光を浴びる絶品ラテン・ソウル「Don't You Worry 'Bout A Thing」も必ずベスト盤なんかにも登場するスティーヴィー・クラシック。ここらは別にソウル・ファンでなくとも、一度は耳にしたことがあるような曲ですが、間違いなく神の領域にあった事は疑う余地が無く何度も聴きたくなる魔力が存在。また冒頭の「Too High」もエレピを中心としたグルーヴが心地いい名曲で、ジャジーな歌メロが曲のインパクトを高めてます。間奏のハーモニカや、自身のドラムもグレイトすぎるプレイ。David T.Walkerのギターにも聴き惚れる「Visions」はアコースティック・スタイルでのスロウで美しい佳曲ですが、前半のハイライトといえばやっぱ「Golden Lady」。コンガと印象的なハイハットが絶妙なニューソウル・スタイルのラヴ・ソングで、流れるようなメロディーにスイングするリズムが絶品です。他もハイレベル作品の嵐で、ムーグに乗っかる多重録音の声がニューソウル的に無茶苦茶カッコええ「Jesus Children Of America」、マイケル・マクドナルドにG.C.キャメロン、バーバラ・メイソンと数々の名カヴァー輩出の美メロ・スロウ「All In Love Is Fair」、Willie Weeksのベースも美しくグルーヴする「He's Misstra Know It All」と駄曲無しで最後まで疾走。
「ほんとアーティストって言葉が似合う人。自分で思った音がちゃんと具現化できる人なんでしょうな~」

Living for the city


Don't You Worry 'Bout A Thing




テーマ: アルバムレヴュー | ジャンル: 音楽

James Brown's Funky People / Various Artists * 1987 Polydor | Home | If I Were Your Woman / Gladys Knight & The Pips * 1971 Motown

コメント

No title

ezeeさん、こんばんわ!
「アーティストって言葉が似合う人。自分で思った音がちゃんと具現化できる人」
ほんと、その通りですね。
もちろんスティービーは私にとって神の領域の人なんだけど、凄すぎて真似する気にならないんです。
(もちろん真似できないし…)
聴くたびにため息が出て逆にやる気が出なくなってしまう存在です。
でも、やっぱり大好きです!

2012/01/22 (Sun) 20:19 | megumick #NhQ9P0E2 | URL | 編集
No title

僕が初めて聴いたスティービーのアルバムです。
神の域に入ってますよね。

ミュージシャンとしてもリスナーとしても
リスペクトしまくりの一枚。
この前後何枚かは、とんでもないアルバムばかり。

早速聴きなおします♪

2012/01/22 (Sun) 22:02 | めれんげkonomi #- | URL | 編集

今晩は♪
このアルバム、ソウル好きな友人の一押しです!
で、焼いてもろって聴いたのが、最初です。
もーっ、凄いとしか言いようが無いですよね、本当に!

2012/01/22 (Sun) 22:47 | リュウ #EKsGaSlY | URL | 編集
No title

★megumickさん
 そうですね、、コードひとつコピーしようって思っても分数コード、テンション系の雨嵐。初期モータウンのシンプルさとえらい違いです。
ダニー・ハサウェイもそうですが、この頃のスティーヴィーあってこそ今のR&Bの進化もあるでしょうね。しかしカッコええ!

2012/01/22 (Sun) 23:20 | ezee #- | URL | 編集
No title

★めれんげkonomiさん
 70年代のスティーヴィーの創作意欲って、もはや人間の域やないですね。普通のアーティストが一生で1曲くらいの名曲を毎年出してたような感じですもんね~ で、演奏も気持ちええんですよね!

2012/01/22 (Sun) 23:24 | ezee #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 ソウル好きの人間にとって、当たり前のように必ず家にある1枚なんでしょうね。だって全曲、このクオリティ、、アクビしてる隙間もない感じです。教科書みたいなアルバムです!

2012/01/22 (Sun) 23:28 | ezee #- | URL | 編集
No title

昔、僕の知りあいで仙台でInnervisionsという名前のバーをやってましたね。いまは、もうないけど。

2012/01/23 (Mon) 09:43 | Masato #qwT8Fjh2 | URL | 編集
No title

★Masatoさん
仙台、ほとんど知らんのですが・・・
やっぱソウルバーですか。店の名前で、なんとなく雰囲気がわかりますね~  

2012/01/23 (Mon) 23:56 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ