Live On The Sunset Strip / Otis Redding * 2010 Stax

Atlantic, Stax
61waXt7dNZL__SL500_AA300_.jpg



 僅か5年間ほどの活動で伝説の男となったオーティス・レディング。私が生まれた時に既に故人だったのですが、唯一無二の歌唱であらゆる世代の音楽ファンを今も魅了します。といっても新録が聴けるワケでもないので、サプライズは発掘モンに限られていくのですが、ヨーロッパ・ライヴの強化盤に続いて出されたのが、このWhisky A Go Goライヴの強化盤。このWhisky A Go Goでのライヴはロードバンドの演奏などが賛否ある音源ですが、個人的には生々しい迫力ある音でヨーロッパ・ライブより好み。今迄「In Person at the Whiskey A Go-Go」と続編「Good To Me」がありましたが、本作は3日間で7セット行われたライヴのうち後半の3セット丸ごと収めたブツ。今迄、愛されてきた2枚も本作とは別セットからの音源もあるので手放せません。重複も数曲ありですが、前半のセットで披露され既発の2枚には収められてた名曲“Pain In My Heart”なんかは今回未収録ですのでWhisky A Go Goコンプリートというと誤解が生じます。とにかくオーティス・ファン必聴と言っていい熱いライヴです。
 最初のセット(7曲)は「Security」でスタート。初出テイクでの聴きモノはやはり胸に染みるスロウ。デビューを決めた傑作「These Arms Of Mine」に、本盤ではどのセットでも登場する2ndからの「Chained And Bound」など熱きスロウが生々しく響きます。オーラスは「Respect」で締め。2セット目(8曲)も司会者の軽快な曲紹介からスタートでソウル・ショーっぽくて良いです。やはり初っ端は「I'm Depending On You」とアップでブッ飛ばします。最初のセット(前日分)よりパワフルに聴こえる「I Can't Turn You Loose」や、アンコール含め2回も披露するストーンズ・カヴァー「Satisfaction」などリズム・ナンバーも切れ味良く迫ります。そして聴き入ってしまうのはコレまた国宝級名曲「Just One More Day」といった絶品スロウ。サム・クック調の「Any Ole Way」も軽快でよいアクセントになってますが、ハイライトはヒット曲「I've Been Loving You Too Long」か。そして93年の既発盤にも収められてた「Destiny」から始まる3セット目(13曲)は、安定感も抜群。「Mr.Pitiful」なんかのリズム・ナンバーもありますが、名作4thからの「Good To Me」、3rdの冒頭曲「Ole Man Trouble」など必殺と言っていい激渋スロウがやっぱ光ります。オーティスのスロウは最高であると唸らされます。このセットでのみ登場のビートルズ・ナンバー「A Hard Day's Night」はラフながら、しっかり南部ソウル風のリズム・ナンバーになっていてカッコええです。目玉は既発盤で編集されていたジェイムス・ブラウンのカヴァー「Papa's Got A Brand New Bag」の10分フル・ヴァージョン。Big Oが演る御大J.B.もオツなもんで、バックもシャープな演奏で援護射撃です。
「白人向けクラブのライブで勝負を賭けたライヴながら、ドス黒い展開で押し通すオーティス。男前!」

I Can't Turn You Loose




テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Hold What You've Got / Joe Tex * 1965 Dial (Atlantic) | Home | Diamond In The Rough / Syl Johnson * 1974 Hi

コメント

Otis

完全無欠、嬉しいリイシューライヴ盤。
白人向けライブこそ、バネにして黒人流儀。すごいっすよね。
最近、カニエ+ジェイZ効果でフィーチャーだけどR&B2位までいっちゃったってのが凄いっすよね。
まだまだ、アメリカの人の心にリアルに刺さるオーティス大好きっす。

2011/10/17 (Mon) 23:30 | YO-SUKE #ZTXz2U4Q | URL | 編集
ほんま々

この勢い良いよねぇ 勿論愛聴しとります まだ他に、なんかないか?
と期待したなりますなー 久しぶりに聴いて熱い血が滾ってきました
ご機嫌なブログに出会えて感謝々 
ezeeさん、これからも、ええの紹介してください 宜しくです

2011/10/18 (Tue) 00:07 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集
No title

★YO-SUKEさん
 カニエ+ジェイZの“Otis”はいくら大ネタ上手のカニエとはいえモロすぎて、、、う~んです。
でもオーティスへのスポットが当たったのは嬉しい限り!

2011/10/18 (Tue) 21:13 | ezee #- | URL | 編集
No title

★ナルダン珈琲店主さん
オーティスのライヴは熱いっすね。
そりゃキヨシローも惚れこんだはずです。こういう、素晴らしいリイシューは大歓迎です~

2011/10/18 (Tue) 21:16 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ