Long Player / Faces * 1971 Warner

Roots Rock
cd_faces_longplayer.jpg

 ロッド・スチュワートが最も輝いていた時期のアルバムのOne Of Them。フェイセズとしての2枚目となるアルバムですが、70年代初期のロッドのソロアルバムはバックをフェイセズのメンバーが務めている曲が多く、殆どフェイセズみたいなアルバムが多いのも特長でその境界線がエエかげんな所も好感が持てます。フェイセズとしてはこのアルバム以降の3枚はどれも甲乙つけ難い名作揃いですが、ソロ作との違いを一つ挙げるならばロニー・レインがキッチリ色を出してるところでしょうか。ロニーのぶっといベースと素朴な歌声がしっかり聴けるのがフェイセズをフェイセズたらしめる場面とも言えます。またストーンズ移籍後も素晴らしいロン・ウッドがゼマティスのギターを自由奔放に弾いてるのも魅力で、ストーンズでの控え目なプレイと違いたっぷりとウッディの泥臭いギターが満喫できるのも◎です。
 さて本アルバム内容はごった煮感も素晴らしい力作です。1曲目の「Bad 'n' Ruin」から最高でスライドも絶妙のウッディのギター、イアンのハモンド、グングン迫るロニーのベース、強弱バッチリのケニーのドラム、力強いロッドの歌と問答無用のカッコ良さっす。フェイセズ版ファンキー・グルーヴがしっかり堪能できます。次のロニー・レイン作のサザンソウルっぽい「Tell Everyone」も文句無しの傑作でロッドの感情こもった歌も光ります。曲のタイプは全然違えども、このごった煮感がフェイセズの真骨頂。冒頭のコノ2曲が本作のハイライトと言いきっちゃいます。また、なぜかライヴ音源も2曲ありPaul McCartneyの名作「Maybe I'm Amazed」はロニーからロッドのマイクリレーもエエ感じの名カヴァーで、イアン・マクレガンのオルガンとウッディのアーシーなギター・ソロも抜群の出来。もう1曲のライヴ「I Feel So Good」もバタバタのケニー・ジョーンズのドラムが何ともフェイセズらしいノリノリジャムです。ウッディ=ロニー=ロッドの三つ巴共作ロッキン・ナンバー「Had Me A Real Good Time」の豪快なノリもこのバンドならでは。ロニーが唄う牧歌的な「Richmond」、「On The Beach」や、ロッドの哀愁的名唱とロニーのフォーキーな感覚が見事融合した「Sweet Lady Mary」もたまらん聴き所。まだロッドがバンドの一員に徹してるところが、なんともエエ感じです。
「チーム・プレイの見本みたいな名盤。20年聴いてますが、まだ飽きまへん!」

The Faces - Maybe I'm Amazed


Faces - "Richmond"




テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Burst City (爆裂都市) / Original Sound Track * 1982 SeeSaw | Home | Music From Big Pink / The Band * 1968 Capitol

コメント

はじめまして

始めまして。とても内容が充実していておもしろいです。また来ますね!!

2005/10/15 (Sat) 11:04 | ziene #- | URL | 編集
TBどうもでした

自分からもTBさせて頂きました。

他のエントリも少し読ませて頂いたんですが、いろんな音が紹介されてて面白いですね。・・・あと背景がいいです~。

また遊びに来ますね。

2005/10/15 (Sat) 19:44 | しゅりーぷ #- | URL | 編集

★Zieneさん
 おおきにです。わりとオナニー系なのにお褒めの言葉ありがとうございます。またよろしゅうたのんます!
★しゅりーぷさん
 どうも昔聴いたものの影響が大きくて・・新しいロック系がさっぱりわかりません。ただ広く浅く聴いてないとイイモノを逃す気がしまして・・またエエのん教えてくださ~い! 

2005/10/16 (Sun) 02:04 | ezee #- | URL | 編集

始めまして ezeeさん(^^♪TBありがとうございます。フェイセズは大好きです。ブログでフェイセズ好きなブロガーさんに出会うと同志ってかんじですよね!!ロッドが一番輝いていた時期ですもんね。また 遊びにきます。

2007/02/18 (Sun) 11:23 | まり #- | URL | 編集

★まりさん
おおきにです。スタンダードをやり始めたロッドには????でした。フランク・シナトラにでもなりたいんかいな?って感じでしたが、やはりこの頃のロッドは格別です!

2007/02/19 (Mon) 01:25 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

座標軸の中心 こないだから、ロックとしかいいようがないものばっかり書いてます。そ

2005.10.15 (Sat) 19:34 | shlp blog

 酔いどれロックンロールバンドとして名高いフェイセス。後期には山内テツを迎えて活動継続するもやっぱりバンドメンバーの自由勝手さが祟って解散。まぁ、しょうがないな、って感じでそこもいい加減なところが彼等の強

2007.11.24 (Sat) 20:40 | ロック好きの行き着く先は…
このページのトップへ