Singles 1963-1965 / The Rolling Stones * 2004 Abkco (Decca)

Rolling Stones
singles1963.jpg
 
 ビートルズのオリジナル・アルバムをいくら聴いても“She Loves You”や“抱きしめたい”が出てこないのと同じようにストーンズにも同じ問題が。似て非なる米英盤、両方などアホらしくて買ってられません。ジャケのカッコいい英盤主体で聴くなら、60'sはシングル主義時代だった為、シングル曲は別建ての編集盤で聴くしかありません。丁寧に「パスト・マスターズ」などがあるビートルズと違って、とにかくストーンズの落ち葉拾いは複雑怪奇。一端のファンとして自分なりに最もスマートであると考えるのが、シングル集の活用。正規ベストの「Big Hits」とかでも抜け落ちるので、ミックス違いとかは気にしないならばコレが一番しっくりきます。
 このシングルBOX第1弾の中身は初期重要曲のオンパレード。1963年のデビュー曲でチャック・ベリーの「Come On」/ウィリー・ディクスンの「I Want To Be Loved」からロックン・ロールやR&Bで勝負する気概バッチリ。ヒット狙いでレノン&マッカートニー作品となった「I Wanna Be Your Man」(B面は何の変哲もないオリジナル・ブルース「Stoned」)はビートルズに比べ荒々しさが好感の初ヒット。渋カヴァー4曲の初EPの後は、ココで大爆裂といっていい激傑作「Not Fade Away」が登場! バディ・ホリーの原曲をマラカス&ハンド・クラッピンでボ・ビートをさらに強調。キースの12弦アコギ、ブライアンのハープといいアイデンティティ確立って感じの鳥肌テイク。続く「It's All Over Now」(B面はちょっと軟弱なブルース「Good Times, Bad Times」)も快心テイク。当時のヴァレンティノズ米国R&B最新ヒットをカヴァーしたもので、ブライアン&キースのコンビネーションも聴きモノ。2ndEPで今も無敵だと思う“Five By Five”の後は、米のみシングル曲のアーマ・トーマス・カヴァー「Time Is On My Side」の“No.2”収録とは別のオルガン・イントロVersion。ややしょーもないオリジナル「Congratulation」とカップリング。そして英5枚目のシングルはハウリング・ウルフの強烈ブルース「Little Red Rooster」。これが1位を取るとは、当時の勢いを感じます。英6枚目は記念すべきジャガー&リチャード初のシングル曲「The Last Time」で、Popな佳作。The Whoもカヴァーしてます。B面曲の寂しい感じが印象的でメロも秀逸な「Play With Fire」も新機軸といえる名曲。そして最後は65年の熱狂ライヴEPをそっくりそのまま収録という素晴らしき内容。アブコのせこさのせいで、何年もかかってる理想的なストーンズ初期カタログですが、これは評価できる内容といえます。
「丁寧にもシングル盤さながら1枚づつ入ってますが、真っ黒な初期をブッ通しで聴きましょう!」

Not Fade Away


It's All Over Now


Time Is On My Side




テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

A Quick One / The Who * 1966 Reaction | Home | Chess Club Rhythm & Soul / Various Artists * 1996 Kent (Chess)

コメント

No title

ezeeさん、こんばんは。
40LicksはもちろんHOT ROCKSでは満足できないですからこの時代の個人的ベスト作ってWalkmanで聴いてたりするのですが、こんなBOXが出ていたんですねぇ。
シングル盤をとっかえひっかえ聴いてた感じで聴けそうでいい感じっぽい!

2010/10/13 (Wed) 00:48 | goldenblue #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
ストーンズの初期もお好きなら、このシングル集は外せません。個人的には超ウェルカムでした!
違和感無く、R&B時代のストーンズが満喫できてご満悦でした~

2010/10/13 (Wed) 01:55 | ezee #- | URL | 編集
No title

ストーンズは、3て、いやビルが抜けたのを入れると4つの時代を堪能出来ますよね!

そして初期はファン泣かせのぐしゃぐしゃ具合い(笑)
だから、こういうコンピは本当に有難いですね!

自分も持ってます!

2010/10/17 (Sun) 12:44 | リュウ #- | URL | 編集
No title

★リュウさん
 さすがリュウさん。コレは必携ともいえる、ナイスなパッケージでした!
初期ストーンズのヤンチャな黒さはたまらんっすね。ブライアンの存在感も好きです。

2010/10/19 (Tue) 02:46 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ