FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

The Very Best Of Percy Sledge / Percy Sledge * 1998 Rhino・Atlantic

418DADE9B1L.jpg



 またまたBBC Soul Deepネタですが、サザン・ソウルの回で印象に残ったのがPercy Sledgeの名曲「男が女を愛する時」の逸話。南部マッスル・ショールズのスタジオでパーシーが「何でもコードは任せるから弾いてくれ」とミュージシャンに頼み、それに合わせてほぼ即興で出来上がったのがこの「When A Man Loves A Woman」だったそう。これほど名曲が、こんなにイージーな流れで出来上がったとは意外でした。何はともあれ、我が日本でも完全スタンダード化していて、もはやサザン・ソウル云々の範疇ではない超メジャー曲ですが、大学くらいのときマイケル・ボルトンなるシンガーがリバイバル大ヒットさせていたので更に曲だけが独り歩きした感ありです。ところでこの渋い名バラードを最初聴いた時、大感動し「いったい、どんな人が歌ってるんやろ?」と興味深々でしたが、暫くして歌ってる姿をTVで観た時、その予想とのギャップに唖然。精悍な顔つきの男前な黒人シンガーが歌ってる勝手に想像していたのですが、その御顔はスキッ歯のコミカルなギャグ漫画系。まぁ慣れたら味のある親しみやすい顔に思えてきましたが、やはりこの男の暖かいソウルにはやはり惹かれます。歌は顔やないと、ねじ伏せてくれる名曲集です。
 プロデューサーQuinn Ivyと共に歩んだアトランティック時代の作品14曲に、なかなかオツなボートラ的な3曲が入った気のきいたベスト盤で、勿論ド頭は必殺の「When A Man Loves A Woman」、そして締めもその別テイクってな構成。聴き慣れた曲とはいえ、サザンソウル殿堂入りの激傑作であることは間違い無し。続いて出された66年の「Warm And Tender Love」、ダン・ペン作「It Tears Me Up」と染みるスロウを聴かせてくれます。最も多く選曲された68年アルバム「Take Time To Know Her」からはタイトル曲は勿論、南部の真髄みたいな“音良し、歌良し”の名録音連打。包み込むように優しく聴かす「It's All Wrong But It's Alright」に「Sudden Up」、「Cover Me」、「Between These Arms」と充実のバラードの数々です。唯一のリズム・ナンバーでボビー・ウーマック作「Baby, Help Me」もなかなかの迫力。だんだん売れなくなってきたとはいえ69年以降のシングル曲も秀逸。丁寧に歌い込む「Bless Your Little Sweet Soul」、カントリータッチの「My Special Prayer」、名曲というしかない「True Love Travels On A Gravel Road」などレベル高し。また普通のベストと違って注目なのは、アトランティック以降も2曲入ってるトコ。マラコのJoe Chapman版で初めて聴いた時、名曲ハンコを一発でついてしまった74年カプリコーンからの大傑作スロウ「I'll Be Your Everything」、94年“Blue Night”から奇跡の復活バラード「You Got Away With Love」が嬉しい収録。時が経てども最初からなんも変わらん暖かさでハートぽっかぽかです。あ、ぽっかぽかと♪(←桂三枝調で頼んます)
「ジャケのアートワークも含めまさにベスト・オブ・ベスト。安もんのコタツより温まりまっせ。」

My Special Prayer



Comments 6

Substitute

こんばんは。
「When A Man Loves A Woman」の成り立ちは、
Soul Deepの中で印象的な場面のひとつでした。
> その御顔はスキッ歯のコミカルなギャグ漫画系
あはは、そうですね。
誰か日本のコメディアンを連想してしまうんですよね。
誰だろう? ハナ肇かな? 

2010-01-23 (Sat) 23:55 | EDIT | REPLY |   

まり

同じく顔で衝撃をうけましたね

LPのジャケでこの人の顔を見たときガマ蛙を想像しましたね(^_^;)

この名曲が生まれたのは、あっさりしてたんですね。
「マイ・ガール」もスモーキーロビンソンいわく天から3秒で降ってきたと、、、

人間も出会った瞬間で、あっコイツと気が合いそうだとか
嫌な奴っちゃとか決めてるし第6感的なスピリチュアル・ソングなんでしょうね。

「男が女を愛する時」は運命の人と会ったときのような胸の高鳴りを感じます。

2010-01-24 (Sun) 19:58 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Substituteさん
 南部のアーシーなサウンドにピシャリはまったパーシー・スレッジ。コミカルな顔とは裏腹に、実にウォーミーな歌ですね~ 
ビジュアルはたしかに昭和の芸人系っすな!

2010-01-25 (Mon) 00:24 | EDIT | REPLY |   

ezee

★まりさん
 ガマ蛙とは・・笑てまいますやんか!
しかし憎めん人懐っこいお顔ですよね。
私も、結構インスピレーションなんかで瞬間的に人を判断してることが多いですわ。
ええんか、悪いんか分かりませんが・・・!

2010-01-25 (Mon) 00:29 | EDIT | REPLY |   

リュウ

スローが得意なパーシーさん。
早い曲にニンマリしてしまうのは自分だけでしょうか(笑)

そこに人柄の良さっぽいのが出てる気がしてなりません。

その癖、バラッドは本当に泣かせるんですよね・・。

ナニワのソウルおじさんな感じがたまりません!

2010-01-26 (Tue) 21:29 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 ほんま人の良さそうな顔してますね。この人。
人柄が歌にもにじみ出てるって感じですが、それゆえスロウは泣かせます!
 単なる一発屋ちゃいまっせと、もっと告知したいっすね~

2010-01-27 (Wed) 00:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply