Still Bill / Bill Withers * 1972 Columbia

70's 〜 Recent Soul
still bill

 いや~実はこの人、本アルバム収録の牧歌的ヒット“「Lean On Me」を押えとけばいいオッサン”くらいしか知らなかったというか聴かなかった人ですが、この度再発されたコレを聴いてビックリですわ。「イイ!凄くイイ!」 嵐山の猿にも聴かせたいくらいイイじゃないですか!カーティス・メイフィールドやダニー・ハサウェイと肩並べるくらい凄いオッサンやったなんて・・・ルー・ロウルズばりの低音激シブヴォイスがアーシーなグルーヴと重なって何ともカッコイイ空気感を生み出しております。70年代前半ということもあってか独特のニューソウル台頭の勢いを、バックを努めたThe Watts 103rd Street Rhythm Bandと共にビシバシ感じさせてくれます。フジワラの原西みたいな顔して、やってくれてます。
 1曲目「Lonely Town, Lonely Street」から緊張感溢れるナイスなファンクで、ストリングスも最高の絡みを見せます。もうココでシビレまくり。そして美しい「Let Me In Your Life」も武骨な歌が感動を増す名作。ハードボイルド系ブラックシネマにもピッタリの「Who Is He?」や、ジェイムス・ギャドソンのドラムもグレイト極まりないクールファンク「Use Me」と言う事なしの傑作の連打です。もぅええ曲、多すぎ。ジャズ風味のゆる~い「I Don't Know」も非常にクール。決して派手では無いですが心の奥底をえぐるグルーヴが全編を支配していてたまりまへん。他もワウワウ・カッティングがクールなブレイク・ビーツの定番「Kissing My Love」、何とも渋いグルーヴが支配する「Another Day To Run」、本編最後に登場のデビルマンの終わりの歌にも通じるハードボイルド感の「Take It All In And Check It All Out」と大満足の濃い内容。現行盤はボートラ2曲でN.Y.カーネギーホールライブも収録です。間違いなく黒音ファンマストの大傑作であること疑う余地無し。
「このクールさは何なんでしょう!?病み付き間違いなしグルーヴ満載っす」

Use me


Lonely Town, Lonely Street


テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Down To Earth / Music From The Motion Picture * 2001 Epic | Home | Uncle Jam Wants You / Funkadelic * 1979 Warner

コメント

御無沙汰です!

Bill Withers のLive!
買おうかどうか?真剣に悩んでました!
記事読んですっきり!
買うことに決定しました。
面白い記事が多いので、また、遊びに来ます!
それでは。

2006/01/31 (Tue) 00:02 | リュウ #- | URL | 編集
Bill Withers

まいどです。
コノおやっさん。
なめてかかったらエラい目にあいますね。
一番最初のルパン3世に通ずる
ハードボイルドさを感じます。
またエエのん、あったら教えて下さい。
では!

2006/01/31 (Tue) 01:50 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ