Al Grenn Is Love / Al Green * 1975 Hi

70's 〜 Recent Soul
Al love



 グダグダで過ぎた2010年もおしまい。色んな事に追われ続けてめくるめく過ぎて行った1年でしたが、あまりにも余裕が無かったと少し反省です。ちょっとゆとりを求めて見た、M-1も全然おもろなくてガッカリ。サンドウィッチマンやブラマヨ並みの笑いを期待してたのに~。これでは番組終了も正解です。そして、追われてるだけで経済回復への根幹にメスを入れられない管政権もがっかりでしたが、大きな心、大きな愛が無ければ何事も前に上手いこと進みません。自分も来年は、もうちょっと色んなものに“愛”を持って接しようと思います。そんな事で締めくくりは愛の伝道師、メンフィスの貴公子アル・グリーン。ほんま、愛を歌わしたら天下一品です。
 本作は音良し、歌良し、グルーヴ良しと最高づくめのハイ時代のアル・グリーン作品でも1,2を争う愛に満ちたアルバム。今も世代を超えて、絶大な支持のアル師匠ですが本作もマジ最高です。まず登場のシングル・ヒット「L-O-V-E(Love)」から悶絶王道Hiサウンド炸裂で思わず万歳三唱です。猫なで系の甘い声とストロングヴォイスの使い分けも神がかり的。もはや人間国宝の域で、もうかれこれ2万回聴いてますが決して飽きません。もうひとつのシングル曲「Oh Me, Oh My (Dreams In My Arms)」もグレイトで、メンフィス・ホーンズにチャールズ・ホッジスのオルガンが効きまくった好ミディアムでコチラも聴き逃せません。この2曲だけでも、アルバム1枚分ぐらいの価値ありですが、他の曲も聴きどころ満載。とにかくミディアム曲はどれもハズレなしで、「Rhymes」や「There Is Love」、「I Gotta Be More」などで聴ける期待通りのド真ん中Hiサウンドはやっぱり最高。スロウでも、まったりした「Could I Be The One」や「I Didn't Know」なんかでのストリングス・アレンジ、独特のヘヴィーなサウンド加工されたハワード・クライムスのドラム、アル師匠の地声&ファルセットを駆使した歌い回しは絶品です。あぁ、これやからハイ・サウンドはやめられまへん。またパーカッシヴなアレンジが施された「Love Ritual」は本作の中でも異色ながら重要なスパイスとなるカッコええ作品。コンシクエンスの強烈なサンプリング使用も忘れられん最後に登場する「I Wish You Were Here」も黄金期ハイ・マナーが嬉しくなるミディアム・スロウで大満足での終了です。この音の生みの親ウィリー・ミッチェルも亡くなって早1年ですが、こうやって聴くとセンスの良さに改めて脱帽です。
「ギスギスした世の中、やっぱ愛があれば全てうまいこと行きます。来年はコレでいきます!」

L-O-V-E




テーマ: ブラックミュージック | ジャンル: 音楽

Stubborn Kind Of Fellow / Marvin Gaye * 1963 Motown | Home | Christmas Album / The Jackson 5 * 1970 Motown

コメント

No title

ezeeさん、

やっぱ「愛」ですよね!
言い続けて、早数十年(爆)
もっと、溢れればええのに~っておもてます。

来年もどうぞよろしゅうに。
ええお年をお迎えください。

2010/12/30 (Thu) 13:27 | samyu #dNm2mw72 | URL | 編集
愛ですな

ええ声してるなぁ、癒される。

また来年もよろしくです!

2010/12/31 (Fri) 00:12 | くまきち #- | URL | 編集
No title

★samyuさん
 ちょっとした愛があれば、すべて円滑にいくんですがね~ 日頃、なかなか気づかんのですわ
愛・アイ・あ~い!ってな感じで来年も宜しくお願いします

2010/12/31 (Fri) 17:55 | ezee #- | URL | 編集
No title

★くまきちさん
 昨晩は神戸宴会で、くまさん同級生の親分系の方々も登場で賑やかなことでしたヨ。相棒のサンボマスターは復活の狼煙あげてましたで~ (祝!)
来年もヨロシクです。

2010/12/31 (Fri) 18:03 | ezee #- | URL | 編集
ウィリー・ミッチェルは テイク トゥ ミ ザ・リバーを作曲した人かな?

今年もカウントダウンに入りました。
『愛』がないと生きていても 生命装置に過ぎません。またまたデープな内容で惹き付けていただきたいわ。来年もよろしくお願いします。

2010/12/31 (Fri) 23:56 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 どーもっ、おめでとさんです。
Deepな愛、ソウルで今年も突き進みまっせ~
よろしゅうです。
ちなみにウィリー・ミッチェルはHiレコード総帥サウンド・プロデューサーで、曲作ったのはアル本人です~

2011/01/03 (Mon) 21:46 | ezee #- | URL | 編集
No title

今年もよろしくです。ezee さんのレビュー見てて、
なんだか久々にアルを聴きたくなって、平和なラヴに酔っておりました。
また今年もお世話になると思いますが、どうぞ宜しくお願いします。

2011/01/04 (Tue) 22:54 | YO-SUKE #9L.cY0cg | URL | 編集
No title

★YO-SUKEさん
 アル・グリーンは色々聴いてても、デフォルトに戻す時、必ず登場する重要なシンガーです。J.B.の次に量を聴いた人かも。いつ聴いても「サイコー!と思っちゃう凄い人やと思ってますぅ
今年もウダウダいくので宜しく願います

2011/01/06 (Thu) 00:54 | ezee #- | URL | 編集
明けまして

おめでとうございます。

Al Green最高です!

今年もどうぞよろしくお願いします。

2011/01/07 (Fri) 02:14 | hidekichi #- | URL | 編集
No title

★hidekichiさん
 どうもです。私の音楽人生にアル・グリーンは欠かせません。ホンマ最高なおっさんです。
今年は新作も期待ですが、クエストラヴと是非組んで制作してほしいもんです~
今年も宜しくお願いします

2011/01/07 (Fri) 21:31 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

1972年『Let's Stay Together』からアルバム5作連続でR&B1位を記録、そして本作『Al Green Is Love』でその記録は6作連続へジャンプアップ(POP28位)。ただし、Hi には1978年まで在籍するも、牧師へ ...

2011.01.05 (Wed) 00:03 | SOUL FOOD, SOUL LIFE
このページのトップへ