Elvis / Elvis Presley * 1956 RCA

Rock'n Roll + Rocabilly
elvis 2nd



 ああカッコええ。エルヴィス!普段買わない雑誌ブルース&ソウルレコードも、あんまり魅力的なエルヴィスの表紙に中身も見んとついつい購入です。何といっても今年は生誕75周年って事で記念すべき年。じゃんじゃん聴かなあきません。あ~もう、たまらんって感じのRCA初期で、バックサウンドから黒くスイングする歌まで最高づくめ。無敵の1stもグレイトですが、負けず劣らずの賞賛に値するのがこの2ndです。R&Bに独自の歌唱で新たな生命を吹き込んで、“ロックン・ロール”として全世界に広めた功績は今更ながらあまりにデッカイです。サポートのバックメンバーはスコッティ・ムーア(g)、ビル・ブラック(b)、D.J.フォンタナ(Dr)の鉄壁トリオに、ジョーダネアーズのコーラス。最強のロケンロー仕様です。
 アルバムは爆裂R&R「Rip It Up」からで、本作ではコノ曲含めリトル・リチャード曲は「Long Tall Sally」、「Ready Teddy」と3曲も演ってます。リチャードに関してはオリジナルの印象が凄すぎですが、エルヴィス版もロカビリーとして聴けばなかなか。それよりも、ハートを一気に鷲掴みするのが何といっても激傑作「Love Me」。この2ndジャケと直結脳内リンクする、セクシーなバラードです。また激ロカビリーであったサン時代から幾分ソフトになったもののヒーカップ&マンブリン唱法が光るC&W曲「When My Blue Moon Turns To Gold Again」も必聴。コレ以外も、風呂場並みのエコーも雰囲気抜群の甘々スロウ「First In Line」、軽快なPopさも絶妙な「Paralyzed」、迫力あるR&B歌唱が絶品の「So Glad You're Mine」、エルヴィス自らピアノを弾きカントリー曲ながらゴスペルを感じる「Old Shep」と聴きどころ満載。シンプルな編成でも、ずっしりしたビートをバックに激渋の歌唱を披露する「Anyplace Is Paradise」や、本編最後のウェブ・ピアスのカントリー曲を軽快R&Rに仕立てた「How Do You Think I Feel」と魅力的な音が最後まで続々登場。そして素晴らしいのが、ロックンローラーElvisの56年重要曲がボートラでバシッと放り込まれてるトコ。本作のセッションで録られたもののシングル曲となった為、LP未収録となった「Too Much」、「Playing For Keeps」もありますが、その数か月前に録られた4曲は圧巻。Popなスイングも最高すぎる「Don't Be Cruel」、リーバー&ストラーによる世紀の傑作R&B「Hound Dog」、セクシー歌唱も絶品で全てが完璧と言いきれる奇跡のバラード「Anyway You Want Me」、特大ヒットの名スロウ「Love Me Tender」とコノ時期、外そうにも外せんマスト曲の連打です。そんな事でこの2nd。買うならアップグレードヴァージョンの選択必至です。自分が持ってた古い音源から比べても格段に生々しい音圧アップ版で、しかも同時期名録音追加。(←ジャパネットたかた風でお願いします) 間違いなくオススメです!
「なんやいうてもエルヴィス。黒人も認めた革命的なスタイルに惚れ直します!」

Any Way You Want Me




テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

18 Original Sun Greatest Hits / Jerry Lee Lewis * 1989 Rhino | Home | Nightbirds / LaBelle * 1974 Epic

コメント

ezeeさん!プレスリーは、自分が年を重ねるごとに、ウェイトが増してます。自分的にはブルースと同じ位置にあります!ただサウンドはご機嫌そのもの!良いですよねー。今夜は帰ったらプレスリーにします♪

2010/05/12 (Wed) 07:10 | リュウ #- | URL | 編集

★リュウさん
 セクシーでワイルドなエルヴィスはホンマ飽きませんわ。○○な話の兵頭や無いですが、世界の誰もが「時代、変えよるで」とつぶやいたに違いない初期録音はインパクト抜群っすな~

2010/05/13 (Thu) 01:05 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ