Our Man In Paris * Dexter Gordon * 1963 Blue Note

Hard Bop
4988006822603.jpg



 ぶっとい音での武骨なブロウが、いつ聴いても胸の奥底にある男気スイッチをOnにしてくれるデクスター・ゴードン。“チンチンついてるからにはテナーはこう吹かなあかん”とでも言ってるような音色は、豪快でホンマかっこええです。結構、好みの作品が多い人ですが、「あ~チュニジアの夜が聴きたいっ」と思う時、真っ先にチョイスしてしまうのがデクスターの本作。50年代は麻薬に溺れてヘロヘロやったのに、60年代奇跡の復活を果たしブルー・ノート・レーベルで名作連発。これもその時期の作品です。数年前、仕事でつきあいのあったJazzマニアの家で何百万するオーディオで爆音で聴かせてもらった「チュニジアの夜」の感動は忘れません。ブルーノート時代は何作か聴きましたが、ヨーロッパに渡ってから最初の録音となる本作はジャケも渋く中身も最高。スタンダード中心で聴きやすさも抜群です。
 さてこのアルバム。晩年のバド・パウエル(p)の体調の都合で新曲ではなくスタンダードに急遽変更となったらしいですが、結果的にコレが生まれたのでヘロヘロのバドにも感謝。映画「ラウンド・ミッドナイト」もこの頃のバド・パウエルがモデルです。また、やたら手数の多いドラミングのケニー・クラーク(ds)もえらいカッコええです。冒頭に鎮座する「Scrapple From The Apple」からケニーも全開で、ぶっきらぼうなデクスターのブロウとの相性も抜群です。テーマから適度な緊張感も維持しながら、グイグイ攻撃的プレイ炸裂。レースのファンファーレ・フレーズなども導入した遊び心もたまらん傑作。じっくり自然体でプレイする「Willow Weep For Me」も“オール・マン・リヴァー”を挿入したりデクスターらしいアプローチで引き込みます。続くスウィング感満載の「Broadway」はデクスターの必殺単音責めからハーモニックスまで自在にプレイ。グルーヴしまくる演奏がたまりません。バラード「Stairway To The Stars」ではムーディながら甘々にならないとこがまたエエ感じ。そして最後は最高すぎる名セッション「A Night In Tunisia」。ピエール・ムシュロ(b)のド頭のベースからシビれますが、デクスター本領発揮の剛球ストレートが冴えわたります。テーマからソロまで全盛期スタン・ハンセンの如く熱いパフォーマンスが味わえます。またバド・パウエルのいぶし銀プレイやケニー・クラークの派手なソロも絶妙。全編、まさに渾身のプレイが満喫できます。
「クールな音とはコレなんやと教授してくれる男、デクスター。入魂の1枚ですわ!」

A Night In Tunisia



テーマ: JAZZ | ジャンル: 音楽

Four & More / Miles Davis * 1964 Columbia | Home | Propositions / Bar-Kays * 1982 Mercury

コメント

毎度です!!

デクスター・ゴードンも聴かれるのですな今回は渋い所 持ってこられますなぁ
新にルーヴァン・ゲルダーがリマスター施し音も格段に良くなったブルー・ノート紙ジャケ 
1500番・4000番の諸作品 私も棚から出して久々に聴いてみたくなりました
チンチンついてるからにはテナーはこう吹かなあかん!!この、お言葉は格言に
御座います 今時の草系男子諸君 肉食男根目指し日本を明るくし我々老後を安心させて
おくんなましですな まだ早いですな(笑)

2009/11/19 (Thu) 22:42 | ナルダン珈琲店主 #- | URL | 編集

小細工なしのでっかいノリのアドリブに、圧倒的なぶっとい音色。私のココロの師匠の一人でもあります。
『ラウンド・ミッドナイト』での恐らく地のままの「演技」にもやられました。
何百万もするオーディオで一度聴いてみたいです。

2009/11/20 (Fri) 07:59 | ac #uSN.aCDM | URL | 編集

★ナルダン珈琲店主さん
 しかし、男らしいテナーです。
最初、なんかぶっきらぼうな吹き方やなぁと感じましたが、聴くたびに魅了されました。バックの面子もエエ味だしてます!

2009/11/21 (Sat) 01:55 | ezee #- | URL | 編集

★acさん
 最近、買ったとき以外、殆どi-podでしか聴かない私がいうのも何ですが、その金持ちのオーディオセットで聴いたときは「ええ音聴くにも、金なんか・」と思っちゃいました。
でも、安もんのオーディオでもぶっとい音出すデクスター氏は最高っすな!

2009/11/21 (Sat) 01:58 | ezee #- | URL | 編集

ezeeさん、こんにちは。
僕もコレは好きですねぇ。ずっと前にブログ記事で「パ・リーグの5番打者みたいな」と書いたことがありました。豪快スイングでホームランをかっ飛ばす長打力もあるけれど、ランナーたまっている場面では犠牲フライもきっちり打てる、頼れる寡黙な打点王・・・みたいな。
確かに男気スイッチONになる音です。

2009/11/22 (Sun) 13:31 | goldenblue #- | URL | 編集

★goldenblueさん
 クリーンナップに、こんなのがいるとおもろい打線ですな~。小細工は無しに、常にバットは長く持つ侍ってとこがよろしおます!

2009/11/23 (Mon) 15:17 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ