FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.12
08
Category : Roots Rock
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
john yoko



 12月8日はジョン・レノンの命日。オノ・ヨーコさんが毎年参加して武道館で演ってるジョン・レノン・スーパーライブの去年版を数日前、再放送でやってたのでじっくり見ましたが、ビデオ出演だった清志郎のImagineが一番鳥肌モンだったのも、なんだかなぁという感じでした。でも今年は生誕70年。色々、盛り上がってるようです。なんとなく40代半ばぐらいで撃たれたイメージを持ってましたが、実は享年40やったんすな。もう今の自分より若い時に逝ってたんか。うむ~。自分のおっさん進行度をさらに実感です。そんな事で、小6の時に“さぁ洋楽を聴くぞっ”て思った矢先に、発売して1ヶ月ほどで追悼の帯付きで店頭で並んでたアルバム。リアルタイムで経験した唯一生前ジョンの1980年作品です。リニューアルしたネイキッド版みたいなのも話題ですが、持ってないのでオリジナル版です。
 何といっても本作の代表曲はファースト・カットの「(Just Like) Starting Over」です。弾き語りからインテンポで入るロカビリーな感じのAメロ、ドラマティックなサビといい子供だった私も一発で気に入りました。ジョンのR&R趣味がモロに出た最後の傑作で、これがあったからこそ自分もエルヴィスとかもすんなり好きになっていきました。この後に登場するヨーコの「Kiss Kiss Kiss」はSEXを想起させるエロな曲でしたが、曲自体はニューウェーヴな感じでカッコいいです。あんまりエロいので親を気にして急にヴォリュームを落としてたのが懐かしいです。こんな感じで対話のように交替でジョンとヨーコの曲が登場ですが、作者の意に反して、ヨーコの趣味が嫌いな人はジョンの曲だけを編集して聴くという徹底した人もいました。ヨーコは前衛的なイメージに反して「Yes I'm Your Angel」というオールド・ジャズの香りするの素晴らしい曲も収録してるので、飛ばしてたら本作の楽しみが半減です。一方、ジョンは死後シングル・ヒットした「Woman」、主夫時代を回顧した「Watching The Wheels」と粒揃いの力作投入。死ぬ事を予期してたワケでもないのに、クラシック的名曲が収められてるのは流石。他ではオリエンタルなムードで息子ショーンを唄った「Beautiful Boy」や、70年代風の「Dear Yoko」もあり。でもヨーコを歌ったモノでは“Oh Yoko”の方に軍配です。また音的にもNYの腕利きミュージャン参加の力作で、有名どころではスライとの活動で有名なアンディ・ニューマーク(ds)に、後にキング・クリムゾンで活躍するトニー・レヴィン(b)のしっかりして洗練されたリズムが聴けるのも本作の聴きどころ。
「最後にもしっかりロックンロールの胞子をバラまいたジョン。コレからも世界でいっぱい育ってます!」



Starting Over

Comment

非公開コメント

No title

おぉ~ジャケを見るだけで(涙)
当時、私は中学生。
アルバム聞いて、ほんまにすぐやったような
気がします。同級生と「どうする?」っていうて
教会へ行きましたよ…。


「Kiss Kiss Kiss」は同じく、ボリューム落して
聞きましたよ。
「Beautiful Boy」は、優しい気持ちになれます。
「WOMAN」やは今でも疲れたら聞く曲です。
力をもらえる曲です。
名曲だらけのアルバムと
愛溢れるジャケが好きです。

今日はゆっくりアルバム聞きたいですね。
素晴らしいエントリー、ありがとうございました!

No title

彼の命日の頃は、まだ1歳なのでリアルタイムに語れるネタとしては薄いのですが、
母ちゃんがジョンの大大ファンで、死去のニュースを受け、当時の自分(1歳児)を置いて
あまりの悲しさに、外に駆け出していってしまったらしいです。

「Kiss Kiss Kiss」は先にダンスヴァージョンを知ってましたが、
アホアホ具合にほんと笑えます。あれ、そんな感じで聴く曲ではなかったのかな(汗)

ジャケも奇跡の一枚

あれから 30年たったなんて 信じられません。
ほんま これで ビートルズの再結成は 永久にないという 深い絶望感に 襲われましたね。
げんに ポールと距離を縮めつつあったので ひどく残念な気持ちでした。
しかし 篠山紀信が 撮影しただけあって ヨーコが 奇跡の一枚なみの美人っすよね!

No title

★samyuさん
 超大物の死に新聞もトップの扱いで、自分も何やわからんまま、えらいこっちゃって感じでした。
暫く活動休止してたってこともあったのか、イイ曲多いですよね。色んな形で表現された愛のアルバム。エバーグリーンです。

No title

★Yo-SUKEさん
 ギリギリ、リアルタイムで体験してますが、まぁえらい騒ぎでした。ジョージとかが、追悼曲を出したりしてやっと実感できた感じです。
「Kiss ×3」のダンスVerは知りませんが、アホというか自分にとっては結構エロが先にきます。ヤバいでしょ。

No title

★まりさん
 そっか、その頃はジョンとポールも接近しつつあったんですか。それを知ると残念!
奇跡の1枚。ってヨーコさん怒りまっせ~ 篠山紀信は流石ですけど。正統派じゃないけど見方によっては結構きれいやとマジで思ってますねん。ちょっとエロい感じもエエんですけど~