FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

The Best Of De La Soul / De La Soul * 2003 Wea

de la soul

 90年代にヒップ・ホップ快進撃の中心にいたグレイトなユニット「デ・ラ・ソウル」の必聴ベスト。当時アグレッシブなレーベルも続々登場で、その中の重要レーベル“Tommy Boy”を個人的にもメチャ好きやったNaugty By Nature等と共に盛り上げた最高のグループ。あまりのカッコ良さに「昔の音源、かき乱しやがって」という自分が持ってた偏見も2秒で吹き飛ばしてくれたセンス抜群のグループです。当時にネイティブ・タンと言われてた、遊び心を持った改革派だった彼等はQ-TipのATCQやJungle Brothersなんかと共に競って名作連発で、今聴いても激気持ちエエ音で溢れかえってます。
 中身は「こんなオモろいアルバム、なんでもっとはよ聴かんかったんや」とマジで思った89年の大傑作1stより、やはり6曲選出。冒頭から必殺ファンカデリックKnee Deepネタで迫る「Me Myself And I」でゴキゲンさんです。続く必殺ホール&オーツI Can't Go For Thatネタ「Say No Go」、スティーリー・ダンをループした目から鱗グルーヴとなった「Eye Know」、ヨーデル炸裂の「Potoholes In My Lawn」と何れも素晴らしいですが、ポッセカット「Buddy」がこれまた最高。盟友Jungle BrothersQ-Tip, Phifeが参戦の激グレイト・トラックです。2ndからもQ-Tipも参戦のパーティ・ラップ「A Roller Skating Jam Names "Saturdays"」、ホワットノウツを下敷きにした「Ring Ring Ring」が最高でブリブリのディスコティックなグルーヴに軽快なラップが絶妙。円熟味を増した3rdからも激渋グルーヴの「Breakadawn」が選出。以降はバッド・ボーイ勢も台頭したりしてトレンド感は薄れましたが、逆にエバーグリーンな音作りは浮き彫りに。個人的にちょっと離れていきましたが、大好きだったレディス・デュオZhaneがクールに絡む「4 More」、やかましいRedmanがインパクト大な「Oooh」、Chaka Khanとも相性の良さを見せた「All Good?」、ジェイ・ディー仕事で何とラヴィン・スプーンフルの「サマー・イン・ザ・シティ」のフレーズも引用する「Thru Ya City」、驚きのキューバ・サウンド導入の遊び心健在も嬉しい「Watch Out」と後半はそれなりに進化したサウンドとなってますが実にカッコええトラックが満載。そして2枚組ヴァージョンは悶絶リミックスも多数収録で興奮です。「Buddy」はQueen LatifahMonie Loveまで加わったNative Tongue Decision Version、Cee-Loとの「Held Down」ほか、Biz Markie、Commonとのコラポなどが収録でさらに強力な内容。
「絶対、大音量で聴かなければならない快楽の世界。やっぱデラは凄かった!」

De La Soul Breaka Dawn


De La Soul - Say No Go


DE LA SOUL - RING RING RING


Comments 4

kokakoola

デラ最高ですよね。


数えくれないくらいのクラシック。

今聞いても色褪せてないです。

2009-02-19 (Thu) 11:23 | EDIT | REPLY |   

ezee

★kokakoolaさん
 この頃のサウンドは他のグループもエエ音でいっぱいでしたが、デラは飛びぬけてましたね~
3rdが初体験でしたが、ほんまに良かったので慌てて1stやら聴いたのを思い出します~

2009-02-19 (Thu) 23:03 | EDIT | REPLY |   

カナ

ネイティヴ・タン一派(懐かしい言葉ですねw)は未だによく聴きます。でもデラは2ndと3rdは持ってますが1st聴いてないんですよ!そんなにいいんですか!改めて聴き直してみようかな?と思います。

2009-02-20 (Fri) 02:42 | EDIT | REPLY |   

ezee

★カナさん
 Hip Hop熟成期にさしかかった当時に活躍したグループはおもろい音で満ち溢れてましたな!
1曲単位でレベル高いっていうか、勢い感じるのはやっぱ1stですかね~ コレやっぱ好きですわ。

2009-02-22 (Sun) 01:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply