Subway Express / 矢沢永吉 * 1998 EMI

J's Mainstream
subway.jpg



 日本の誇るハーデスト・ワーキング・マンも昨年は充電でしたが、今年はNewアルバム発表、ライブと精力的な活動再開。NHK Songsにも登場し衰えぬ矢沢節連発で最高です。最近のサプライズはシークレットゲストとして登場した野外ライブap bank fes’09への参加。小林武史やミスチルの櫻井和寿のbank Bandをバックに(←これも凄い!)名曲「Yes My Love」や「止まらないHa~Ha」、スロウ傑作「いつの日か」で共演し、永ちゃん目当てでない観客まで一気に虜にしたパフォーマンスで皆が度肝を抜く伝説をつくったそう。それは次にトリで出る予定だったミスチル櫻井氏が「困った、これほど自分が小さく感じるなんて」と言ったり、小林武史が「声、パフォーマンス、すべてで偉大さを痛感した」とコメントしたほど。何でもバックでついたbank Bandが演奏中に永ちゃんを見たくてしょうがなかったって感じるほどのオーラだったそうで、共演者がファン丸出しになってしまったって逸話も残しました。偶然会ったスポーツジムで参加オファーした小林氏も偉いですが、即OKした永ちゃんも流石です。コレ見るために放送予定のスカパー加入したいくらいです。著書「成りあがり」や不良音楽のイメージだけで敬遠する向きも多い人も多い人ですが、カッコええもんはカッコええんです。ただ、それだけです。今年還暦でこんなにカッコええ日本人もそうそういません。そんなことで、やっぱ永ちゃんです。10年前に過去の作品をリメイクした本作もヤザワ・クラシックがパワーアップした良い作品でした。
 中身は70年代ソニー時代の既発表曲をぶっといアレンジでアップデイトさせたものですが、コレがまたイケてます。「馬鹿もほどほどに」、「サブウェイ特急」なども実にタイトに生まれ変わってます。昔バンドでもよくコピーしたR&R「黒く塗りつぶせ」や「バイ・バイ・サンキューガール」は何度聴いても燃えます。NHK Songsでも取り上げていた激名曲「チャイナタウン」は改めて最高のメロディーが心の琴線を強烈に刺激。ほんま「このアレンジで聴きたかったんや」と思わせてくれました。感動必至の「親友」、クールなスロウ「古いラブレター」に「燃えるサンセット」、記念すべき1stからの「セクシーキャット」、オリジナルも素晴らしかった「アップタイト」など「どんだけエエ曲あんねんっ」と敬服する新装開店14曲。
「50歳を迎える時に渋くぶっとく成長した声で歌った、若き日の名曲群。しかし歌、上手いですわ」
チャイナタウン


バイ・バイ・サンキューガール



テーマ: おすすめ音楽♪ | ジャンル: 音楽

Cocktail / Original Motion Picture Soundtrack * 1988 Elektra | Home | She's The Boss / Mick Jagger * 1985 CBS

コメント

[バイ・バイ・サンキューガール]は、私のMy Favorite singです!
これは聞かないと…です!!
ありがとうございます!

2009/08/01 (Sat) 12:42 | samyu #dNm2mw72 | URL | 編集

★samyuさん
 バイ・バイ・サンキューガール!
もう、たまらんっすね~ これが入ってた「kiss Me Please」もメチャ好きでしたヨ
自分を厳しい立場に追い込んで、偉業を成し遂げてきた永ちゃん。人間として尊敬しますわ

2009/08/03 (Mon) 00:18 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ