FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Some Girls / The Rolling Stones * 1978 EMI

stonessomegirls.jpg

 やっと観ました。ストーンズの映画、「Shine A Light」。歳はとっても流石はマーティン・スコセッシ、まず撮り方が良い!表情中心に撮ったカメラワークはメンバーの緊張感やリラックスした部分を臨場感を持って伝えていて、ライブ中心の映像ではかなり上質。ストーンズの映像作品では81年ツアーをハル・アシュビーが最高の形でまとめ上げた「Let's Spend The Night Together」に勝るものは無いって個人的に思ってましたが、さすが名作「ラスト・ワルツ」を撮ったオッサン。冒頭のリハでの「Under My Thumb」の挿入は、ハル・アシュビー作を意識したのか憎すぎる構成でまずシビれます。全編、今も転がり続けるジジイ達を実にカッコよく撮ってくれてました。まぁとにかく顔はシワクチャやけど若いんですわ。そこで思い出したのがこのサム・ガールズ。こっからの若返り快進撃が無ければ70年代にピークを迎えた過去のバンドになったであろうターニング・ポイントともなった名作で、本作からも沢山映画で演ってます。ルーツ志向も残しつつ、パンクやディスコに感化された連中をも黙らせた時代を見据えた傑作です。
 まず良くも悪くも本作のイメージを決定づけるのが冒頭のディスコ・ビート導入と騒がれた1位獲得の大ヒット「Miss You」。最初あんまり好きや無かったですが、ストーンズらしく黒人トレンドを導入しててスタジオ版はクールです。しかしこのアルバムが自分の中で上位に来るのは何といっても激ソウルフルな「Beast Of Burden」の存在!個人的には“Emotional Rescue”や“Fool To Cry”と同様、いつでもストーンズ・ベスト5と言われれば必ず入れてしまう超お気に入り。テンプス・カヴァー「Just My Imagination」も見事な料理で黒人音楽の模倣ではなく、ちゃんとストーンズ流儀になってるのがたまりません。またR&Rはどれも秀逸で「When The Whip Comes Down」、「Respectable」、「Shatterd」は甲乙つけ難い超重要曲で、'70s諸曲よりシェイプアップされソリッドな感覚が最高です。そして映画でもウッディの見事なぺダル・スティール、キースのガラっぱちコーラス炸裂、ミックの熱いプリーチと間違いなく名場面であった「Far Away Eyes」はカントリー調の傑作で本作でも絶妙のアクセントになってます。他もパンキッシュな「Lies」、映画でも見れたタイトル曲「Some Girls」、キースVo曲「Before They Make Me Run」など、前出曲より聴く頻度は低いですが本作には無くてはならない曲群も。この後に出た2作と並んで、超名作となってます。
「このまま行ったら、間違いなくメタボになってたストーンズをリフレッシュさせた重要作!」
Respectable


Beast Of Burden



Comments 8

リュウ

遂に御覧になりましたか!自分は既に三回足を運びました(笑)60越えの人達の壮絶な生きざまですよね♪
そしてあの映画を見ると真っ先に思いだすのがサムガールズでした!なんせ格好良いっす。リアルタイムはここからなので余計です! 

2008-12-26 (Fri) 18:55 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

みなさん、見てらっしゃるのですねえ!
羨ましい(><)!
私も見られるように、自分で努力しないといけませんね!!
それにしても、「サム・ガールズ」カッコいいです。
若い頃は、初期ばかり聴いていましたが、年を重ねるうちにこの辺りのカッコよさが分かるようになりました(^^;)。

2008-12-26 (Fri) 22:51 | EDIT | REPLY |   

ezee

★リュウさん
 あと映画を見てて嬉しかったのはウッディの復調!
ブルース・マン“バディ・ガイ”の登場でストーンズが若手に見えたのが、なんか笑けました。リアルタイムはエモーショナル・レスキューでしたが、この辺の時代の音はやっぱ大好きですわ~

2008-12-27 (Sat) 01:01 | EDIT | REPLY |   

ezee

★波野井さん
 私も仕事やつき合いに追われナカナカ見れませんでしたが、見て良かったです! 震える瞬間が5~6回はありまっせ~ マーティンのドラマティックなカメラワークは他のライブビデオと違って必見ですわ!

2008-12-27 (Sat) 01:04 | EDIT | REPLY |   

Substitute

こんばんは。ご覧になりましたか。
Faraway Eyesは、間違えた瞬間のKeithに厳しい目線を向け、曲が終わると「間違えやがって」とフォローするMickが印象的でした。
Shine A Lightは、ExileとSome Girls、傑作二枚からの選曲が多いですね。しかし、Let's Spendの頭を飾るUnder My Thumbと本作の構成までは、気がつきませんでした。さすが、鋭い!
Miss Youも出た当時は?でしたが、今聴くとStones以外の何モノでも無いと分かります。
Some Girlsからの個人的ベスト3は、Immagination、Beast of Burden、Before They Make Me Run。Immaginationのカバーは、前々作でのAin't Too Proud To Begと並ぶ名カバーだと思います。

2008-12-27 (Sat) 01:20 | EDIT | REPLY |   

ezee

★Substituteさん
 やっと見れましたわ。Faraway Eyesではミックの厳しさ以上に、キースとのマイク分け合いコーラスが印象的で微笑ましい瞬間でした。
ところで本作ベスト3は「Beast~」、「Shatterd」、「Respectable」ですわ。なぜかと言うと実は本作、購入前に「Sucking In The 70s」を激聴してたんです!しかしテンプス・カヴァーも絶品ですな~

2008-12-27 (Sat) 01:57 | EDIT | REPLY |   

まり

Some Girls持ってないです

Beast of Burdenすっかり気に入りました。
アルバムをゲットしたいんですが今は無理なので
BF君に明日借ります。

なんせJガイルズバンドのほうがよ~聴いてましたんで・・

2008-12-27 (Sat) 20:53 | EDIT | REPLY |   

ezee

★まりさん
 いや~、何せSome Girlsは最高です。といっても映画見て、結構久々に聴きましたが、なんか得体の知れんパワーがみなぎってます。Jガイルズっていえば、この頃のピーター・ウルフもセクシーな男でしたな!

2008-12-28 (Sun) 02:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply