Goldwax Story Volume 2 / Various Artist * 2004 Kent

Southern & Deep
goldwax2.jpg



 ジェイムス・カー以外、ヒットらしいヒットもなく普通なら歴史からも記憶からも消えていくような活動内容だった60年代の弱小レーベル、ゴールドワックス。しかしながら、このレーベル名に特別な思いを馳せるのが我々日本やイギリスといったソウルファンで、ええ音は見逃しません。いまや活発に再発され重要な音源もされコンプリート・シングルまで出されてます。専用のスタジオを持っていたわけでもないのですが、フェイムやアメリカンスタジオといったサザン・ソウルの歴史的傑作が生み出された名門スタジオで録られつつも独特のレーベル・カラーを醸し出してるのがミソ。第1集に負けず劣らず素晴らしき内容で組まれたレーベル・ダイジェストは超オススメです。必須曲から未発表曲(といってもクオリティ高し)まで上手いコト織り交ぜて聴かすナイス編集です。
 まず登場なのがフェイム・ギャングをバックに録られた69年のアレサ・カヴァーとなるSpencer Wiggins「I Never Loved A Woman」。オリジナルの素晴らしさに引けを取らない絶唱で、デュアン・オールマンのギターもナイスな味付けです。深海魚級のディープ代表格Percy Milemは「Crying Baby Baby Baby」に「I Don't Know What You've Got」、在籍していたPhillip & The Faithfuls Love Me」、 The Lyrics with the Topnotes「The Side Wind」と大充実。また切れのいい歌唱が絶品のTimmy Thomas「It's My Life」もなかなかですが、愛らしい顔に艶っぽい声がたまらんレディ・ソウルBarbara Perryの未発表込みの3曲収録ってのが嬉しいところ。「Welcome Home Baby」はじめ、リズム物「Say You Need It」、スロウ「Merry Go Round Of Love」と素晴らしき歌声が満喫できます。ほんとピュアでイイ声です。聴きモノのスロウ・バラードはJames Carr「Woman Is A Man's Best Friend」The Ovations 「Happiness」と看板シンガーでの絶品チョイス。コーラス・グループThe Vel Tones「Darling」も一切文句無し。一方、リズム・ナンバーでは、ミスター・ディープ・ヴォイスO V Wright with the Keys「There Goes My Used To Be」、ブルージーなキバり具合がたまらんDorothy Williams「Country Style」とこちらもグッド・チョイス。そして、昨年に驚愕の編集盤が話題となったジョージ・ジャクソンのGeorge & Greer「Good Times」Wee Willie Walker「I Ain't Gonna Cheat On You No More」とサム・クック曲も激南部仕様で聴けちゃいます。レンジの狭い録音が逆に演奏の生々しさを増幅させてくれます。最後はJames Carrがコレ以上無いという形で世に送り出した大傑作「A Man Needs A Woman」の作者本人O B McClintonのヴァージョンで憎い締め。
「ディープにもほどがあるっちゅうねんっと嬉しい悲鳴の物語。雨の夜、実に味わい深い24曲。」

Barbara Perry「Welcome Home Baby」




テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

昇れる太陽 / エレファントカシマシ * 2009 Universal Sigma | Home | The Motown Anthology / The Isley Brothers * 2009 Motown

コメント

今晩は

Goldwaxちゅうのは私にとっては聖域ですわ
一言で語り尽くせぬ奥深い音色
之こそがサザン・ソウルの醍醐味ですな
Goldwax Story Volume 1~3 良い編集盤です
じっくり噛み締め聴いとります。

2010/07/15 (Thu) 00:44 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集
No title

ゴールド・ワックスはなんといってもジェームス・カーの存在が大きいですね。
でも他のシンガーは知らなかったですが、なかなか良さそうですね。

弱小レーヴェルでもコアなファンがいてこそ成り立っていたんですね♪
ジェームス・カーもO.V.ライトもナマのライヴで見たことが自分の誇りでもあります!

2010/07/15 (Thu) 20:20 | まり #- | URL | 編集
No title

★ナルダン珈琲店主さん
 昔、Vividから出てた盤をこよなく愛しておりましたが、最近のは音綺麗っすね~
古いのが昔より音が良くなっていくのは変な感じですが、がっつり聴けてイイことです

2010/07/17 (Sat) 00:41 | ezee #- | URL | 編集
No title

★まりさん
 O.V.を生で見たってのはイバれまっせ! 
ゴールドワックス系の渋いシンガーのラインナップをちゃんと紹介してた日本の会社にも感謝ですわ。

2010/07/17 (Sat) 00:44 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ