Living In The U.S.A. / Linda Ronstadt * 1978 Asylum

Roots Rock
lida.jpg


 
 リンダお姐さんの全盛期バリバリのアルバム。パーマ頭にホットパンツ、ローラースケートです。今から見るとちょっとキツいですが中身はサイコー。そもそもリンダ姐さんを知ったのは、ちょっとオバはんになった落ち目の時期と言われる“Get Closer”。あんまり売れんかったようで、今やベスト盤からも黙殺されてる曲ですが、個人的にはメチャ好きでした。まさにアメリカン・ロックって音で、パンチの効いたヴォーカルから艶っぽい歌唱まで変幻自在って感じの声。ホント「歌、上手い人やなぁ」と感じさせてくれました。しかも聴き心地が良く耳によく馴染む。何というか喉越しのええビールみたいな感じで、じつに好印象です。そんな出会いでしたが、その数年後“What's New”なるスタンダード集で復活し、すっかりアダルトなシンガーに。今ではそれも受け入れますが、当時はロックなリンダが去って少し残念でした。
 そんな事でコチラは「ミス・アメリカ」と邦題が付けられた70年代後期の名作。当時の良きアメリカを代表する音が体感できます。一発目からお馴染のカヴァーでスタート。ヒューマン・ドキュメント映画「Hail! Hail! Rock 'N' Roll」でもゲスト出演し盛り上がったチャック・べリー「Back In The U.S.A.」から力強いヴォーカルで魅了。オールディーズは得意中の得意で本作はR&B系も充実。ドリス・トロイのアトランティック期ヒット「Just One Look」、スモーキー・ロビンソンの大傑作「Ooh Baby Baby」、アコギ1本でしっとり歌われるエルヴィス「Love Me Tender」と演ってます。これだけカヴァーだらけなのに、どれも、嫌みなく好感度の高い仕上がりで、こんな人も珍しいです。まさにリンダの成せる技ってとこです。一方、1930年代の映画主題歌という「When I Grow Too Old To Dream」は後にネルソン・リドルとタッグを組んだスタンダード&ジャズ路線のプロトタイプといえる作品。そして新人だったエルヴィス・コステロ作品に素早く目をつけた名スロウ「Alison」はデヴィッド・サンボーンのサックスも絡んで良い仕上がり。J.D.サウザーが贈った「White Rhythm & Blues」なんかの味わい深いスロウや、リトル・フィートの“Last Records Album”収録の「All That You Dream」も快心の出来です。他もウォーレン・ジヴォンの「Mohammed's Radio」、エリック・カズのアメリカン・フライヤーの隠れた名曲「Blowing Away」とナイスな選曲。こういう西海岸の音は、やっぱ心地良さ抜群です。
「アメリカ代表のプラカードを持って歌ったような内容。言うこと無しです!」

Just one look


BACK IN THE USA -- LINDA RONSTADT & CHUCK BERRY



テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Absolutely Live / Rod Stewart * 1982 Warner | Home | アジアの片隅で / 吉田拓郎 * 1980 For Life

コメント

No title

すっかりご無沙汰してしまいました
忙しさにかまけて、いつも読み逃げばかりですみません。

このアルバムは、My Best Album Top10にランクインするぐらい
大好きなアルバムです。
Just One Lookは大学のサークルで初めてバンドをバンドを組んだときに演奏した曲です。
その当時はウエストコースミュージックが流行でしたからね。
コステロのカバー「Alison」やJDサウザーの「White Rhythm & Blues」など大好きな曲ばっかりです。
その当時の思い出が蘇ってきます。
もう最高です!!

2011/01/21 (Fri) 20:36 | onga #- | URL | 編集
No title

こんばんは。めちゃめちゃご無沙汰してます。
なつかしい盤です。
中学か高校の頃によく聴きました。ビニールで。
今でも、ビニールが、押入れの奥に潜んでいるハズです。

2011/01/21 (Fri) 23:49 | Substitute #- | URL | 編集
No title

★ongaさん
 どうも、お久しぶりです。
Just One Look、演奏されてたんですね。素晴らしい! ワディ・ワクテルとかと演ってた頃のリンダはハズレないですね~

2011/01/23 (Sun) 14:28 | ezee #- | URL | 編集
No title

★Substituteさん
 どうも、どうも。リンダ全盛の頃はレコード全盛ですもんね~ 輸入盤屋とかでも、イーグルスとかリトル・フィートとかカットアウト盤で沢山あったのを思い出します。(私は80年代ですが)
LPで聴くと雰囲気でるかもしれませんな~

2011/01/23 (Sun) 14:31 | ezee #- | URL | 編集

リンダ・ロンシュタットは 憧れてましたよ。歌良し ルックス良しで キュートな魅力に溢れてました。
メキシコ系なので 中年以降は 太っちゃいましたが さらに歌は磨きが かかってますよね!歌姫って意識したのは彼女からでしたね!

2011/01/23 (Sun) 22:22 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 ん、メキシコ系は太っちゃいやすいですか。
70年代の写真とかビデオ見る限り、キュートなおねえちゃんですな~ 勿論、声も好きですぅ

2011/01/24 (Mon) 23:53 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ