Can't Be Satisfied : The XL and Sounds Of Memphis Story / Various Artists * 2007 Kent

Southern & Deep
XLL.jpg

 何とも魅力的な60年代後半~70年代前半のサザン・ソウル最盛期。ここらの音に敏感に反応してしまう方々にとって、聴き進むうちに必ず遭遇するのがサウンズ・オブ・メンフィスの音源。最初、オヴェイションズのLPでこのレーベルを知りましたが、ややモダンな風味も加わったHiとかStaxとかともやや違った音に一発で惹かれました。近年になって英Kentが熱心に掘り起こし作業をやってくれてるので、このレーベルの色んな音が聴けるようになりました。コレクターの方にとっては希少価値やありがたみは無くなりますが、ほんまに何でも聴ける良い時代です。70年前半の録音中心にセレクトされてて、ディープ系とはいえ結構聴きやすい音です。
 といっても、やっぱコノ人から聴かな始まらんってことで、巷でディープ・ソウルの最高峰とも言われるSpencer Wigginsの73年シングル曲「I Can't Be Satisfied」が登場。もう言うこと無しのグレイトなバラードで、流麗さも兼ね備えたバック・サウンドもシビれます。未発表だった「Best Thing I Ever Had」と2曲、ビシッと聴かせます。そしてOvationsも72年「Take It From Someone Who Knows」と「Don't Break Your Promise」と重要作をピシャリ。ルイス・ウィリアムスによるサムが降りてきたような“いたこ歌唱”はモノマネと言えばそれまでですが、これだけクオリティが高いと文句も出ません。正直この時代のが一番好きです。あと今回の発掘作業で単体でも出されたのが、George Jacksonに、Barbara & The BrownsThe Minits。それぞれ2曲づつ収録で何れも高品質です。中でも女性3人組The Minitsはコレで初めて知りましたが、ゴスペルチックな「Last Mile Of The Way」に、心地良くスイングする「Still A Part Of Me」と素晴らしき発見となりました。67年録音で洗練さには欠けるものの暖かい歌唱が染み入るWilliam Bollinger「You Can Lead Your Woman To The Altar」や、XL発のレディ・ソウルAnn Hodge「Shower Of Tears」、「You're Welcome Back」も実に味わい深い作品。そしてジャケに写るVisionは「Let The Moment Last」なる作品でスウィートなハーモニー&ファルセットを聴かせてくれます。なんと白人というLou Robertsはヤング・ソウル的な溌剌アップ「Everything You Always Wanted To Know About Love」で南部らしからぬ作品ながら最高の出来。他には、ファンク・バンドっぽいBilly Cee & Freedom Expressのスロウ「Hanging Around Your Doorstep」、ブッとい女性声が際立つThe Sweeteens「I'm Your Woman」あたりも満足度の高い力作です。なおレーベル・プロデューサーで立役者のDan Greer自身の作品も2曲収録で71年「Thanks To You」なんかは当時の新しい南部スタイルを感じる良作です。
「サザン・ソウル後期を捉えた名録音の数々。これもまたディープ・ソウルの真髄です。」
Ovations 「Don't Break Your Promise」




テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Chicago Calling / Various Artists * 2005 Brunswick (Victor) | Home | This Is Ann Peebles / Ann Peebles * 1969 Hi

コメント

まいどっす

XLちゅうんわGoldwaxと、また違ったモダンな味付けで
我々サザン・ソウル・ファンを魅了してきましたね
ほんま、どの曲も外せん歌い手さんばかりで
気軽に聴けるのは喜ばしい限りですわ
あっ!!そや オリー・ナイチンゲールの魅力的な音源も
リマスターされて聴きたいですわ XLに良い曲 残されてますよ
 

2011/09/17 (Sat) 23:40 | ナルダン珈琲店主 #mQop/nM. | URL | 編集
No title

★ナルダン珈琲店主さま
 進化したサザンソウルってイメージで聴いてました。ちょっとだけ洗練された感じがエエですな~
ナイス編集なKentの信頼も増した良盤でした!

2011/09/18 (Sun) 23:00 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ