Another Round / Jaheim * 2010 Atlantic

10's Male R&B
jaheim-767745.jpg



 無視するわけにはいかん、オッサンのHip Hop魂をもくすぐるソウル爆裂曲を発表し喜ばせてくれるジャヒーム氏。どれも秀作であったゲットーシリーズでも手腕をふるったケイジーが今回も制作参加してる聞きゃあ、買わんわけにはいきません。テディ・ペンダーグラスなど一時代を築いたレジェンド達がどんどんこの世を去る中、こういった新世代ソウルマンがしっかり新作アルバムをドロップしてくれるってのは嬉しい限り。顧客セグメント的にはミドルエイジへ向けたアップグレード・ソウルって感じですが若年層の耳にも反応するであろう音作りは流石です。ブッといエエ声で“ホンマモンはこれや”としっかりアプローチです。
 やはり目玉である「Ain't Leavin Without You」にまず惹かれます。ホワットノウツの“Helps Is On The Way”を使ったって言うより完全それをサンプリングしたデ・ラ・ソウル“Ring Ring Ring”を元ネタにしたって言ったほうが俄然とおりがいいコノ曲は文句無しのカッコよさ。30~40代のヒップホップをちょっとでもカジった黒音ファンは“ぬぉ~~”と雄叫び間違い無しの調べが心地よくグルーヴでJadakiss入りヴァージョンまで入ってます。フィリーソウルの風を今に受け継ぐアイヴァン&カルヴィンのグッジョブが光る70s風「Finding My Way Back」、重厚コーラスも心地よさ満点の激黒ミディアム「Whoa」と3曲聴いただけで万歳三唱の流れ。さらにエレピをバックに感動的なゴスペルワールドが炸裂する「Till It Happens To You」ときた日には知らんオッサンにハイタッチしてしまいそうです。中盤にはオールドソウルファンも狂喜必至のパーシー・スレッジのあの大ヒットをサンプリングした感涙スロウ「Impossible」が登場。この狂ったようなエコ時代。こんな再利用なら大歓迎です。その後もトランスソウルとでも呼びたい「Another Round」、スムーズ感が最高な「Her」とツボをしっかり突いてくる完璧な攻め。後半戦も抜かりなしで1stからのつきあいのエリック・ハドソンが手堅い仕事を披露するミディアム・バラッド「Closer」、重鎮ジェイムス・ポイザーが鍵盤で絡むスロウ「In My Hands」で楽々及第点クリア。i-tunesや日本盤CDにはやや淡白なボートラ「BMW」も収録です。
「天国からテディも“もう、アンタに任した”といったに違いない力作。もう1,000円払いたいですわ」


Jaheim -Impossible



テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

In Memphis 1972-77 / George Jackson * 2009 Kent | Home | Wild Night / One Way * 1982 Geffen

コメント

ゴスペルだったり、ネオソウルだったり、時に渋い路線を走りがちのジャヒームが
洗練された音で、そこにソウルをしっかり根付かせた音で展開してるってのが良いです。

ジャケもクール、1曲目から音もナイスガイで、たまりません。
リミックス曲ももちろん好き。アルバムの並びも、全部好き!
※意識してなかったんですが、あれこれサンプリングしているようで、復習いたしますー

2010/03/29 (Mon) 17:34 | YO-SUKE #- | URL | 編集

KayGeeとずっと一緒にやって、スタイルを変えない。そんな一途なスタイルに男気を感じますね。声は甘いほうやけど、芯が通っててよろしおま。

2010/03/29 (Mon) 18:33 | hiroo #pAfneXZY | URL | 編集

★YO-SUKEさん
 まだ30過ぎなのに、この渋い立ち位置。頼もしい男っすね。なんやかんや言ってデビューからずっと聴いてますわ!

2010/03/31 (Wed) 23:29 | ezee #- | URL | 編集

★hirooさん
 ノーティ・バイ・ネイチャーがずっと好きだったのでKayGeeとの付き合いも興味深々。しかしブッとい芯通ってまんな!

2010/03/31 (Wed) 23:31 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ