FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Call Me / Al Green * 1973 Hi

call me



 スタックスと共にメンフィスの最重要レーベル“Hi Records”。数多くのスターを輩出した名門中の名門ですが、その黄金期を築いたプロデューサーでアレンジャー、エンジニアのウィリー・ミッチェル氏が永眠。ウィリーが全盛期70年頃から送り出した、あの独特のハイ・サウンドは聴けば聴くほど虜になる素晴らしき音です。そのクールなサウンドはHip Hopにまで受け継がれ、RZAはじめ信者も大勢存在。またキース・リチャーズの1stでも傑作「Make No Mistake」を手掛けアルバムの格を一気に上げたのもウィリーでした。重厚かつ甘美でタイトなビートに乗るディープ・ヴォイスって構図には、いまだにシビれまくりです。ハワード・クライムスやホッジズ兄弟を擁したシャープなハイ・リズムに、メンフィス・ホーンズ、そしてハイの音を象徴的なものとしたザ・メンフィス・ストリングス!これらを総指揮しドン・ブライアントにアン・ピーブルズ、オーティス・クレイなどと共に数多い名録音を残してくれたウィリーにはホント感謝です。特にアル・グリーンにウィスパー唱法を叩き込み大スターに仕立て上げた功績は国民栄誉賞もの。もうアホほど名盤がありますが、ここはやはり、その功績を讃え代表選手アル・グリーンです。
 本作は冒頭タイトル・トラック「Call Me」からHiの象徴的サウンドが炸裂する名盤。スタックスから流れてきた名ドラマー、アル・ジャクソンとウィリー、アルが共作したヒット作品で快調にスタートです。そしてコレがあるからたまらん甘美な世界「Have You Been Making Out O.K.」が登場。多くの女性がメロメロになったのも激しく理解する、絶妙ファルセットもピシャリはまります。同じくHiのクワイエット・エレガンスもカヴァー。全編、ウィリーとアルの素晴らしき協業が続きますが、特に後半戦は凄まじき展開。ヒット曲でもある「Here I Am」はどっしりしたハイ・リズムに力強いアルの歌ががっぷり四つで突き進む激傑作。またアル自身もよっぽどお気に入りと思われ90年代に再録音もしたウィリー・ネルソンのカヴァー「Funny How Time Slips Away」も、ストリングス&オルガンとアルの押し引き唱法が冴えわたる逸品。ハンク・ウィリアムスの「I'm So Lonesome I Could Cry」含め、こういった曲を聴くとカントリーもソウルも兄弟関係やなぁ如実に感じます。そして本作で個人的に最も好きなキラー・ミディアム「You Ought To Be With Me」が登場。もう、完璧といっていい曲で高揚するアルの歌といい、センス抜群のティーニー・ホッジズのバッキング・ギターといい惚れぼれします。最後はクールなゴスペル、「Jesus Is Wating」で締め。
「こんなセンスのええアレンジャーはそういません。数々の名作をホンマおおきに!」

Al Green - You Ought To Be With Me



Comments 8

hidekichi

Hi Records

StaxやMotownのサウンドも個性的ですが、あのCoolな一見ベターっとしたGrooveが唯一無比でしたね~。

21世紀に入ってAlのアルバムを制作したり、Grammyで特別功労賞?をもらったりと、まだまだ元気なのかと思ってましたが...

残念です。

2010-01-08 (Fri) 23:55 | EDIT | REPLY |   

ナルダン珈琲店主

あっ!!そうそうウィリー・ミッチエル 遂、此間亡くられたみたいですよ(合掌)
Hiサウンド聴きながら偲びますかな 和み系{Call Me}も中々乙なものですね
愛聴しとります。

2010-01-09 (Sat) 17:19 | EDIT | REPLY |   

ezee

★hidekichiさん
 最初、聴いたとき「えらい、こもったサウンドやな」と思ったモンでしたが、すぐやみつきに。
ほんまクールな音っすね。
まだまだ影響力放ちそうです!

2010-01-10 (Sun) 13:50 | EDIT | REPLY |   

ezee

★ナルダン珈琲店主さん
 Hiサウンドは激ディープ系ヴォイスも相性抜群ですが、アル・グリーンとの仕事が一番好きですわ。
コノ時代、どのアルバムでも聴きどころあるのが凄い!
メンフィスの立役者に今一度感謝です。

2010-01-10 (Sun) 13:53 | EDIT | REPLY |   

goldenblue

ezeeさん、こんばんは。
年明けからの怒涛のSOULシリーズ。やっぱりかっこいいですね。改めてええもんはええ、とソウル、R&B、ブルースにはまっているこの頃です。
アル・グリーンは特にあったまりますね。この甘ぁ~い世界にどっぷり浸れば、世界は平和になるはず・・・と大袈裟ではなく思ってしまいます(笑)。
遅ればせながら、今年もよろしくお願いします。

2010-01-10 (Sun) 23:02 | EDIT | REPLY |   

YO-SUKE

なにげにちゃんと聴いてませんでした。というか、確かアルのアルバムが、
2枚のCDに4枚がコンバイルされたCDが出ちゃったせいで(4in2 って言うんですかね)、
買ったはいいものの、買って満足状態となってしまってました。。。
ちゃんと聴いてみます。というか、ラストがゴスペル?当時から、世俗だけじゃないところが、良いですね。

2010-01-11 (Mon) 09:21 | EDIT | REPLY |   

ezee

★goldenblueさん
 アル・グリーンは女性だけでなく、男性もごっつい惹かれるシンガーっすね。
ちょっとしたフレーズにシビレまくりです。サム・クック同様、熱いゴスペルスタイルも持ってるし素晴らしすぎです!
私にとってJ.B.同様全部、聴きたくなったカリスマシンガーですわ。
今年もこんなエエ音楽聴いて平和にいきまひょ~

2010-01-12 (Tue) 01:02 | EDIT | REPLY |   

ezee

★YO-SUKEさん
 アル・グリーンはどんな形にせよ、ずっとカタログ化されてないといけない米ソウル界の宝!
どのアルバムにもキラーチューンが入ってるのも凄いと思います。
4in2? これから改めてじっくりいっといてください~

2010-01-12 (Tue) 01:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply