音系戯言

ARTICLE PAGE

Live At The Fillmore west / Aretha Franklin * 1971 Atlatic

fillmore.jpg

完全版が出て話題となったアレサの名作ライブですが、改めてその元となるオリジナル仕様はイイとこ取りの良い編集であったと確認できました。ココではコンパクト且つエエ編集であるオリジナル1枚版をご紹介。何しろここでのバックを務めるのは通常のロードバンドとは違い当時話題のフィルモアでのライブという事でKing Curtis With The Kingpinsですが、なんとそれに加えオルガンにBilly PrestonやMemphis Hornsまで参加の豪華なバック陣となってます。
 雪崩のように押し迫る「Respect」で始まりますが、聴き所は2曲目から。次の「Love The One You're With」は数々のアーティストがカヴァーするステファン・スティルスの名曲ですが何といってもこのヴァージョンが1等賞と確信しております。アレサの迫力ある歌にナイスなホーン、オルガン、そしてファンキーなBernard Purdieのドラムスが絶妙にこんがらがりコノ面子ならではの高揚感が味わえます。続いての「Bridge Over Troubled Water」はサイモン&ガーファンクルのアノ曲ですがバリバリのゴスペルバラードになっておりエレピも最高の絡みを見せます。言う事無しです。中盤はブレッドの「Make It With You」を華麗に決めてから、Ben.E Kingの「Don't Play That Song」。シャッフル調に演奏される中、アレサのスウィングする歌も最高のノリでもうタマリません。マライア・キャリーも初期の頃にライブでこの曲を演ってましたが明らかにお手本はコレでした。終盤「Spirit In The Dark」ではRay Charlesまで登場の豪華共演!
「最後にはフィルモアが完全に教会状態になってます」

Love The One You're With - 3/6/1971 - Fillmore West (Official)


Bridge Over Troubled Water - 3/5/1971 - Fillmore West (Official)


Comments 3

lenmac

わざわざ、コメントまで頂いて有難うございましたー。そうですね、教会です。もう、神秘的な域まで行ってますね、最後の方。
これからも、遊びに来ますねー。

2005-11-09 (Wed) 22:37 | EDIT | REPLY |   

ジャックスケリントン

こんにちは。
TBありがとうございます。
このライヴの完全版が今頃
出て来るとは驚きでした。
まだまだ色々サプライズな
音源がこれからも出てくるんで
しょうね。

又今後ともよろしくお願いいたします。

2005-12-04 (Sun) 00:35 | EDIT | REPLY |   

ezee

Aretha

はじめまして。コメントまで頂いて恐縮です!
完全版はGetしましたが当時LPサイズに無理矢理詰め込むのに泣く泣くカットしたような良い出来の演奏もぎょうさん入ってますね~
 Call Meの激グレイトライブヴァージョン聴けただけで元取った気がしました。
 またよろしくお願い致します!!

2005-12-04 (Sun) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

3 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  「ARETHA LIVE AT FILLMORE WEST」/ARETHA FRANKLIN(CD ALBUM)
  • 最近、ライブ行ってないです。はい。取引先に誘われて行った、ベンチャーズ以来ご無沙汰だなー。だから、ライブアルバム聴くしかないんです。日本では絶対、生で聴けないようなライブアルバムを聴くしかないんです。ソウル、R&Bの名作ライブアルバムは、もう試聴無...
  • 2005.11.08 (Tue) 21:30 | ぶっとんだ音像字
この記事へのトラックバック
  •  アレサ&キング・カーティス
  • マニアックなCDで定評のあるライノレーベルからソウルファンには驚きの音源が出ました。名盤フィルモアウエストのライブの完全版というから凄い。4枚組でステージ3回分の模様が全て収録されていますが、曲順も実際のライヴ通りなおかげで、ヘッドフォンで聴くと当時のフィ
  • 2005.12.04 (Sun) 00:36 | go ! go ! CD Review な~んてな
この記事へのトラックバック