Free Soul the classic of Bill Withers * 2007 Sony

70's 〜 Recent Soul
bill free soul
 
 再発のニュースが舞い込み、再び注目のビル・ウィザース。33歳にしてボーイング社の組立工から転職した異色派で、アルバム“Still Bill”は絶対飽きないアルバム10傑にノミネートしたい名作でしたが、健康状態もあってかほぼ引退状態。再評価が進む中、いまいちど聴いておきたいアーティストの一人です。JBのようにシャウトしたり、決して歌い込むソウル・ヴォーカリストではないですが、朴訥としたブッとい声がヤミツキになっちゃいます。リイシュー買う金も無いので、i-tunesからコレを引っ張り出して聴いてますぅ。
 中身はビルのベストとして決定的内容。クルセイダーズとの共演曲が入ってったら完璧やったんですけど文句は無いです。ド頭で代名詞的作品「Lean On Me」がまず登場。87年にはクラブ・ヌーヴァーもヒットさせたゴスペル的クラシック。続いても皆に愛され続ける大ヒット「Lovely Day」で、ジェリー・ナイトのグルーヴィーなベースも印象的ですが、サビのロング・ブレスVoがたまりまへん。そしてAround The Wayの傑作「Really Into You」の元ネタでGrover Washington. Jrの作品に客演した80年名作「Just The Two Of Us」が収録ってのが気の利いたところ。日本では久保田もカヴァーしてましたが、甘美なイントロ聴いただけでときめきます。他は年代順でいくと、日本で言うと殆ど“与作”的名作「Ain't No Sunshine」はグラミーまで獲った作品でデビュー作からの初ヒット。JBファミリーのリン・コリンズやエモーションズ始め数多のカヴァーが存在。同じくデビュー作からの「Grandma's Hands」は多忙だった母の代わりに祖母に育てられたビルの実体験を語ったブルース的小品。1stからは60年代のソウルを感じる「Harlem」も収録です。不朽の名作72年“Still Bill”収録作はハッキリ言って全て必聴で「Lonely Town, Lonely Street」、「Who Is He?」、「Kissing My Love」、「I Don't Know」とマジ最高でクール・ファンクの極み的作品。中でもCMソングともなった「Use Me」はミック・ジャガーでも有名になった大傑作。「Let Me In Your Life」はライヴ・テイクにて収録で、「World Keeps Going Around」も同じ手触りでシビれます。「The Same Love That Made Me Laugh」はエレピがクールで今回の再発で注目の74年“+'Justments”からの逸品。以降の作品からは武骨さよりも優しさが前面になった感じで、75年の「Hello Like Before」などはガット・ギターとストリングスのアンサンブルもエエ感じ。77年“Menagerie”からの「Tender Things」、「I Want To Spend The Night」、「Let Me Be The One You Need」はマッタリ感も研ぎ澄まされつつ洗練されたアレンジに。同時期でアルバムには未収録だった「Hello, Like Before」も美しい佳作です。最後の76年作「City Of Angels」はココで初めて聴きましたがアーバンな感覚も加味されたビルも乙な味わいです。
「バリバリ歌い込まなくとも、ソウルをびっしり感じるビル。現在の音も聴いてみたいもんです」
use me


Ain't No Sunshine



テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Hard to Earn / Gang Starr * 1994 Chrysalis | Home | STRIPPER / 沢田研二 * 1981 Polydor

コメント

http://www.mryosuke.com/

ビルさんまで、このしりーず出てたとですか。
無理あるアーティストをひっぱり出してくることも増えてきてるようですが、
ビルさんなら正解かな。最近のまどろみCM採用なんか聴いても
こういった独自路線、なんか内で秘めるソウルってのは、憎めないんです。

2010/04/23 (Fri) 01:03 | YO-SUKE #mn6gys/M | URL | 編集
まいどです!!

ビル・ウィザースの紙ジャケええですわー だんだんオタク化し紙フェチに、なっとる状態です 
ほんま、どこまで、いくんやろ? ときにezeeさん Live At Carnegie HallでのUse Me 
めちゃファンキーでっせ!! 是非いっとき・なはれ 宜しく。

2010/04/24 (Sat) 00:56 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集

ezeeさん励ましコメ有難うございました!

もう落ち着きました。本当に有難うです♪

そしてビルおじさんは、あの独特のユルさが

かなりお気に入りです!

Liveもユルく、心地よいですよね♪

2010/04/24 (Sat) 23:43 | リュウ #- | URL | 編集

★YO-SUKEさん
 そうですねん、何でもかんでも出てるフリーソウルです。でもジャケの雰囲気と選曲は納得のモノが多いので結構、重宝してます!

2010/04/25 (Sun) 21:36 | ezee #- | URL | 編集

★ナルダン珈琲店主さん
 やっぱ紙ジャケ、いってはりますか~
とても手まわらんです・・ カーネギーのライブはスティルビルのボートラで聴いてずっと狙ってます。さすがエエとこ推薦しはりますな!

2010/04/25 (Sun) 21:38 | ezee #- | URL | 編集

★リュウさん
 色々ありますが、人間は忘却の生き物。うまいことなってますわ。亜流の仙人みたいなビルの歌声も忘れてましたが、再発などで聴くイイ機会ができて本人も喜んでるでしょう。

2010/04/25 (Sun) 21:42 | ezee #- | URL | 編集

ezeeさん、こんばんは。
今日4月25日、福知山線の脱線事故から5年の報道でいっぱいでしたが、そんなニュースの記事のひとつににやりとしました。被災者の会の会報の名前、“Lean on me”っていうんだそうです。こんなところにもビル・ウィザース。

2010/04/25 (Sun) 21:46 | goldenblue #- | URL | 編集

★goldenblueさん
 なんか暖かい話ですね。都会の真ん中で信じられん惨劇でしたが、心の準備無く残された者の気持ちはやりきれんもんやと思います。人間、捨てたもんやないっすね

2010/04/25 (Sun) 22:43 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ