The Definitive Ray Charles / Ray Charles * 2001 Rhino・Atlantic

50's Pioneers
411D0JPusKL__SL500_AA240_.jpg

 正月からNHKが放送してるBBCドキュメンタリーSoul Deepシリーズはなかなかオモろい番組です。BBC制作でルイ・ジョーダンあたりからの大衆黒人音楽の発展を「Birth Of Soul」と題しルース・ブラウンやエタ・ジェイムスの証言と共に実に的確に捉えた構成は見事でした。その中心にいたのが巨匠レイ・チャールズ。ジェイミー・フォックスの熱演もいまだ強烈に印象に残る伝記映画「Ray」も実に素晴らしい映画でしたが、いま一度レイ・チャールズを聴きたいと思った時にアホほどある編集盤でも最も優秀なのがRhino仕事のコレ。本質を大事にした仕事は年初に相応しいブツですわ。
 もはやリズム&ブルースの範疇で語ることのできない天才ですが各時代の秀作をバランス良く2枚組で46曲収録。中でも圧巻は50年代アトランティック時代。まさにこの時代こそ、ゴスペルのコール&レスポンスやジャンプ・ブルースを自らのスタイルに昇華させBirth Of Soulと言われるスタイルを築いた時代。後の代表曲よりコレを聴いて自分も一発で虜になった強烈R&B「Mess Around」はやはり最高としか言いようのない逸品。スウィングしまくるピアノに迫力満点のレイの歌が乗っかる構図は何回聴いても震えます。初のNo.1ヒットでありR&Bやロックンロールの元祖とも言える「I Got A Woman」は近年ではカニエ氏にもサンプリングされHip Hopともなった金字塔的傑作。リズミカルな「This Little Girl Of Mine」、激渋スロウ「Drown In My Own Tears」、ゴスペル・スタイル爆裂の「Leave My Woman Alone」といいGeniusの異名をとるに相応しい鳥肌録音の連続です。そしてこの時代のレイで忘れちゃならぬ女性コーラスグループ、レイレッツのマージーとの凄まじきVoバトルにもシビれる「(Night Time Is) The Right Time」あたりのブルース・スタイルもかっこよすぎです。クールなエレピから熱いコール&レスポンスが繰り広げられるゴスペル・スタイルも最高な大ヒット「What'd I Say」は内田裕也師匠も皆でキメる時必ず演る代表曲。ストーンズが1stライブEPでカヴァーしてたハンク・スノウ「I'm Movin' On」等も入っていて、なんせスリル満点のR&Bが目白押し。アトランティック時代はグレイトの一語に尽きます。よりポピュラーになったABC時代は代名詞ともなった「Georgia On My Mind」はじめ「I Can't Stop Loving You」などオーケストラもバックに配したカントリー・ソウルの有名曲の連打ですが、レイレッツとの激R&B「Hit The Road Jack」やラテン風味もクールな「Unchain My Heart」、グルーヴィーな「I Don't Need No Doctor」あたり黒さ満開でたまりません。オーケストラ・サウンドとの壮大なバラードでも「That Lucky Old Sun」など名唱が結構あるので侮れません。67年クインシー・ジョーンズとの「In The Heat Of The Night」や、ディープなビートルズの「Yesterday」あたりも聴きものです。また70年代以降もブルック・ベントンの「Rainy Night In Georgia」の俺流カヴァー、サザン・ソウル調「The Jelous Kind」、ブルース・ブラザーズとの「Shake Your Tailfeather」、デジタル・サウンドとも相性の良さを見せたChaka Khanとのデュエット「I'll Be Good To You」など美味しいとこの絶妙チョイス。天才レイの歴史を総括するに相応しい好編集です。
「混沌とした2010年代の始まり。しっかり本質を見極め邁進せなあきませんな。」

Ray Charles - Whatd I Say


Hit the road Jack!



テーマ: おすすめ音楽♪ | ジャンル: 音楽

Best Soul Masters Vol.1 / Sam Cooke with The Soul Stirrers * 1996 Specialty・P-Vine Non Stop | Home | Let It Bleed / The Rolling Stones * 1969 Decca

コメント

いや、ほんまに

ezeeさん 明けまして、おめでとう御座います 相変らず、ローリング・ストーンズ レイ・チャールズと
快調に飛ばしとりますなぁ 一寸前に ライノから{Genius & Soul・The 50Th Anniversary Collection}
に全曲入っとりますな アトランテック~ABC時代迄 良い所どりに御座います 
そいで気合入れて{Pure Genius: The Complete Atlantic Recordings (1952-1959) }
聴けばレイ・チャールズ偉大さが良く分かりまっせぇ~ ひた走る音楽オタク道 やめられまへんな。

2010/01/06 (Wed) 00:06 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集

ezeeさん、遅ればせながら明けましておめでとうございます!本年もSoul魂溢れる記事楽しみにしてますよ~。

そして、RayさんはBestのアナログ購入して聴いてます(4枚組)

時代の変遷が分かって面白いですよね!

でも、(Night Time Is) The Right Time辺りがやはりツボです!
バラッド親爺の頃も、結構好きなんですが・・笑

やっぱり、この辺はたまりません!

2010/01/06 (Wed) 21:27 | リュウ #- | URL | 編集

★ナルダン珈琲店主さん
 おめでとうございます。
今年もカッコええもんに、しっかりアンテナはってエエもん聴いてゴキゲンさんといきたいですわ。
またエエのん、教えてくださいね。

2010/01/07 (Thu) 00:12 | ezee #- | URL | 編集

★リュウさん
 おめでとさんです! 
レイ・チャールズほど偉大な天才となると、表層的には色々変遷してても基本はあんまり変わってなくて面白いっすね。J.B.と一緒ですな。
ほんで私はルイ・ジョーダン系の爆裂ブギウギ「Mess Around」がやっぱ一番ツボですわ!

2010/01/07 (Thu) 00:16 | ezee #- | URL | 編集
全く遅いけど

今年もよろしくお願いします。

レイチャールズは存在は知っていても正直深くは聞いてはなかったですが…渋い、深い!

2010/01/07 (Thu) 21:50 | くま #- | URL | 編集

★くまさん
 今年もよろしくっす。
レイ・チャールズとくまさんはなかなか結びつかないですが、意外とくまさんの熱いVoと合うかも。
また熱い歌、たのんまっせ~

2010/01/08 (Fri) 00:04 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ