Christmas Album / The Jackson 5 * 1970 Motown

Motown
20th Century Masters_ The Christmas Collection



 いよいよクリスマス。ワケのわからん宴会で金アホほど使って後悔ばっかですが、どこの飲み屋でもツリーが煌びやかです。イルミネーションも綺麗な場所が多く、ラヴァーズ・スポットも多い首都圏。甘い時間を過ごす予定もないので、ステテコ履いて一升瓶持ってカップルの前で暴れたろかと画策中(←嘘です)。あ~せめて家族と美味いモンでも食って過ごしたいっ。まぁもうすぐ仕事環境も変わる予定なので、我慢我慢って感じです。さてクリスマス・アルバムは毎年いろいろ出てきて楽しいですが充実なのは、やはり黒音系。モータウンなんかは昔からポピュラー指向が強い会社でしたから、全盛時もクリスマス関連の秀作ウジャウジャです。しかも、それぞれのアーティストでレベルが高いのでマジ要チェックです。
 純粋なクリスマスらしいアルバムをしっかり制作してたモータウンでしたが、マイケルの歌唱も冴えわたるジャクソン5デビュー直後の本作は屈指の出来栄え。フィル・スペクターのアルバム同様に最高レベルに達しているのがコレですわ。ジャーメインが渋くキメた後にマイケル爆裂って仕掛けが楽しい冒頭の「Have Yourself A Merry Little Christmas」に、マイケルがリードをとる「Santa Claus Is Coming To Town」とバブルガム・ソウル爆裂ぶりがたまりません。12歳マイケルの突き抜けた明るいヴォーカルは「Up On The House Top」や、スティーヴィーも歌った「Someday at Christmas」などでも全開。しっとり系では当時15歳ジャーメインの兄貴がリード担当で「The Christmas Song」など、かなり聴かせてくれます。真っ赤なお鼻の♪でおなじみ「Rudolph The Red-Nosed Reindeer」や「Christmas Won't Be The Same This Year」でもジャーメインはソウルフルにキメてます。また日本でもお馴染のクリスマス・ソングのジャクソン5版で聴けるってのが楽しさ満開で、マイケルが“ラパパンパ~ン♪”と唄ってくれる「Little Drummer Boy」や、懐かしい「I Saw Mommy Kissing Santa Claus」などは最高。やはり変声前のマイケルの声ってのはやはり格別で、神童と言われただけのことはあります。声は子供なのに、ソウルを知り尽くしたような憎い節回し。これぞバブルガム・ソウルの醍醐味です。そして特筆すべきなのがモータウン・オリジナルのクリスマス・ソング「Give Love On Christmas」。この曲は後に80年テンプスがグレン・レオナルドのファルセットでキメたり、ジョニー・ギルもカヴァーしてる名作です。このあたり、流石モータウンって感じです。
「忘年会とかこつけて乱れまくりの日々。心、洗われますわ~」

Santa Claus is Coming to Town


I saw mommy kissing Santa claus


テーマ: ブラックミュージック | ジャンル: 音楽

Al Grenn Is Love / Al Green * 1975 Hi | Home | Love Me Back / Jazmine Sullivan * 2010 j records

コメント

イブはイルミを見てふるえてました。

ezeeさん メリクリ♪
昨日の『THIS IS IT』は 映画にないシーンも盛りこまれていて 見ごたえありましたね。マイコーは やはり世界最高のエンターテイメンでしたね!
昨日はハーバーランドのデートスポットに行ってきましたが、さすがに凍える風の中でステテコ姿で一升瓶もって暴れてる男は見かけなかった(笑)
今日はジャクソン5のベスト盤聴きます(^_-)

2010/12/25 (Sat) 08:13 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 自分のクリスマスはむさくるしいモンでしたが、ハーバーランドとは粋ですね~
そしてThis Is Itでも別格だったマイケル。コレはデビューの時の音ですが半端やないです!

2010/12/26 (Sun) 23:45 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ