FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2011.04
29
Category : Rolling Stones
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
no secu

 シングル・コレクションの発売が話題のストーンズ。そんなのより新作が聴きたいところですが、ここはおそらく最もストーンズ・ファンの思い入れが薄いライヴ・アルバムを紹介。しかしロックの醍醐味っていえばライヴ盤やっていうくらい一流アーティストに名ライヴありって感じやったのに、すっかりマーケットのニーズが無くなった感があるライヴ音源。DVDなんかでの映像付きライヴが全盛の今、時代が要求しなくなったのは何となく分かりますが、想像力が豊かになる音のみライヴが好きな私としてはちょっと寂しいもんです。そしてこのライヴ盤。なにゆえに、これが世に出されたんだろうとも揶揄されるくらい???なタイミングでもありました。というのも90年代ライヴでは「フラッシュ・ポイント」やら「アンプラグド」やらDVDもあり、“もうエエやろっ”って感じもあり、出す意味も記念写真くらいの感覚にしか感じなかったのが正直なところ。自分も会社の後輩に借りて聴いた有様です。しかしながらi-Podのシャッフル聴きで時折出てくる本作の音源。結構、燃えます。今さらながらナカナカええやんってのが渋い選曲であったこのライヴです。
 最初の個人的興味は、まず意外にも本作で初ライヴ収録となった名曲「Gimme Shelter」。リサ・フィッシャー女史がミックのお相手でなかなか踏ん張っています。やっぱエエ曲です。ロックン・ロール系では「Respectable」が秀逸で、スタジオ盤同様キース&ウッディの絶妙な絡みが聴けます。本ツアーの最新作だった“ブリッジズ・トゥ・バビロン”からの「Flip The Switch」、「Saint Of Me」もタイトでいい出来です。そして最大の目玉といって過言ではないのが名スロウ「Memory Motel」の収録。ゲストのDave Matthewsも渋い喉を披露しますが、できれば水入らずで聴きたかったトコロ。これも初のライヴ収録でした。他では、Taj Mahalとの緩い共演「Corinna」、Joshua Redmanの歌いまくるサックスも聴ける「Waiting On A Friend」あたりはリラックスして聴けてエエ感じ。ボビー・キーズのサックスもガンガン絡む「Live With Me」もパワフルでなかなかです。終盤には初期60年代のジャニーズ並みのアイドルだった時代の曲も収録。デビュー当時の高速アレンジ再現で聴きたかった日本盤のみのボートラのブルース「I Just Wanna Make Love To You」、ジャガー=リチャーズ初のヒットシングル「The Last Time」が初期ナンバーですが“まぁこんなもんか”って感じで普通です。そして最後の締めは「Out Of Control」。現役バンドとしての意地さえ感じる当時の新曲での締めは天晴れで、7分を超える熱演はナカナカでウッディのワウ・ギターもナイスです。
「ウッディは新フェイセズ始動と、動く気配なしの本体ストーンズ。旧作の掘り起こしばっかはもう堪忍してくれ~」

Out Of Control - Live 1998


Memory Motel (Live with Dave Mathews)




Comment

非公開コメント

No title

殆ど唯一持ってないStonesの公式ライブ音源です。
記事、読んだら、ヤッぱ欲しくなりました。
Blidges to Babylon Tourは観ました。橋の先のCenter Stageで演った、Little Queenieが一番印象に残ってます。もう14年くらい前か・・・

No title

Memory Motelは感動しましたよ♪
ただ最近のストーンズは(仕方がないけど)コーラス隊に頼り過ぎてて・・・。
キースがハモれなくなるまで、頑張ってほしい!

No title

これ、改めて聴くには良いですよね!

実は自分も最近・・・苦笑

今更、なかなかじゃんと思ってます!

No title

★sabstituteさん
 ほんと存在感、薄いっすね。このライヴ。
しかしながら、じっくり音を聴くと無視できん音源が結構あるんですよね。もう10年以上前ってのが驚きです。

No title

★ryoさん
 90年以降のツアーは完全大所帯ですもんね。それはそれでいいんですが、81~82年までのワールド・ツアーでのサポート・メンバーの少ないライヴはカッコええっすな。あれは多分、もう無理かな・・

No title

★リュウさん
 コレって、気合い入れて“聴くぞ~っ”とはならないんですが、ふとした時に流れてくるとメチャメチャええんですわ。
腐ってもストーンズ。しょーもないアルバムって無いんですね~~