Collection of Great Dance Songs / Pink Floyd * 1981 EMI

Mainstream
pink floy

 最近、会社の大先輩がサム・クックについて語った記事が掲載となり立ち読みとはいかず買ったレココレ。そこで大特集されてたのがピンク・フロイドの“狂気”のDXリイシュー。モンスター・アルバムとか超名盤と言われてますが、実は昔にカセットに録ったもののよく分からずほったらかしになったアルバム。オッサンとなった今なら分かるかもしれないので、どっかのタイミングで聴いてみようと思います。そもそも、クールなシングル曲「Another Brick In The Wall (Part 2)」が気に入って入手したアルバム“The Wall”も全く良さが分からずじまいでした。やはり長尺なアルバム主体のプログレ系は体質的に無理があったのかホント馴染めませんでしたが、唯一よく聴いたのがこのベスト。ポール・マッカートニーのキャヴァーン・クラブR&Rライヴでも見事なプレイを披露したデヴィッド・ギルモアのギターの良さが浮き彫りになった編集アルバムで、ファンからしたらプログレのベストなど超邪道かもしれませんが思い入れが強いので紹介です。
 中身は曲が長いので6曲のみですが正直いって全部サイコーです。まず素晴らしいのが1曲目の「One Of These Days」。不気味な緊張感満載のこのインスト。邦題“吹けよ風、呼べよ嵐”のほうが通りがいい有名曲で、全日本プロレス中継でザ・シークと共に暴れまくってた名ヒール“アブドーラ・ザ・ブッチャー”のテーマとしてあまりにも有名。当時、TV中継でコレが鳴っただけでゾクゾクしたもんです。次が“狂気”からの「Money」で、本ベスト用に録り直された唯一の新録。レジスターの音をリズム化したのは斬新です。“アニマルズ”からの「Sheep」は鬼気迫るロジャー・ウォーターズの歌声にギルモアのハードなプレイも聴きモノ。そして名作2連発の登場。アルバム“炎”からの「Shine On You Crazy Diamond」に「Wish You Were Here」。前者は初期メンバーで精神病により脱退したシド・バレットについて書かれたと噂された大作。ドラマチックな構成、神秘的なリック・ライトの鍵盤、劇的なデヴィッド・ギルモアのギターと長いですが魅力的な曲です。本作ではPart1と2に分けられてた曲が1トラックにまとめられてるのもナイスです。また後者はギルモアのセンス満開の土着的な名曲。カントリー的で素朴なアレンジも絶妙。最後は子供コーラスとファンキー・カッティングが印象的な「Another Brick In The Wall (Part 2)」。緊張感とPopさが同居した不思議な魅力に溢れてクセになる名曲です。そんな感じで、アート先行型の退屈で難解な曲も一切入ってないので、プログレがあかん人には超オススメです。
「アホかっと思われてもいいので言います。プログレはベスト盤が一番でんな~」


Another Brick in the Wall Part 2


Shine On You Crazy Diamond

テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Singles 1965-1967 / The Rolling Stones * 2004 Abkco (Decca) | Home | Chicago Calling / Various Artists * 2005 Brunswick (Victor)

コメント

「レコ・コレ紳士録」

本文記事と関係のないコメントで,申し訳ない・・・m(_ _)m

タメ息とヨダレが止まらない記事でしたね。
アブコ主導の伝記映画(正直,ほとんど期待していないが) が,間違って大ヒットでもすれば「展覧会」も可能になるかもしれないが・・・(^_^;)

資料的な価値が高いのは,コンサートのチラシだと思いました。日時・場所・共演者などが知りたいです。
「レコ・コレ」本誌のメイン特集で,カラーで掲載してもらえないでしょうか・・・m(_ _)m

おそらく Sam が亡くなった直後だと思われますが,L.C. Cooke と Valentinos が The Upsetters をバックに歌うコンサートのポスターには,驚きました。

2011/09/21 (Wed) 19:44 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集
No title

★Mr.Pitifulさん
 同じ屋根の下で仕事する人(雲の上ですが)、ここまでのコレクションをお持ちであったことにビックリしました。伝記映画大ヒット→ギャラリーで展示会となれば最高です!

2011/09/22 (Thu) 00:53 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ