Willy And The Poor Boys / Creedence Clearwater Revival * 1969 Fantasy

Roots Rock
adb231e29fa04c5c44ac3110_L__AA300_.jpg



 やっと生活も落ち着いてきたので、新しき相棒チャーリー(←買った自転車)と共に、桜を眺めつつ地元探検。ケツが痛くなるほど走行しましたが、コロッケが美味そうな小さい肉屋や威勢のいい声が聞こえる魚屋とエエ感じです。そこで途中発見した図書館。京都でタダ聴きできることに味をしめていたので、LPで持ってた懐かしき音源を再ゲットです。チャーリー漕いでる気分が“ダウン・オン・ザ・コーナー”やったのでCCRです。CCRで最初に聴いたアルバムは“ペンデュラム”なのですが、一番好きなのはコレ。当時はすっかり南部に生まれた南部に向けたバンドと思ってったこのバンド。実はサンフランシスコのバークリー出身。純粋なる憧憬、愛情を持ってアメリカ南部の素晴らしき音を追求し、ある意味、ホンマもんの南部サウンドを完成させてます。このアルバムの数年前、ビートルズがLP時代突入を象徴づけるサージェント・ペパーズなるコンセプト・アルバムを作り上げたのに触発されジョン・フォガティがタイトル名にある架空の南部ジャグバンドを想定して作られたトータル・アルバム。久々に聴きましたが、これが何とも素晴らしい。
 やはり冒頭に鎮座する名作「Down On The Corner」が本アルバムの素晴らしさを決定づけます。イントロのカウベルからアルバムジャケの雰囲気そのままに陽気に歌い上げます。そしてCCRらしい軽快なロックンロール「It Came Out Of The Sky」に続いてはレッドベリーのトラッドソング「Cotton Fields」。綿花一面の田舎の風景が目に浮かぶようなツボを得た演奏で、歌にギターの音色と完璧です。また唯一、実際のジャグバンドスタイルで演奏される「Poorboy Shuffle」は洗濯板の音にほのぼのです。ブルージーで重たい「Feelin' Blue」でLPの時はA面が終わったのですが、B面アタマにあったのは力強く当時のベトナム戦争徴兵に抗った「Fortunate Son」。この辺は時代を感じます。エルヴィス初期のサン・スタジオ・サウンドを彷彿させる素朴でシンプルなバンドサウンドが素晴らしい「Don't Look Now」、再びレッドベリー・ナンバーを取り上げた「The Midnight Special」あたりは後半で最大の聴きどころ。ここらあたりは最高としか言いようがない展開。同じ南部指向のグループでも、ザ・バンドよりも分かりやすさに重点を置いたアレンジなどが興味深いです。終盤はこの頃ツアーを共にしたブッカーT&MG'sの“グリーン・オニオン”のCCR版といえる「Side O' The Road」、元々トラデショナルの“ヘイ・ジョー”を改作したような「Effigy」と最後まで実に泥臭く進行してくれます。
「洗練とは無縁の世界で邁進したグレイトなバンド。構造がシンプルなモノは古びませんわ」

Down on the corner 1969


Midnight Special


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Dirt, Silver & Gold / The Nitty Gritty Dirt Band * 1976 Liberty | Home | In Memphis 1972-77 / George Jackson * 2009 Kent

コメント

このアルバムはフェイバリットです

CCRは何といってもこのアルバムですよね!
ジョン・フォガティの魅力が満載です!!

「Cotton Fields」は名曲でビーチボーイスの幻想めいたカヴァーも気に入ってます。

京都の桜はやはり一味も二味も違いますが、東京の桜はどないでしょう。
ezeeさんなら女性のほうに目がいってるのかも(笑)

2010/04/04 (Sun) 17:49 | まり #- | URL | 編集

こんばんは。
CCR、エエですね。
(ベスト盤+αで済ませてて、コレ、持ってないのですが)
昔、バークレイの近くに出向していた頃、仕事で関係したメリケンさんに、「お前CCR知っとるけ、ここの出身やで」、とそのメリケンさんの運転するコルベットの助手席で教えてもらいました。
最近、John Fogertyのソロに少しハマってます。

2010/04/05 (Mon) 20:04 | Substitute #- | URL | 編集

★まりさん
 いや、ほんまジョン・フォガティの声はよろしおま。「Cotton Fields」をビーチ・ボーイズも演ってるって知りませんでした。
桜の方は目黒やら上野、皇居と名所がたくさんですが、近所にも満開の小川沿いがあって満足です。女性も桜の下で輝きますな!

2010/04/06 (Tue) 00:25 | ezee #- | URL | 編集

★Substituteさん
 CCRって南部のバンドやとばっか思ってました。バークレイやったんすね。一回、住んでみたいもんです。
ジョンはソロもちょっと聴きましたが、基本ソロもバンドも一緒ってのが正直でよいです!

2010/04/06 (Tue) 00:29 | ezee #- | URL | 編集

ezeeさん、こんにちは。
これは確かにチャリンコの気分ですねぇ!いいお天気の日にハナウタ歌いながら広い景色の場所へ出かけたくなります。

2010/04/06 (Tue) 08:07 | goldenblue #- | URL | 編集

★goldenblueさん
 ほんまチャリにピッタシなダウン・オン・ザ・コーナー。ペダルもグイグイ踏み込めます! 
最近すっかりカーライフからかけ離れた生活ですので、聴く音楽まで変わりそうですわ。

2010/04/06 (Tue) 20:32 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ