Shaved Fish / John Lennon & Plastic Ono Band * 1976 EMI

Roots Rock
sahav.jpg

 な~んかいろんな事が起こりすぎの毎日。急遽、自分もヨーロッパ出張中止のハメになり、対応混乱・情報錯綜が続くモヤモヤした日々の中、久々にシビれたのが内田裕也氏と軍団による義援金活動。やり方については「このオッサン、アホか」と思った人もいるかもしれませんが、警察に路上ライヴは中止勧告は受けつつもジョー山中や白竜、トルーマン・カポーティR&Rバンド等と共にジョン・レノンの「Power To The People」を合唱し渋谷の街を闊歩。ねり歩く様は実に天晴れでした。援助の方法や規模がどうあれ、まずはできることのをヤル!っていうのを行動で示し、真のROCKとは何ぞやみたいな事を一発で分からしめてくれました。ホント素晴らしき男です。三宅久之氏同様、あと四半世紀は頑張ってもらいたい逸材です。
 そんな事でこの名曲「Power To The People」。残念ながらオリジナル・アルバム未収録のシングル曲。今では、この曲を聴くには色んな形の編集盤が組まれ好みの形をチョイスして購入可能ですが、CD時代突入までの定番は本作でした。何といってもジョン存命中にオフィシャルな形で出された唯一のベスト盤。コンパクトながら絶妙な編集で今も輝いてます。もし子供がジョン・レノン聴きたいっていうなら真っ先に「四の五の言わずコレや」と差し出すのは本作でしょう。Rapもカッコいい「Give Peace A Chance」をイントロダクションで挿入し「Cold Turkey」、「Instant Karma!」ヘとシビれる流れは絶品です。そして裕也さんがNHK政見放送でも歌った「Power To The People」から「Mother」って展開も実にロック。A面最後を飾った劇的にソウルフルな傑作「Woman Is The Nigger Of The World」まで、とにかく史上最強の流れやと思って聴き倒しました。ジョンの尖がったロックン・ローラーとしての姿が浮き彫りです。代表曲「Imagine」、Elton Johnとの共演「Whatever Gets You Thru The Night」とB面も必聴でしたが、「Mind Games」、「#9 Dream」ってソフトな流れも当時のお気に入り。フルで聴きたい人は別で買うしかないですが、強烈だったラストの「Happy Xmas (War Is Over)/Give Peace A Chance (Reprise)」って編集も最高でした。名曲が数多く存在する人ですが主夫時代までの理想の選曲がなされてます。
「役目を終えたとは思えない、鰹節が裏ジャケに描かれたLP時代の優秀ベスト。日本列島に力を!」







テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Oh Happy Day / Various Artists * 2009 EMI | Home | Gospel To My Soul / Sam Cooke with The Soul Stirrers * 1998 Specialty・P-Vine Non Stop

コメント

初めて買ったジョン

ジョンのベストを高校の頃欲しくて買ったのが、コレでした。
ほんとは、もっとストレートにボリューミーなやつが欲しかったなぁと思いつつ、
このベストの流れは、今思うと結構面白かったなぁと改めて。
母ちゃんが屈指のジョンのファンだったので、ちょっと親孝行な感じでCD貸してたのが懐かしいです。

2011/03/26 (Sat) 12:58 | YO-SUKE #rhnWeAF2 | URL | 編集
No title

★YO-SUKEさん
 高校でコレってのは良い選択でしたね~
私も大の洋楽ファンだった兄貴が本作を持ってたのでラッキーでした! ジョン自身のセレクトか分かりませんが、いい選曲っす。

2011/03/27 (Sun) 00:08 | ezee #- | URL | 編集
No title

こんばんは♪

地震に翻弄された東京ですが、被災地の方々を思えば・・・。

ボチボチ行くしかなさそうです♪

そして、心に音楽を!

2011/03/27 (Sun) 23:03 | リュウ #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 そう、ボチボチ。これしかないっすね。
焦ってもしょうがないですからね~
あちこち笑顔の生活が一番っすから!

2011/03/29 (Tue) 00:27 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ