FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Skin Tight / Ohio Players * 1974 Mercury

Ohio Players Skin Tight  (1974)



 夏だ、ファンクだ、脱ぎたいぞ!(←意味不明)ってことで、やっとこさ長かった梅雨も明け、思わずまとわりつく服を脱ぎ捨てたくなる季節の到来です。ここはジャケからして1枚1枚素晴らしい肌露出系のエロ・アートで一世を風靡した、オハイオ・プレイヤーズです。同郷である80年代の灼熱ファンカー、ロジャーが常日頃から「すごい、すごい」と事あるたびにリスペクトの念を言葉にしていたバンドが、このバンドです。90年代にファンクが再び脚光を浴びた時に来日した際、チケット持ってたにも関わらず会場に仕事で遅れてしまい、ライブでは1曲しか聴けなかったという個人的には苦い思い出も。そんな彼等のエロすぎるジャケ(本作も中の見開きはスゴイ)と共に、内容充実なのが70年代のマーキュリー時代のアルバム達ですが、その第1弾となった記念すべき充実ファンク作がコレ。ドラムスにジェイムス・ウィリアムス、キーボードにビリー・ベックが加わり、彩りを増す中、しっかり球種も増やした黄金期の幕開けです。
 なんやかんや言ってもオハイオ・ファンクで最高峰と言っていいのが、冒頭に登場する不朽の名作「Skin Tight」です。ベース抱えた日にはまず弾いてしまう気持ち良さ満開の大ヒットフレーズを軸に延々続くファンク道。もう理屈抜きにカッコええ8分間で、未練たらたらですがホントにライブで体感したかった曲です。G&Voの名物男シュガーフットことリロイ・ボナーも絶好調。ちなみにコンファンクシャンのマイケル・クーパーも後年ソロでバシッとキメてました。続いてタイトなバスドラ&ハイハット刻みからカッコええホーンセクションが合流する「Streakin' Cheek To Cheek」も実にクール。クール&ザ・ギャングも持ってたようなストリート感と洗練さのバランスが抜群です。ブルージーな感触も漂う「It's Your Night / Words Of Love」はシュガーフット大活躍のまったりソウルナンバー。このエロさこそ、オハイオ・プレイヤーズの真髄かもしれません。60年代、オハイオ・アンタッチャブルズとしてディープ・ソウルしてた頃の片鱗も感じさせます。シングルヒットもしたスロウ・ファンク「Jive Turkey」はクルセイダーズをエロくしたような絶妙な味加減でこれまた秀逸。そして「Heaven Must Be Like This」。幾分、ジャジーな雰囲気の中、清涼感も感じさせるまったりスロウでまさに天国気分。こちらはディアンジェロの秀逸カヴァーも存在です。最後は「Is Anybody Gonna Be Saved?」。ハンドクラップが効果的に決まるBPM遅めの腰にくるファンクでビシッときめてくれます。
「こういった大所帯グループが革新的グルーヴを生みだした70s。ええ仕事してまっせ!」

SKIN TIGHT



Comments 4

ナルダン珈琲店主

良いですなぁ

妖しさ漂う甘味な音色 そして俗っぽさと艶っぽさを併せ持つ黒さ 此れがオハイオ・プレイヤーズのノリに御座いますな マーキュリー時代のアルバム全てが真骨頂!!スィート・スティッキー・シング
はたまたラヴ・ローラー・コースターな世界に戯れては如何?良いもんでっせ!!

2009-08-06 (Thu) 18:46 | EDIT | REPLY |   

hidekichi

夏だファンクだ

ぬぎたいぞ!

こりゃウケた!

Mercury時代のOhioは最凶ですね!

そう言えばJive Turkeyなんですが、Mercury移籍時に脱退してしまう【Junie】がリードを取ってるように聞こえますが、どう思います?そう言った意味も含め、このアルバムはまだ少しWestboundの名残があるような気がします。

2009-08-07 (Fri) 18:39 | EDIT | REPLY |   

ezee

★ナルダン珈琲店主さん
 意外とクールでjazzyな面も併せ持ったオハイオ軍団。夏にもピッタリっす。マーキュリー時代も徹底したエロジャケ&腰にくる音は最高っすね!

2009-08-08 (Sat) 01:13 | EDIT | REPLY |   

ezee

★hidekichiさん
 たしかにウェストバウンドの猥雑な香りがコレには、まだありますね。
Jive Turkeyの最初からVoとってるヌメヌメ感はjunieなんすか? そう言われたら完全にJunieの声に聞こえます。コレだけは古いトラックの流用ですかね~ 

2009-08-08 (Sat) 01:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply