Greatest Hits / Queen * 1981 EMI

Mainstream
Queen_Greatest_Hits.png



 熱い戦いが続くW杯も、日本は健闘空しく敗退。ベスト8直前での不運であっただけに、悔やまれます。あの布陣での試合をもう1試合見たかったというのが全国民の贅沢な願いだったわけですが、格上のパラグアイをも零封した選手の結束に誰も怒る人はいません。ここまで頑張ったメンバー、ヘロヘロになって夜中に観戦したサポーター含め皆がチャンピオンだという思いを込め、「We Are The Champions」の気分です。サッカー場でこれからも永遠に歌われ続けるであろうクイーン・クラシックで、本盤に収録のコノ曲や「We Will Rock You」は、これほどスタジアムに映える曲は無いと思っちゃうほどドラマチックに気分を盛り上げてくれます。個人的にはクイーン初体験が“Hot Space”やったので、恥ずかしながら最初はダンサブルなマッチョ・バンドと思ってました。そっちのスタイルも結構好きですが、本来のドラマティックな姿をコンパクトにまとめたのがこのベスト盤。邪道ですが他をあんまり知らんのでお許しを。
 とにかく“凄まじい支持のされかたや”と感じたのがフレディ存命中のライヴ・エイドでのパフォーマンス。ウェンブレースタジアムの全員が大合唱する、あまりの盛り上がりに正直ビックリしました。親しみやすく美しいメロディながら、様々なスタイルで聴かす器用さで幅広く愛されたイギリスの国民的バンドでした。シックの“Good Times”との類似性も指摘された黒いクイーンが楽しめる「Another One Bites The Dust」や、80年代前半のロカビリー・リバイバルに呼応した「Crazy Little Thing Called Love」など色々なスタイルで聴かせてもクイーンらしさみたいなのが一切失われることないのが凄いところ。それはフレディの強烈な個性と、ブライアンのギター、緻密なコーラス・アレンジに拠るところが大きいです。でもやはり強引な寝技で、感動の渦に持っていくのが真骨頂。壮大な組曲にして代名詞といえる「Bohemian Rhapsody」は象徴的作品で皆が知ってる大作。またゴスペルさえ感じる「Somebody To Love」や「Save Me」、「手をとりあって」なども分かっていてもヤラれます。余談ですがフレディ追悼コンサートでジョージ・マイケルが歌った「Somebody To Love」は全世界を震撼させた感動のパフォーマンスで必見。マジで後継者はジョージしかいないとまで皆が思ったほど、奇跡的な素晴らしい演奏が聴けます。あと個人的にずっと好きな曲「You're My Best Friend」は古き良きPopsの香りも素晴らしき逸品。「Good Old-Fashioned Lover Boy」も同じ理由で好きです。またハード・ロックな「Now I'm Here」や「Fat Bottomed Girls」は迫力満点。他も、映画テーマ曲になった緊張感満載の「Flash」や、大袈裟ながらも美しい「Play The Game」など、ベストなので当たり前ですが古典的名曲の雨嵐です。
「一家に一枚のベスト盤といえばコレ。大袈裟ロックを芸術の域に引き上げた見事な作品集!」

Live Aid


Somebody to Love / George Michael & Queen





テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Turn It On Again / Genesis * 2007 Virgin | Home | GOLDEN☆BEST / 山口百恵 * 2009 Sony

コメント

汗をかきもって聴きたいですね!

こんにちは!ezeeさん
オランダがブラジルに勝って準決勝にヨーロッパ勢が残ってくれてよかったですね!!

オランダに善戦した日本の評価も自然と上がりますね。
ベスト8に残ればFIFAからのお金が8億から16億にと2倍もUPしてたのが惜しいです。
まあお金には代えられない健闘ぶりが記憶に鮮やかに残りましたが、、、

クイーンのこのアルバムは徹底的に聴きましたよ♪

2010/07/03 (Sat) 13:58 | まり #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 まさかのアルゼンチンチン大敗と波乱を見せるW杯ですが、各国での日本の好意的な受け止められかた嬉しくなっちゃいます。しかしドイツ、クローゼの活躍は天晴れですな~

2010/07/04 (Sun) 01:51 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ