FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Let It Be... Naked / The Beatles * 2003 EMI

naked.jpg



 当事者ほど、あるべき姿が分からんようになるってことは仕事でもよくある話。私なんかも同僚に「大将、フルチンでっせ」と言われハッと気づき軌道修正することはしょっちゅうです。何が言いたかったと言うとビートルズのオリジナル盤は、本人等の意向はともかく、絶対的なブツとして全世界音楽ファンの思い入れでいっぱいってこと。ことビートルズに関しては、曲順からして聖典化してるようなシロモノです。元々の形態をイジって皆を納得させるってのは極めて困難なことなんやなぁと改めて感じさせられたのが、このリミックス盤でした。ポールが制作当時にぞんざいな扱いをしたジョージが亡くなって気兼ねなく出せると思ったのではないでしょうが、オリジナル盤リリース当時にジョージつながりで本作に関わったフィル・スペクターの気にくわんかったアレンジを修正して、ポールが思う本来の形にして出された、もう一つの「Let It Be」がこれでした。例えば「Two Of Us」にしたって、冒頭に"I dig a pigmy by Charles Hawtrey and ~~"のセリフが入ってないと、な~んか物足らんのです。インタールード的に入ってった何てことない「Dig It」や「Maggie Mae」も無くなると何とも寂しいんですわ。
 てなことで、オリジナルにはイヤミのように最後に配置された原点回帰を叫んだポールの「Get Back」がド頭に収録。そしてエエ加減に作ったっぽい曲にしては激グレイトな「Dig A Pony」は、スワンプっぽいソウルフルさはキープ。問題のオーバープロデュースの象徴みたいに言われてきた「The Long And Winding Road」は、個人的にはストリングス入りに慣れ親しんだのでごっつい違和感が。コレが本来の形やと言われても戸惑います。例の大袈裟なストリングスもフィル・スペクターも最良の選択をしたのでは?と思わず肩を持ってしまいます。でもエエ曲に変わりはありません。そしてメチャメチャ大好きな「I've Got A Feeling」は結構、印象そのまま。持ち寄り曲の合体ながら個別で発表するよりパワー倍増の好例で、これぞビートルズの魔力です。オリジナルには何故か入らんかった「Don't Let me Down」の収録自体は嬉しいのですが、シングルで聴いてたモコモコ感がスッキリしすぎてコレも違和感。ちょっとこもり気味のサウンドに更に愛着が湧きます。ジョンの癒し系傑作「Across The Universe」もなんか寂しいテイクで、現在パスト・マスターズで聴ける鳥音&サビ・コーラス付きVerに軍配です。最後に収録のゴスペル的傑作「Let It Be」も慣れ親しんだシングルVerを支持。ええ感じで小汚なかったのが風呂に入ってリフレッシュって感じですが、やっぱあの変な体臭が良かったって感じ。綺麗になったけど、あの屋上ライブの光景が目に浮かばんような音です。でも何やかんやいってもRemix。Hip Hop的にいったらこれぐらい“あり”です。Let It Beを気分転換の気分で聴くと実に楽しめる本作。そう思うと、クリアな音質や楽器の分離の良さもエエもんです。演奏コピーするにはこっちの方がええかもしれません。
「ポールご満悦の出し直しVersion。オリジナルのリマスターも楽しみになった迷盤!」

The Beatles - Don't Let Me Down (1969)


Beatles - Dig a Pony


Comments 2

たっきーくまきち

複雑でしたわ

けっこう海賊盤「GET BACK」を聞いて気に入っていたのだけど、これとも違う。
なんか「ネイキッド」とは言うものの、整形バリバリの美人ぽいなぁ…というのが最初の印象でしたわ。

けっこう発売当時聞き込んだけど、やっぱり最後は慣れ親しんだオリジナル盤に戻ってしまいます。

2009-07-27 (Mon) 21:11 | EDIT | REPLY |   

ezee

★たっきーくまきちさん
 なんやねん、ネイキッドって。と思いましたが、新鮮に聴けたのは事実。オリジナルの出し直しリマスターもコレは欲しいところです。アルバム「Get Back」も結構いけましたな。
てなことで本作が大好きなんですわ。なんやかんや言うても。

ところで、いかつさ満点のいがぐり頭・・最高でっせ!

2009-07-29 (Wed) 00:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply