FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Circus Town / 山下達郎 * 1976 RCA

4988017607282.jpg

 玄人筋からも絶大なる支持を得る山下達郎氏のファーストソロアルバム。雑誌とか廻りの友達とかの間でも好評の山下達郎が、実はどうしても苦手で・・ ねっとりした唱法なのか、声質なのか、顔なのか、男として気持悪いのか・・(ファンの人、正に戯言と無視してお許しを) 上手いのは凄く分かるんですが。「絶対、お前ならコレが気に入るハズや!」てな感じで今迄いっぱ~い貸されたり、絶賛アルバムを借りたりして録っては消しの連続でございまして。しまいにアレルギーになって「♪雨は夜更け過ぎに~」とクリスマスになったら必ず流れる歌なんか耳を塞ぎたくなる状態でした。そして会社先輩からの無理矢理貸しながら、やっと気に入ったのがコレ。そんなに嫌なら聞くなよってことですが、皆が美味いもん食ってて、自分がその味を楽しめないのは悔しいので良かった!
 海外録音でN.Y.とL.A.で録られた本作は特に前半のN.Y.録音が秀逸でバックのクールな演奏も聞きモノです。中でも断トツで「Windy Lady」は素晴らしき曲。R&B好きの氏がシカゴをイメージして作ったそうで、チョッとワイルド気味の歌唱含め完璧です。コレはもうホント好きでファンク風味の入ったシティソウルな感触がたまりません。この曲でやっと1曲でやっとヤマタツ話の時、「俺はコノ曲が好きっ」と云えるのができました。フリーソウルな雰囲気の「Circus Town」、ピアノが気持いい「City Way」、コード進行もお洒落な「迷い込んだ街と」、熱い唄いまわしがグッとくる「夏の陽」と他にもエエ曲見つけました。ドゥーワップの雰囲気で迫る「Last Step」あたり、センスの塊。こんなにもフリークが多いのが、遅まきながら実感です。
「これで“ヤマタツの良さが何でわからへんねん!”攻撃をチョッとかわせるようになりました」
WINDY LADY


Comments 5

take

TBありがとうございます

はじめまして。トラックバックありがとうございます。
僕は山下達郎のねっとりした歌い方も、声質も好きなのですが、こういうさらっとしたクールな感じもいいですよね。
こちらからもトラックバックさせてもらいました。

2005-10-10 (Mon) 03:27 | EDIT | REPLY |   

ハリー

こんにちは。

私は基本的にそれほど嫌いではなく、かといって積極的に好きでもない・・・にも関らず
アルバムはそこそこ所持という、性質の悪い
男です。

初期のころはまだしも、ここのところは
凝り過ぎ作りこみすぎのような気がして。
でも、達郎氏の音楽に対する真摯な姿勢は
もの凄く尊敬できるところであります。

2005-10-10 (Mon) 13:02 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Takeさん
 山下達郎のファンの方に申し訳ない記事でしたが、ここでのクールさは私にドンピシャでした。またイイのあったら教えてください!
★ハリーさん
 毎度っす。「Ride On Time」のCMが学校でも「あの汚い奴が水に浸かってるCM」と評判で・・昔の先入観が頭にこびり付いていたり、やしきたかじんがボロカス言うのも影響されちゃって・・いけませんな・・。彼の音楽への探究心はリスペクトすべきで、もっと食わず嫌いせんようにします。(反省)

2005-10-11 (Tue) 00:38 | EDIT | REPLY |   

とおる

私も発売当時苦手でした。
当時日本のロックって内田裕也派とティンパンアレイ派って言われてましたが私は裕也派を好んで聞いていたので完全に後追いですね。
79年大阪のディスコで火がついた「Bomber」や全日空のCMソング「愛を描いて」あたりからですね。
このアルバム憧れのチャーリーカレロにプロデュースしてもらって最高のバックでNYで録音したものの予算がなくて片面NY、片面LA録音になっちゃったんですよね。

2006-11-16 (Thu) 08:54 | EDIT | REPLY |   

ezee

★とおるさん
 予算の関係で一か所の録音やなかったんすか。知りませんでした。私も完全に裕也さん信者でした!でも大人になってティンパン派といわれる音もいいなぁと思えるようになりました。演奏の充実度はティンパン系なんですが、尖がり度っていうかシビれさせてくれるのは裕也さん関連の音なんですよね~

2006-11-16 (Thu) 12:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  CIRCUS TOWN
  • CIRCUS TOWN/山下達郎  シュガーベイブ解散、ナイアガラトライアングルを経て、ついにソロアルバム。1976年の作品。彼の原点がつまっていて、今でもなお愛されている曲だらけ。なんでデビュー作でここまでできるの?というのが、初めて僕が耳にしたときの感想。...
  • 2005.10.10 (Mon) 03:29 | blue jam