Masterpieces / Giant Swing * 1999 Cutting Edge

90's Female R&B
giantswing.jpg

 いよいよ始まった南アフリカ・ワールドカップ。マラドーナ監督も勝利し、ヨーロッパNo.1にもなったギリシャ相手に韓国の勝利とアジア勢も嬉しい勝利。日本の長年のライバルチームであった韓国ですが、最近はJリーグでの日韓交流も盛んで馴染みの選手も多く他国との試合では応援しちゃいます。何せ今年の韓国代表は元京都サンガのパク・チソンにイ・ジョンスを擁する応援せんワケにいかんチーム。しかも京都が天皇杯優勝時に所属していたパク・チソンは当時から凄かった名選手。ドリブルは凄いし、シュート・コントロールも抜群で「あ~他のチームよ、気づかないでくれ」とマジで思った天才。京都サンガでプロ・キャリアがスタートした生え抜きみたいな選手で、謙虚なキャラもあって一躍、地元でも人気者となり、当時の黒部、松井大輔(←この時のメンバーは正にドリームチーム!)と共にサンガの屋台骨でした。そんなパクちゃんも、いまや名門マンチェスター・ユナイテッド!皆の予想通り、世界のスターです。寂しいような、嬉しいようなです。一方、日本でも世界に通用するプレイヤーはトルシエが言うように以前は断トツ中田英寿でしたが、今回は本田圭祐ってところが楽しみです。さて音楽ブログ。音楽では日本で世界に誇れる音を構築するっていえばT.KURA氏ってのが真っ先に思い浮かびます。英国のエリーシャ・ラヴァーンで一気に認められ、最近でも安室ちゃんでグッジョブ連発です。このKURA氏が統率してスティーリー・ダンみたいな形式でつくられた本作は10年前ながら興奮の一撃でした。
 中身は黙って聴いてたらホンマに上質な海外R&B。風格ばっちりの音で登場の奥方Michico嬢が歌う「You Say」でカッコええ幕開け。スイングするビートが鬼気持ちええ日本語で歌う「Vibe」も必聴です。ほんとビートの感覚がクール極まりなくセンス抜群。清涼感も感じるラヴ・スクエアのTahirih Walkerは「When I Look Around」が聴きモノでハネ感もばっちり。シュビドゥビ歌うのが最高です。エッジの効いたスネアにEsther Williams & Robbie Danzieがソウルフルに絡む「Woo Me」もたまらんトラックですが、米アトランタのエクスケイプのTameka Scottが歌う「Day & Night」や、盟友Elisha La'Verneの「Should've Been True」などは威風堂々の出来で文句無し。またクールなベースが効いたトラックにLorenの渋いVoが光る「Think I Don't Know」、後の平井堅の名作“Why”も彷彿させるMitch Matlockが情熱的に歌うティンバランド系「I'm Saying Bye-Bye」なども秀逸で、全編まったくダレることなく聴きとおせる素晴らしきアルバム。
「サッカーも音楽もセンスが肝。クラさん、そして日本代表、これからもエエPlay頼んます!」

When I Look Around




テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Ooooooohhh...On The TLC Tip / TLC * 1992 LaFace | Home | With A Little Help From My Friends / Joe Cocker * 1969 A&M

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ