The Ike & Tina Turner Story 1960-1975 * 2007 EMI

60's Soul
1002201.jpg gblp8043.jpg



 男アイク・ターナーが相方ティナと成し遂げた偉業を辿るのは意外と困難な作業です。ビジネスマン・アイクは条件が良いとなるとすぐに移籍したのか、吹き込むレーベルが多岐にわたっており有名なワリに全ての時代を1枚や2枚では網羅できないのが難点。初期の泥臭いR&Bスタイルから、J.B.のレヴューと双璧と言われた完成度の高いライヴ、フィル・スペクターとのタッグ、70年代に確立したロック・テイスト導入の爆裂ソウルと色々ありますが根底に流れるエグいソウル魂は不変。そんなアイク&ティナの全活動期を上手にまとめた、現時点で最強といえるブツがこちら。CDもi-tunesも超乱発状態でワケ分からん状態の中、このセットは間違いなし。3枚組のヴォリュームですが初心者にも最適と声を大にしたい好編集です。
 1枚目のR&B派生期はアイク印の泥臭くエグいヒット曲連打。1960年ヒット「A Fool In Love」から迫力あるR&Bスタイルでグイグイ迫ります。後追い世代にはTNTショーでお馴染み「It's Gonna Work Out Fine」や、コール&レスポンス的コーラスも楽しい「Tra La La La La」などSue時代は最初の黄金期。The Ikettesの62年1stシングル「I'm Blue」も聴けます。そしてModern期を経て、素晴らしきライヴ盤も存在のLoma(Warner)期は、「Finger Poppin'」に代表されるようにイケイケの展開ですが、ライヴから抜粋のエタ・ジェイムズ「Something's Got A Hold On Me」は当時の凄まじさを切り取っていて必聴です。また69年Minitからのソウル・バラッド「I'm Gonna Do All I Can」ではハイ・サウンドがバックで悶絶の出来。フィレスでの「River Deep, Mountain High」は権利の関係かU.A時代のライヴ収録。
 2枚目はロッキン・ソウルを確立した時代中心。様々なカヴァー・ヒットから徐々にオリジナル・ヒットも飛ばしますが、何といってもブッ飛ぶほどカッコいいのが73年ヒット「Nutbush City Limits」!!。コレは何回聴いてもハイテンションにさせてくれる稀有な曲で70'sアイク&ティナ真骨頂です。ほとんどマック赤坂並み。他にも「Workin' Together」や「Feel Good」などオリジナル佳作もありますが、有名なのはエグいロック・カヴァー。「Come Together」、「Honky Tonk Women」、「I Want to Take You Higher」、「Proud Mary」、「Get Back」なんかのお馴染曲が押しの一手で攻めてきます。またFreeで有名なブルース「The Hunter」やBig O「I've Been Loving You Too Long」の69年Blue Thumb録音も収録でポイント高し。
 そして3枚目は69年Minit時代の名盤“In Person”(写真右)を丸まま収録したライヴ・サイド。「Soul Serenade」からThe Ikettesでのスライ「Everyday People」で会場を暖め、MCの紹介でいよいよティナが登場。怒涛のアップテンポ「Gimme Some Lovin'/Sweet Soul Music」で早速に爆裂モードへ。「Son of A Preacher Man」で一旦スロウダウンし、マーヴィン「I Heard it Through the Grapevine」、アレサとオーティスのエエとこ取りの「Respect」、J.B.並みに熱いThe Ikettesでの「There Was A Time」、アーサー・コンレイ「Funky Street」と豪速球連投。凄まじき展開です。圧巻はスロウでのエタ・ジェイムス~J.B.~アレサと繋ぐ「All I Could Do Was Cry/Please, Please, Please/Baby, I Love You」のメドレー。このライヴ聴けただけでも大満足です。
「ほんとユンケル並みに元気の出る3枚組。ティナさんには生涯エグさ満点で君臨していただきたいもんです!」

"Fool In Love" & "Work Out Fine" medley


Nutbush city limits




テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Revolution Of The Mind / James Brown * 1971 Polydor | Home | Out Of Sight / Maxine Brown * 1968 Epic

コメント

No title

ezeeさん、今晩は!!
TinaとIkeをまとめるのは難しいですよね!

そして、こんなコンピ知りませんでした!
これは良さそうです♪

チェックします!

2011/04/16 (Sat) 20:33 | リュウ #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 まいど! 実は3枚目のライヴを聴きたいのが購入動機やったんですが、初期から最後までスタジオ録音のまとめ方は白眉でした。
要チェキです~

2011/04/17 (Sun) 00:52 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ