FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Motherlode / James Brown * 1988 Polyor

mother.jpg



クリフ・ホワイト氏が'88年組んだ入魂コンピの新装版。いわば名コンピ「In The Jungle Groove」の続編にあたるものでjungleとは甲乙つけ難いモンスター級の名演がワンサカ入ってます。本来こういった後付再編集やお蔵入り曲をリリースするのは議論となるところですが、クリフ氏はライナーでこう書いてます。「ジェームスは'60年代後半~'70年代中盤にかけてあまりにも多作であった上に、音楽・制作・A&Rすべてに於いて組織の反対が無い状況であった為(あまりにビッグネームになってしまった為)どうでもいい作品をリリースしたり発表すべき作品をし忘れたりしてしまった」という事。そりゃなんてったってHardest Working Manですからしょうがおまへん。てな事で御大本人も了承の下、素晴らしい編集盤が正しい形で組まれたってコトです。
 内容はド頭から失神寸前の壮絶ファンク傑作「There It Is」のアポロ劇場1972年未発表ライブ。マジ興奮です。コレがお蔵入りのまま、全世界100億人のJB信者が聴けないままだったと思うと恐ろしくて眠ることすらできません。本当に感謝です!ジェームスとJB'Sに一度火がついたら現代のどのDJがいかなる最先端のイカサマ機材でMixするよりもタイトで勢いある演奏になるとコメントがあり納得。続くHank Ballardの曲をFunk的解釈した「She's The One」、あのSuper Badと同セッションで録られた鳥肌グルーヴ「Since You Been Gone」と書いたらきりが無い粒揃いのGreat Funkの連発。奇跡の発見ともいえる「Can I Get Some Help」(今回の再発で嬉しい長尺版に!)、「Baby Here I Come」も唯一無二のクールさです。また名作“Mother Popcorn”の原形といえる「You Got To Have A Mother For Me」も興味深い録音。リマスターに加え追加された2曲の内Clydeのドラムも熱い「You've Changed」はなかなかの聴きものですが、時期もチョッと違う「Bodyheat (Alternate Mix)」は緊張感にも欠ける蛇足。それでもMust盤であることには変わりありません!
「当時発表された爆弾級名作群と併せ持って聴いとくんなはれ」

Since You've Been Gone


There It Is (Live)


Comments 2

まり

JB信者には必聴盤♪

ezeeさんらしく、JBの愛があふれる記事ですね!
あのアリスの谷村新二がロックキャンディーズ時代にJBを呼んでライヴをひらいたところ、日本での人気はさっぱりで
莫大な借金を背負ったらしいですね。

日本人ももっとJBを聴いて元気ださなこの国は終わりまっせ。

2010-03-06 (Sat) 14:07 | EDIT | REPLY |   

ezee

★まりさん
 谷村新二はエロくても、えらいっすな
とりあえずJBは日本を愛の国にしてくれることは間違いないっす!

2010-03-07 (Sun) 01:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply